CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

Fashion&きもの

2024.04.07

感度の高い匠の技!「グッチ」の魅力が凝縮された「オフィディア」【職人の手仕事バッグ】

伝統の技を用いた繊細な刺しゅう、丹念に編まれたレザーなど名門ブランドのバッグから、極上の「サヴォワフェール(匠の技)」に注目して逸品を厳選。その奥深い魅力に迫ります。

隅々まで息づく匠の技に目を瞠る! 「手仕事バッグ」シリーズ一覧はこちら

極上の一枚革と精緻なカットワークが織りなす独特の意匠美

イタリアンメイドを代表する上質な革と、今の気分に寄り添う、大人のライフスタイルに映える品格を湛えたデザインが魅力の「グッチ」。14個の菱形で幾何学モチーフを描く細やかなカットワークに加え、エンボス加工のGGパターンが印象的なこのトートバッグにも、その魅力が凝縮。ベースの白のカーフレザーは、裏地や補強材のない一枚革で仕立てられたもので、馬具のハーネスレザーのような耐久性をもつ素材。ともすると重くなりがちなタフで上質なトートバッグを軽快に見せる意匠こそ、「グッチ」の感度の高い匠の技。両サイドにはレザーで大きなステッチが施され、ポイントに。軽やかな気分を誘います。

1921年、創設者のグッチオ・グッチがフィレンツェでレザーグッズショップをオープン。革製品はその核にあり、今もレザーへの造詣が深い。バッグ「オフィディア」[縦20×横28.5×マチ10㎝、ストラップ付き]¥484,000(グッチ クライアントサービス)

撮影/生田昌士(hannah) スタイリスト/小倉真希 構成/川村有布子、古里典子(本誌)

※本記事は『和樂』2024年4,5月号の転載です。
※価格は2024年3月1日時点のものです。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

「ことば」が証明する、日本文化の多様性【彬子女王殿下が次世代に伝えたい日本文化】

連載 彬子女王殿下

「INUA」ガストロノミーの極 最先端の北欧キュイジーヌに化身する和の食材 

門賀美央子

まるでビンテージのジーンズ!世界で注目の「BORO」は、日本古来のSDGsだった!

里山企画菜の花舎

亀戸天神「藤まつり」と共に楽しむ。くず餅の老舗「船橋屋」初夏の和スイーツ

山本 毅

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア