源氏物語

 

源氏物語に関する読み物

全23件、1-10件を表示中
芸能と文化
地獄に落ちた紫式部を救え!鎌倉時代にも「表現の自由」を守るために戦った人がいた

「嘘をついたら地獄に落ちて、閻魔様に舌を引っこ抜かれるよ!」 幼い頃にそんな話を聞かされませんでしたか? 私もこの話が凄く怖くて、嘘は一生つかないぞと誓ったものです。え? その誓いが今も守られているかって? それはまあ置いといてですね。 「嘘」というのは、どこまでを指すのでしょうか。人を傷つけたり、財産を騙し取ったりするような嘘はもちろん犯罪ですし、罪から逃れるためにつく嘘も罪になります。 では人を傷つけないため、守るためについた嘘はどうでしょう? さらに、人を楽しませるためについた嘘は? 人を楽しませるためにつく嘘。現代ではそれは「小説」「マンガ」「アニメ」「映画」「ドラマ」「バラエティ」な […]

芸能と文化
飲み会のセクハラ発言も上手にあしらう!紫式部のキラキラバリキャリ生活

紫式部といえば『源氏物語』を書いた小説家、というイメージを持っている方が多いでしょう。しかし、紫式部を現代に例えるなら「大手に勤めるバリキャリ女性」。『源氏物語』を書くだけでなく、勤務先であらゆる業務を行っていました。時には飲み会の席でセクハラを上手にあしらったり、同僚からイヤミなあだ名をつけられたりすることも! 一児の母でもあった紫式部は、現代の私たちにも共感できるところがたくさんあります。知られざる紫式部のお仕事ライフを覗いてみましょう! 波乱万丈!紫式部の生い立ち お仕事ライフを覗く前に、まずは簡単に紫式部の波乱万丈な生い立ちを見ていきましょう! リストラされて10年間無職の父 紫式部の […]

芸能と文化
あの光源氏にも落とせない女性がいた!『源氏物語』唯一、プラトニックラブの行方

2020年4月4日から5月23日まで放映されたNHKドラマ「いいね!光源氏くん」。千葉雄大さん演じる光源氏がとても雅で、和歌を詠み上げるシーンなど平安時代の風雅をそのまま感じることができました。桐山漣さんの頭中将(とうのちゅうじょう)も烏帽子を被ったホスト姿が素敵でしたね。えすとえむさん原作のこのドラマが好評だったおかげで、オリジナルの『源氏物語』も改めて注目されています。 今更ですが、光源氏はイケメンで財力もあり、とても魅力的な男性です。 ところが『源氏物語』には、そんな光源氏の求婚を拒み続けた女性がいます。「槿(あさがお)の君」と呼ばれる彼女に用意されていたのは光源氏の正妻の座。にもかかわ […]

芸能と文化
クイズ!この絵の中で光源氏はど~れだ?見分けられたらスゴイ!

国宝に指定されている『源氏物語絵巻』は、紫式部の書いた『源氏物語』を題材にした日本最古の絵巻です。今回はこの絵巻の中から問題です! 下の絵の中で、光源氏はどれでしょうか?よ~く見て当ててくださいね。 気になる正解は!? 正解を発表します! 答えは …… …… 3番です! 「え?どれも顔一緒じゃん!」と思った方。そうです。どれも一緒です。ごめんなさい。 ちなみに1は、柏木(かしわぎ)という、光源氏の妻と不倫した男性。2は、匂宮(におうのみや)という光源氏の孫です。 どうして全員顔が同じなの? ここまで顔が似ている(ほぼ同じ)なのは、どうしてなのでしょう。その理由のひとつに「高貴な方々をリアルに描 […]

芸能と文化
自然とハーレムできちゃった…『源氏物語』後半の主人公・薫という闇深男

紫式部の書いた『源氏物語』は、プレイボーイ・光源氏の人生を描いた物語として有名です。しかし、物語の終盤では、光源氏亡き後のストーリーも繰り広げられていることを知っていましたか? 光源氏の死後は、息子・薫(かおる)を中心にドラマが繰り広げられます。薫はイケメン貴公子ながら、心に深い闇を抱えた男。私は、そんな薫の心の闇と人間臭さの虜になってしまいました。光源氏とはまた違う魅力をもつ、薫についてご紹介します! 実は光源氏の子じゃない!悩みに悩む人生を送る「薫」 光源氏亡き後の世界を担う貴公子・薫。光源氏の息子として何不足ない人生を送っていますが、実は光源氏の妻が浮気してできた子どもです。薫は幼い頃か […]

芸能と文化
完璧な妻をもった男はなぜ浮気する?不倫の深層心理を源氏物語の男たちから読み解く!

絶世の美女で才能もある、誰もが羨む女性を妻にした。そんな男が浮気をしないかというと、決してそうではないことが『源氏物語』から読み取れる。 いくら一夫多妻制の時代だったからといって、美しく才気溢れる女性を妻にした男たちは、なぜ他の女性を求めて彷徨ってしまうのか。そこにはどのような心理があるのか。『源氏物語』に登場する男たちから紐解いていきたい。 美女を妻にできる男=男女ともにモテる男 まずは『源氏物語』の主人公、光源氏からみていこう。彼は絶世のイケメンで天皇の息子という、類まれな恵まれた男である。光源氏は、葵の上(あおいのうえ)という年上の女性と結婚した。葵の上は超有力貴族の娘で、美貌の麗人。誰 […]

芸能と文化
プレイボーイでいられる理由に「政治」あり?政治家・光源氏のシビアな一面【源氏物語】

光源氏と聞くと、数え切れないほどの女性と恋をした「プレイボーイ」という印象が強いのではないでしょうか。とはいえ、光源氏の本業(?)は、恋愛のスペシャリストではなく、政治家です。 政治家として頂点に上り詰めた光源氏は、自分自身や家族、周囲の人々に対して非常にシビアな一面を見せています。ロマンチックなだけじゃない、政治家として生きる光源氏の顔をご紹介しましょう。 若き日の失敗に学ぶ、政治家光源氏 キラキラ輝く「陽キャ」で「リア充」の光源氏ですが、若き日は政治家としてどん底に落ちたことがありました。 父帝亡き後、光源氏は政治的に弱い立場となり、敵対する右大臣一派の勢力に気圧されてしまいます。まだ若か […]

芸能と文化
養女に恋した光源氏の図々しい計画!男に振り回される平安女性の生きづらさ

光源氏には、2人の養女がいました。そのうちの1人が玉鬘(たまかずら)という女性です。玉鬘は、光源氏の友人でありライバルでもある頭中将(とうのちゅうじょう)の生き別れの娘。それを頭中将に先んじて見つけ出し、自分の娘としたのです。 玉鬘を巡るドラマは、光源氏の栄華が頂点に達しようとしていた時期に起こりました。そんな背景もあり、玉鬘を通じて光源氏のワガママで傲慢な性格が浮き彫りになるのです。さぁ、このころの光源氏が、いかに調子に乗っていたかをご覧ください。※玉鬘の登場する巻では、頭中将は内大臣に昇進していますが、混乱を避けるため頭中将で統一しています。 玉鬘を引き取った目的は、男の気をもませるため […]

芸能と文化
あの「光源氏」は暗い晩年を送っていた。愛欲にまみれた中年男が、妻の愛を失う日

今の状況が幸せなことに間違いはないけれど、もしかしたらもうちょっとだけいい思いができるかもしれない……。なんて欲を出した結果、今の幸せも希望も失ってしまった男がいました。彼こそが『源氏物語』の主人公、光源氏。権力も愛もほしいままに生きてきた華やかな人物、というイメージがある光源氏ですが、実は彼の晩年は暗いものでした。中でも最大の苦しみは、最愛の妻、紫の上(むらさきのうえ)の愛を失ってしまったことでしょう。 自らの抑えきれない欲望で晩節を汚してしまった、光源氏の陰の部分をご紹介します。 下心を抑えきれず、25才年下の妻を娶る 光源氏には、紫の上という最愛の妻がいました。しかし、40才という当時と […]

芸能と文化
うちで踊ろう、舞楽を!光源氏の舞をオンラインレッスンで習ってみた!

星野源さんがインスタグラムで配信し、多くの素敵なコラボ作品が生まれている曲「うちで踊ろう」。歌だけでなく、ダンスでコラボしている人も多いようです。これまで日常生活の中で「踊る」ことなど全くと言ってよいほどなかったのですが、せっかくの機会なので文字通り私もうちで踊ってみました。 踊ってみたのは……「舞楽」。 そう、雅楽の演奏に合わせて踊る伝統舞踊です。 かろうじて映像は見たことはありますが、どこをどう動かせばよいのかもわかりません。そこで、Web会議システムを使い「オンラインレッスン」として遠隔で指導していただきました。 舞楽は源氏物語にも登場する千年以上の歴史を持つ日本の伝統文化の一つ。踊って […]

全23件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介