フェルメールとは何者だったのか。現存全35作を見比べてみたらこんなにスゴかった!

フェルメールとは何者だったのか。現存全35作を見比べてみたらこんなにスゴかった!

目次

たったこれだけしか残ってないなんて! フェルメールが「謎多き画家」と称される理由のひとつに、作品の少なさが挙げられるでしょう。画家として活動した約20年の間に描いたのは50数点。そのうち現存するものはわずか35点といわれています。また小さめの絵が多いのも特徴で、縦横50㎝前後がお気に入りだったよう。寡作で小品好き。それがフェルメールです。さて、現存する作品全35点をずらりと見て、お気に入りを見つけてみましょう。

ヨハネス・フェルメールとは何者?

ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)は1632年に生まれたオランダを代表する絵画の巨匠です。彼が作品を描いた時代の風俗画には、作品の中のモチーフに寓意(物事にそれとなく意味をほのめかすこと)を込めることが多くありました。

例えば代表作のひとつ「水差しを持つ女」の水差しには、“純潔”や“節制”という寓意が込められたといわれています。そんな点からも、頭巾の白さにも同様な意味を感じずにはいられません。

フェルメール作品に込められた意味とは。「水差しを持つ女」の白に注目ヨハネス・フェルメール「水差しを持つ女」油彩・カンヴァス 1664〜65年ごろ 45.7×40.6㎝ メトロポリタン美術館 Bridgeman Images/PPS通信社

「水差しを持つ女」に登場する女性のように、就寝時に白い頭巾を被るのは、17世紀の女性の典型的なスタイル。清々しい窓からの朝日を受けた頭巾の布には光が透過して、顔にもやわらかな輝きが映ります。

フェルメール作品に込められた意味とは。「水差しを持つ女」の白に注目

頭巾やケープなどの白さが強烈な印象。女性の物憂げな表情との対比も意味深です。フェルメールがこの構図にどんな意味を込めたのか、いろいろ想像してみると、作品の見方がまた変わってくるかもしれません。

フェルメールの代表作品を一挙紹介

1/35:マリアとマルタの家のキリスト

フェルメール作品1654~56年頃 158.5×141.5㎝ スコットランド国立美術館

2/35:ディアナとニンフたち

フェルメール作品1655~56年頃 97.8×104.6㎝ マウリッツハイス美術館

3/35:取り持ち女

フェルメール作品1656年 143×130㎝ ドレスデン国立絵画館

◆関連記事
「フェルメール展」日本初公開作品、追加出展が決定!

4/35:眠る女

フェルメール作品1656~57年頃 87.6×76.5㎝ メトロポリタン美術館

5/35:窓辺で手紙を読む女

フェルメール作品1658~59年頃 83×64.5㎝ ドレスデン国立絵画館

◆関連記事
若冲とフェルメールの名画には共通点があった!静寂な名画に潜む「黒の秘密」とは?

6/35:小路

フェルメール作品1657~58年頃 53.5×43.5㎝ アムステルダム国立美術館

7/35:士官と笑う娘

フェルメール作品1658~59年頃 50.5×46㎝ フリック・コレクション

8/35:牛乳を注ぐ女

フェルメール作品1660年頃 45.5×41㎝ アムステルダム国立美術館

◆関連記事
名画「牛乳を注ぐ女」の ピッチャーは岡山産!? フェルメール備前焼ピッチャー誕生物語
「牛乳」の質感を点で描いたフェルメール。白の表現方法がスゴい!

9/35:ワイングラス

フェルメール作品1661~62年頃 67.7×79.6㎝ ベルリン国立絵画館

◆関連記事
フェルメールがキラキラ切子に! 名画meetsニッポンの手わざ

10/35:ワイングラスを持つ娘

フェルメール作品1659~60年頃 77.5×66.7㎝ アントン・ウルリッヒ公美術館

11/35:中断された音楽の稽古

フェルメール作品1660~61年頃 39.3×44.4㎝ フリック・コレクション

12/35:デルフトの眺望

フェルメール作品1660~61年頃 96.5×115.7㎝ マウリッツハイス美術館

13/35:音楽の稽古

フェルメール作品1662~64年頃 74×64.5㎝ バッキンガム宮殿王室コレクション

14/35:青衣の女

フェルメール作品1663~64年頃 46.6×39.1㎝ アムステルダム国立美術館

15/35:天秤を持つ女

フェルメール作品1664年頃 39.7×35.5㎝ ワシントン国立美術館

16/35:水差しを持つ女

フェルメール作品1664~65年頃 45.7×40.6㎝ メトロポリタン美術館

17/35:リュートを調弦する女

フェルメール作品1662~63年頃 51.4×45.7㎝ メトロポリタン美術館

18/35:真珠の首飾りの女

フェルメール作品1662~65年頃 56.1×47.4㎝ ベルリン国立絵画館

19/35:手紙を書く女

フェルメール作品1665年頃 45×39.9㎝ ワシントン国立美術館

20/35:赤い帽子の娘

フェルメール作品1665~66年頃 23.2×18.1㎝ ワシントン国立美術館

21/35:真珠の耳飾りの少女

フェルメール作品1665~66年頃 44.5×39㎝ マウリッツハイス美術館

22/35:合奏

フェルメール作品1665~66年頃 72.5×64.7㎝ イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館

23/35:絵画芸術

フェルメール作品1666~67年頃 120×100㎝ ウィーン美術史美術館

24/35:少女

フェルメール作品1666~67年頃 44.5×40㎝ メトロポリタン美術館

25/35:婦人と召使い

フェルメール作品1667年頃 90.2×78.7㎝ フリック・コレクション

26/35:天文学者

フェルメール作品1668年 50×45㎝ ルーヴル美術館

27/35:地理学者

フェルメール作品1669年 51.6×45.4㎝ シュテーデル美術研究所

28/35:レースを編む女

フェルメール作品1669~70年頃 23.9×20.5㎝ ルーヴル美術館

29/35:恋文

フェルメール作品1669~70年頃 44×38.5㎝ アムステルダム国立美術館

30/35:ギターを弾く女

フェルメール作品1670年頃 53×46.3㎝ ケンウッド・ハウス

31/35:手紙を書く婦人と召使い

フェルメール作品1670~71年頃 72.2×59.7㎝ アイルランド国立美術館

32/35:信仰の寓意

フェルメール作品1671~74年頃 114.3×88.9㎝ メトロポリタン美術館

33/35:ヴァージナルの前に立つ女

フェルメール作品1672~73年頃 51.8×45.2㎝ ロンドン国立美術館

34/35:ヴァージナルの前に座る女

フェルメール作品1675年頃 51.5×45.6㎝ ロンドン国立美術館

35/35:ヴァージナルの前に座る若い女

フェルメール作品1670年頃 19.5×24.5㎝ 個人蔵

過去最大規模のフェルメール展!(会期終了しました)

現存する全35点(研究者によって見解が異なる)のフェルメールの作品のうち、日本での美術展史上最多となる9点がそろう大規模な「フェルメール展」が上野の森美術館で開催中。2019年2月16日からは、大阪市立美術館でフェルメール作品6点が公開されます。

◆関連記事
国内過去最大の「フェルメール展」が開幕! 東京・大阪で10作品公開
ミッフィーだけじゃない!「フェルメール展」おすすめグッズ

フェルメールとは何者だったのか。現存全35作を見比べてみたらこんなにスゴかった!
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする