日本文化の入り口マガジン和樂web
6月23日(水)
人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。(岡本太郎)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
6月22日(火)

人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。(岡本太郎)

読み物
Culture
2021.06.09

坂東武者を語るうえで外せない!佐藤浩市演じる上総広常はツンデレおじいちゃん!【鎌倉殿の13人予習シリーズ】

この記事を書いた人

鎌倉御家人・三浦胤義(みうら たねよし)が語る! 令和4(2022)年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』予習シリーズ! オレが何者かは第1回参照なッ!

今回は房総半島の暴走じいちゃん、上総広常(かずさ ひろつね)殿! 上総殿は、オレが勝手に「坂東3おじじ」と呼んでいる、偉大なるおじじ3人の1人。ちなみにもう2人は、千葉常胤(ちば つねたね)殿と、オレの祖父様(じいさま)である三浦義明(みうら よしあき)だ!

下にあるのに上総なの?

上総広常殿の上総は、上総国の上総。房総半島を3つに分けて、上から下総(しもうさ)国・上総国・安房(あわ)国だ。

どうして上総の国が下総よりも下(南)にあるかというと、その理由は古代の東海道にあるんだ。

旧国名は京都に近い方が「上(かみ)」、遠い方が「下(しも)」と決まっていた。そして古代の東海道は相模(さがみ)国(現・神奈川県)の三浦半島と房総半島の安房国を結ぶ船の道があった。そこから常陸(ひたち)国(現・茨城県)へと向かう。だから、南にある上総の方が「上」なのだ!

上総広常と上総国

坂東平氏の話は、平清盛(たいらの きよもり)殿の回で軽く話したな。上総氏はその中でも房総半島にいた「房総平氏」の筆頭的な立場で、「上総介(かずさのすけ)」と呼ばれ、上総国と下総国に強い影響力を持っていた。

ちなみに、上総国の守護(しゅご=今でいう県知事みたいなもの)となれるのは、親王だけ。「常陸国」「上野(こうずけ)国(現・群馬県)」「上総国」の3国の守護は親王が就任し「太守(たいしゅ)」と呼ばれる。しかし、常に太守がいるわけではない。そのため本来なら守護の補佐役である「介(すけ)」が守護の役目を負っていたんだ。

つまり、上総氏は房総半島内でもすごい権力者だったんだ。

そして上総広常殿の祖父の代で、上総国の上総氏と下総国の千葉氏に分かれることになる。そこから上総氏と千葉氏、さらに朝廷を巻き込んで房総半島内で領地を巡る争いが起こるわけだけど、その話は今回は割愛!

上総広常ってどんな人?

今回は上総広常殿のことについて語ろう。しかしオレが生まれる前に亡くなっているので、聞いた話だけど。一言で言うと「プライドが高いツンデレじいさん」だったらしい。

『吾妻鏡(あずまかがみ)』読むとさ、初期の初期の頃に京の儀礼や作法の真似をして、坂東武者が四苦八苦している記事がやたら出てくるんだ。だけどこれは、坂東武者たちに礼儀も作法もなかったというわけじゃない。

ただ京とは違うやり方だっただけのこと。しかも家によってまちまちだったんだよ。そこを頼朝様が京式のやり方で統一しようとしたんだ。

昨日までやっていた作法が今日から突然「無礼」って扱いになったら目ン玉白黒しちゃうよな。上総殿もプライドはあったから反発はするんだけどさ、文句を言いつつも、最終的には頼朝様に従っていたらしい。

でもその態度とか、頑固さとか誤解されやすくってさ。最終的にとんでもない事になっちゃうんだけど……、その話も今回は割愛しとく!

そんな頑固な上総広常殿を演じるのは――!

上総広常役、佐藤浩市殿について

坂東武士団で、最も頼りになり最も危険な男

当時、それぞれの地で彼らのおかれていた立場、関東の豪族たちのヒエラルキーなど、そこにある面白さや悲哀をうまく見せられたらと思っています。

NHK_PRサイト 佐藤浩市のコメントより抜粋

おおお! 一筋縄ではいかなそうな、頑固さとプライドがにじみ出る上総殿を、渋いダンディ俳優が……! これは千葉県も盛り上がるのではなかろうか!? 千葉県知事の熊谷殿! 上総も! 上総広常殿もよろしくお願いします!!

(*熊谷知事は千葉氏を熱く推していることで鎌倉ファンに有名)
アイキャッチ画像:『絵入名将百史伝』上総広常 国立国会図書館デジタルコレクション

書いた人

承久の乱の時宮方で戦った鎌倉御家人・西面武士。妻は鎌倉一の美女。 いわゆる「歴史上人物なりきりbot」。 当事者目線の鎌倉初期をTwitterで語ったり、話題のゲームをしたり、マンガを読んだり、ご当地グルメに舌鼓を打ったり。 草葉の陰から現代文化を満喫中。