日本文化の入り口マガジン和樂web
5月15日(土)
「カレーの辿ってきた道」と「日本のお茶の歴史」は似ている
(タケナカリー)映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月13日(木)

「カレーの辿ってきた道」と「日本のお茶の歴史」は似ている
(タケナカリー)映画「HOKUSAI」公式サイトはこちら

読み物
Culture
2020.04.09

落馬?病気?それとも他殺?鎌倉幕府をつくった「源頼朝の死」の謎

この記事を書いた人

源頼朝といえば? 鎌倉幕府を作った人!
というように、「頼朝が何をした人か」を知る人は多いでしょう。

では、どのように死んだのか……。これがよく分かっていないのですよね~。

「吾妻鏡(あずまかがみ)」は鎌倉幕府内唯一の公式記録といっていい史料です。ですが、全ての記録が残されているわけではなく、いくつか欠落している部分があります。

その欠落している部分の1つが、なんと「源頼朝の死」に関する記録です。

だから現在の研究者も、はっきりと断言はできません。

隠された頼朝の死

吾妻鏡では建久6(1195)年12月22日、頼朝が若い頃からの友人の家に遊びに行ったという記事を最後に、建久7(1196)年~建久10(1199)年1月の記録は、ごっそり抜けています。

そして唐突に、「建久10(1199)年2月6日、頼朝の長男である頼家(よりいえ)が後を継いで征夷大将軍となりました」という記事から再開します。

頼朝はいつの間に死んだのか? というのは、京都の公家の日記にも出て来るので、日付に関してはほぼ間違いなく建久10(1199)年1月13日だとされています。

死因は落馬!?

吾妻鏡では一切頼朝の死には触れず、2代目将軍の頼家の治世と失脚を描きます。3代目の実朝(さねとも)の時になって、ようやく頼朝の死を振り返るのです。

頼朝の死から13年も経った建暦2(1212)年2月28日のこと、相模国(現神奈川県)を流れる相模川の橋が壊れていて、地元民が困っていると陳情が将軍実朝の元に届きます。

この橋は13年前に完成記念祭が行われましたが、その帰り道に頼朝が落馬してしまい、それから間もなく亡くなったので縁起が悪いとされ、ずっと放置されていたのです。

実朝は縁起を担ぐよりも、地元民の不便を解消しようとして、橋を新たにかけることを決定しました、という内容です。

*当時の橋はこんな感じに、船の上に板を乗せる「船橋」と呼ばれるものでした

落馬が元で怪我をして寝込んだ、あるいは落馬の原因となる病を発症したというのが、現在一番支持されている説です。

京都にはびこる噂の真相「飲水の病」とは?

鎌倉時代には京都の公家の日記が残されていて、その中で鎌倉幕府の出来事を、「伝聞」という形で書かれています。
その代表的な日記が、百人一首を編纂した有名歌人、藤原定家の「明月記」です。

明月記には「1月13日に頼朝が亡くなった。おそらく急病だろう」とあります。

そして当時の関白の日記「猪熊関白記(いのくまかんぱくき)」には、「頼朝は重い飲水の病となり、その後亡くなったという噂を聞いた」と書かれています。

水を大量にガブガブと飲むようになる病気といえば「糖尿病」があります。しかし糖尿病自体は死因となる病気ではなく、なんらかの合併症が死因となります。
水を飲んだからといってすぐに亡くなるわけではありませんので、糖尿病を死因とするには少し疑問が残ります。

次に考えられるのは、落馬が原因で脳の中枢神経にダメージを負い「尿崩症」という、尿のコントロールが効かなくなる病気になったのではないかという見方です。大量に尿が出てしまうので、大量に水分を欲するようになります。現在では治療可能な病ですが、当時の医療ではどうしようもなかったでしょう。

平家に義経、死に追いやった人々の祟り?

鎌倉時代が終わった後、南北朝時代に成立した歴史書に「保暦間記(ほうりゃくかんき)」というものがあります。

それによると頼朝は完成式の帰り道で、死に追いやった弟の義経や、平家と共に壇ノ浦に沈んだ安徳天皇の亡霊を見て、気を病んで寝込み、亡くなったと書かれています。

確かに頼朝は鎌倉幕府を成立させるため、平家や義経などの多くの人を犠牲にしてきた面もあります。罪悪感や疑心暗鬼にかられるのは、独裁的な支配者が陥りがちな精神状態です。

精神的、あるいは肉体的な病気から、「亡霊を見た」と言い始めたことは、可能性を否定しきれません。

歌舞伎に描かれた「頼朝の死」

「絶対的な権力者」だった頼朝が、53歳という若さで急死した、という事は想像を絶するほどの大混乱だったでしょう。せっかく築いた鎌倉幕府が崩壊し、ゼロに戻ってしまう危険もあったはずです。

そんな大混乱の現場では、「記録を残す」という作業が後回しになってしまうというのもよくある話です。

けれど「記録に残ってない」からこそ、人々の想像を掻き立てていて、さまざまな創作作品が生まれました。

その中でも一番荒唐無稽かつ有名なのが、昭和7(1932)年4月に東京歌舞伎座で初演された歌舞伎の演目「頼朝の死」です。

それによると、なんと頼朝が女装して、浮気相手の家に侵入しようとしたところ、警備していた御家人に切り殺されてしまったというのです!

そこで北条政子と重鎮たちが、その情けない死に方を隠蔽し、「落馬で死んだ」ということにします。しかし父の死に疑問を持った2代目将軍頼家が、その真相を探る……という構成です。

もちろんこれは創作ですし、ツッコミどころは満載ですが、話としてはとても面白そうです。
私はまだ未見ですが、上演される機会があればぜひ観に行きたいですね。

令和4(2022)年には鎌倉時代を舞台にした、三谷幸喜が脚本をつとめる大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がありますが、この歌舞伎の筋書きはちょっと三谷幸喜の映画っぽい感じもしますね。

「頼朝の死」のその後

謎の多い「頼朝の死」ですが、その後どうにか鎌倉幕府が崩壊することはありませんでした。

しかし頼朝の後を継いだ、息子の頼家は、まだ若く御家人たちのサポートが必要とされました。
そこで出来たのが「13人の合議制」です。

しかしこの13人は派閥争いや、重鎮の寿命による死。そして北条氏と意見の食い違ってしまった頼家の追放によって空中分解します。
その後は頼朝の妻であり将軍の母である北条政子の実家、北条氏が実質的な幕府のリーダーとなっていくのです。

「鎌倉殿の13人」も、この「13人の合議制」を描いたものでしょう。
大河ドラマでは、頼朝の死がどのように描かれるのか、そして13人の合議制がどのように成立し、解体していく様子を描くのか、とても楽しみですね!

書いた人

神奈川県横浜市出身。地元の歴史をなんとなく調べていたら、知らぬ間にドップリと沼に漬かっていた。一見ニッチに見えても魅力的な鎌倉の歴史と文化を広めたい。