源氏物語

 

源氏物語に関する読み物

全19件、1-10件を表示中
芸能と文化
自然とハーレムできちゃった…『源氏物語』後半の主人公・薫という闇深男

紫式部の書いた『源氏物語』は、プレイボーイ・光源氏の人生を描いた物語として有名です。しかし、物語の終盤では、光源氏亡き後のストーリーも繰り広げられていることを知っていましたか? 光源氏の死後は、息子・薫(かおる)を中心にドラマが繰り広げられます。薫はイケメン貴公子ながら、心に深い闇を抱えた男。私は、そんな薫の心の闇と人間臭さの虜になってしまいました。光源氏とはまた違う魅力をもつ、薫についてご紹介します! 実は光源氏の子じゃない!悩みに悩む人生を送る「薫」 光源氏亡き後の世界を担う貴公子・薫。光源氏の息子として何不足ない人生を送っていますが、実は光源氏の妻が浮気してできた子どもです。薫は幼い頃か […]

芸能と文化
完璧な妻をもった男はなぜ浮気する?不倫の深層心理を源氏物語の男たちから読み解く!

絶世の美女で才能もある、誰もが羨む女性を妻にした。そんな男が浮気をしないかというと、決してそうではないことが『源氏物語』から読み取れる。 いくら一夫多妻制の時代だったからといって、美しく才気溢れる女性を妻にした男たちは、なぜ他の女性を求めて彷徨ってしまうのか。そこにはどのような心理があるのか。『源氏物語』に登場する男たちから紐解いていきたい。 美女を妻にできる男=男女ともにモテる男 まずは『源氏物語』の主人公、光源氏からみていこう。彼は絶世のイケメンで天皇の息子という、類まれな恵まれた男である。光源氏は、葵の上(あおいのうえ)という年上の女性と結婚した。葵の上は超有力貴族の娘で、美貌の麗人。誰 […]

芸能と文化
プレイボーイでいられる理由に「政治」あり?政治家・光源氏のシビアな一面【源氏物語】

光源氏と聞くと、数え切れないほどの女性と恋をした「プレイボーイ」という印象が強いのではないでしょうか。とはいえ、光源氏の本業(?)は、恋愛のスペシャリストではなく、政治家です。 政治家として頂点に上り詰めた光源氏は、自分自身や家族、周囲の人々に対して非常にシビアな一面を見せています。ロマンチックなだけじゃない、政治家として生きる光源氏の顔をご紹介しましょう。 若き日の失敗に学ぶ、政治家光源氏 キラキラ輝く「陽キャ」で「リア充」の光源氏ですが、若き日は政治家としてどん底に落ちたことがありました。 父帝亡き後、光源氏は政治的に弱い立場となり、敵対する右大臣一派の勢力に気圧されてしまいます。まだ若か […]

芸能と文化
養女に恋した光源氏の図々しい計画!男に振り回される平安女性の生きづらさ

光源氏には、2人の養女がいました。そのうちの1人が玉鬘(たまかずら)という女性です。玉鬘は、光源氏の友人でありライバルでもある頭中将(とうのちゅうじょう)の生き別れの娘。それを頭中将に先んじて見つけ出し、自分の娘としたのです。 玉鬘を巡るドラマは、光源氏の栄華が頂点に達しようとしていた時期に起こりました。そんな背景もあり、玉鬘を通じて光源氏のワガママで傲慢な性格が浮き彫りになるのです。さぁ、このころの光源氏が、いかに調子に乗っていたかをご覧ください。※玉鬘の登場する巻では、頭中将は内大臣に昇進していますが、混乱を避けるため頭中将で統一しています。 玉鬘を引き取った目的は、男の気をもませるため […]

芸能と文化
あの「光源氏」は暗い晩年を送っていた。愛欲にまみれた中年男が、妻の愛を失う日

今の状況が幸せなことに間違いはないけれど、もしかしたらもうちょっとだけいい思いができるかもしれない……。なんて欲を出した結果、今の幸せも希望も失ってしまった男がいました。彼こそが『源氏物語』の主人公、光源氏。権力も愛もほしいままに生きてきた華やかな人物、というイメージがある光源氏ですが、実は彼の晩年は暗いものでした。中でも最大の苦しみは、最愛の妻、紫の上(むらさきのうえ)の愛を失ってしまったことでしょう。 自らの抑えきれない欲望で晩節を汚してしまった、光源氏の陰の部分をご紹介します。 下心を抑えきれず、25才年下の妻を娶る 光源氏には、紫の上という最愛の妻がいました。しかし、40才という当時と […]

芸能と文化
うちで踊ろう、舞楽を!光源氏の舞をオンラインレッスンで習ってみた!

星野源さんがインスタグラムで配信し、多くの素敵なコラボ作品が生まれている曲「うちで踊ろう」。歌だけでなく、ダンスでコラボしている人も多いようです。これまで日常生活の中で「踊る」ことなど全くと言ってよいほどなかったのですが、せっかくの機会なので文字通り私もうちで踊ってみました。 踊ってみたのは……「舞楽」。 そう、雅楽の演奏に合わせて踊る伝統舞踊です。 かろうじて映像は見たことはありますが、どこをどう動かせばよいのかもわかりません。そこで、Web会議システムを使い「オンラインレッスン」として遠隔で指導していただきました。 舞楽は源氏物語にも登場する千年以上の歴史を持つ日本の伝統文化の一つ。踊って […]

芸能と文化
不倫の末に生まれた子も。光源氏の光と陰を背負う、6人の子どもたち【源氏物語】

源氏物語の主人公、光源氏には6人の子どもがいました。しかし、そのうち戸籍上・生物学上ともに親子関係があったのは、たった2人だけ。それでは他の4人は一体どのような子どもなのでしょう? それぞれのプロフィールを紹介するとともに、彼らの背景にあるドラマをうかがわせる作中の和歌を選んだので、あわせてお楽しみください。 光源氏の子どもたち 光源氏を生物学上の父にもつ子どもは合計3人、それ以外が他3人です。 ※記載した出生当時の光源氏の年齢は、おおよその目安です。 名実ともに実子 まずは戸籍上・生物学上ともに親子関係がある子どもの2人です。 夕霧(ゆうぎり) 後に2番目の妻となる落葉宮の母からの手紙を読む […]

芸能と文化
イケメンでスーパーエリート!なのに光源氏のワンランク下の男「頭中将」ってどんな人?

光源氏の良きライバルとして『源氏物語』に登場する「頭中将(とうのちゅうじょう)」。現代の漫画やドラマでは、チャラくてセクシーなキャラクターとして描かれることが多いですが、実際はどんな人物だったのでしょう? 『源氏物語』作中で光源氏と人気を二分した頭中将。「光源氏派?頭中将派?」という難題は、『源氏物語』の時代から千年の時を越えた今でも議論が尽きません。光源氏に並ぶイケメン・頭中将の人物像に迫ります! ※本記事に掲載している画像は、全て筆者の勝手なイメージです。 頭中将のプロフィール まずは簡単に頭中将のプロフィールをご紹介しましょう! 年齢:光源氏より5才ほど年上(詳細不明) 血筋:藤原氏。父 […]

芸能と文化
嫉妬相手を呪い殺す!現代人も共感!愛に溺れた美女、六条御息所の苦しみ【源氏物語】

愛するあまり、その人の行動や交友関係が気になってしまう。誰にでもそんな経験が一度や二度はあるのではないでしょうか。 その相手が今をときめく貴公子で、恋人が何人もいるとしたら……。きっと誰もが嫉妬に駆られもがき苦しむでしょう。 プレイボーイの恋愛を描いた『源氏物語』には、主人公光源氏を愛するあまり、光源氏の妻や恋人を呪い殺してしまった女性がいました。その名は「六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)」。彼女のいびつな愛は、現代の私たち誰もが陥る可能性のあるものです。 完璧な女のプライド 六条御息所と呼ばれる女性は、もともと東宮(将来の天皇)のお妃でしたが、東宮に先立たれ未亡人となります。身分の高さ […]

芸能と文化
光源氏も帝も愛した「朧月夜」ってどんな女性?源氏物語に登場する華やか美人の魅力を紹介

女性としての余りある魅力をふりまき、移り気で堂々と浮気をしている。自分だけを愛してくれているわけではないけれど、なぜか男を虜にして離さない。そんな小悪魔的魅力のある女性は、どこへ行ってもモテてしまうもの。『源氏物語』にも、愛に奔放に正直に生きた美しい女性がいました。 その女性は、なんと時の天皇と光源氏を二股にかけていたのです。平安時代当時、日本の頂点に君臨していた時の天皇と、日本を代表するモテ男光源氏から愛されていた女性とは、一体どのような人物だったのでしょうか?その魅力を知れば、あなたも虜になってしまうかも…。 華やかで美人なお嬢様、その名も「朧月夜」 源氏物語トップ中のトップの二人に愛され […]

全19件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介