CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

黒田直美

旅行業から編集プロダクションへ転職。その後フリーランスとなり、旅、カルチャー、食などをフィールドに。最近では家庭菜園と城巡りにはまっている。寅さんのように旅をしながら生きられたら最高だと思う、根っからの自由人。

全90件、1-18件を表示中

推し活グッズの原型が江戸時代にあった!歌川国芳「団扇絵」大ヒットのヒミツ

ここ数年、猛暑の続く日本では、様々な涼風グッズが売られています。「片手に小型扇風機」という光景も、今では夏の定番となりました。しかし、一番手軽なのは、やはり団扇(うちわ)ではないでしょうか。軽くて、絵柄も楽しめて、ベルトやカバンにすっと差せる、便利で粋なオシャレアイテムといえます。

黒田直美

パロディの原点!?狂歌旋風を巻き起こした大田南畝の二刀流人生

黒田直美

狂名とは?江戸時代のハンドルネームが面白すぎっ!

黒田直美

What is Oiran Dochu? A one nights dream, with a lavish ‘pseudo-wedding’

黒田直美

源氏物語の春画も!「美人画」から知る、浮世絵の歴史と魅力

黒田直美

春画もカレンダーも大ヒット! 浮世絵の革命家・鈴木春信とは?

黒田直美

蔦重が発行して大ヒット! 『吉原細見』には何が書かれていた?

黒田直美

「信じるのはいかがなものか」藤原実資も言及した「夢」と平安時代の人々

黒田直美

男女の和合を描いた「恋のむつごと四十八手」が大ヒット! 菱川師宣の知られざる人生

黒田直美

花魁道中とは? 豪華絢爛な“疑似結婚式”が見せた、一夜の夢

黒田直美

「推し」の役者絵で大ヒット! 葛飾北斎の師匠・勝川春章の遅咲き人生

黒田直美

歌麿のライバルはサムライ出身の絵師だった! もう一人の美人画の大家、鳥文斎栄之とは?

浮世絵師と聞けば、パッと思い浮かぶのは、葛飾北斎や東洲斎写楽、歌川広重などでしょう。蔦屋重三郎に見いだされ、大首絵の美人画を描いて一大ヒットを飛ばした歌麿も、江戸時代を代表する浮世絵師の一人として語られています。しかし同時代に美人画を描き、人気を誇った鳥文斎栄之(ちょうぶんさいえいし)を知る人は少ないのではないでしょうか。武士から浮世絵師となった異色の経歴の持ち主で、浮世絵版画(錦絵)だけでなく、肉筆画にも素晴らしい作品を残している栄之。そんな彼がどのような経緯で浮世絵師になったのか。現在、千葉市美術館で開催中の『サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展』を担当した学芸員の田辺昌子さんにお話を伺いながら、知られざる浮世絵師の生涯に迫ってみました。

黒田直美

マンガの語源? 64年の大ベストセラー『北斎漫画』はこうして生まれた!

黒田直美

春画コレクターが美術館を設立! 巨匠も描いた春画の魅力を超解説

黒田直美

松竹楽劇部でトップスターだった飛鳥明子、29年の人生を追う

現在放送中の朝の連続テレビ小説『ブギウギ』は、趣里演じる笠置シヅ子をモデルとした主人公・福来スズ子たちの華やかなダンスや歌で、多くの人たちを魅了しています。梅丸少女歌劇団の少女たちが、舞台に情熱をかけ、夢をつかんでいくサクセスストリーは、見ているだけでワクワクさせられました。そんな中でも、蒼井優演じるトップスター・大和礼子が、大正から昭和という激動の時代に、楽団員の地位向上や労働環境改善に向けて、ストライキを起こし、会社と対峙した姿は印象的でした。

黒田直美

これはシン・大河?! 新たな可能性を見た『どうする家康』振り返り総集編

黒田直美

フランク・ロイド・ライトが目指したもの~帝国ホテル二代目本館100周年を機に考察する

20世紀を代表する建築家、フランク・ロイド・ライト(1867〜1959)は、美しいデザインやその土地の特性を活かした有機的な建築、周囲の環境も含めたランドスケープなど、常に世界の注目を集めてきました。2019(令和元)年には、彼の設計したアメリカの建築物が「フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群」として、世界遺産にも登録されています。そして浮世絵を代表する日本美術の素晴らしさにも傾倒し、コレクターとして多くの作品を蒐集しました。フランク・ロイド・ライトが建てた帝国ホテル二代目本館が100周年を迎え、大回顧展も開かれる2023(令和5)年、改めて彼の足跡を追います。

黒田直美

億劫とはどんな意味?仏教が由来?気が遠くなるその語源

黒田直美

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア