日本文化の入り口マガジン和樂web
5月23日(月)
聖人と我とは類を同じくする者なり(孟子)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月18日(水)

聖人と我とは類を同じくする者なり(孟子)

読み物
Culture
2022.04.16

朝廷交渉の切り札!野仲イサオ演じる二階堂行政がいなかったら『吾妻鏡』も無かった!?【鎌倉殿の13人】

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

令和4(2022)年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』予習シリーズ人物編! 今回は13人の1人、二階堂行政(にかいどう ゆきまさ)殿!!

ドラマでは第12回に出てきたが、まだ二階堂を名乗っていないため「藤原行政」と紹介されていたな。そう藤原。鎌倉幕府は下級役人の夢かなう(かもしれない)場所ではあったが、二階堂殿は正真正銘のエリート貴族なのだ!! 

二階堂行政殿の実力

京では主計寮(しゅけいりょう)という、現在でいうところの国税庁で働いていて、上から三番目の地位である「允(じょう)」に任命されていた。

そんな二階堂殿がなぜ鎌倉に来たかというと……実は頼朝様の親戚! 二階堂殿の母は、頼朝様の母方の祖父の妹なのだ! 実力的にも、親戚関係でも鎌倉最強クラス!!

鎌倉幕府の主な役割の1つに「朝廷との交渉」があるんだけれど、二階堂殿はその経歴を生かして朝廷と交渉し、調整をガンガン進めた。

ちなみに、日記文化のない東国で、なぜ『吾妻鏡』のような歴史書を編纂できたかというと、多くの部分は二階堂家の日記から引用されているらしい。つまり……『吾妻鏡』の半分は二階堂家のやさしさでできている!!

二階堂の由来

そんな二階堂殿が「二階堂」を名乗ったのは、鎌倉での住所に由来する。御所の東に「永福寺(ようふくじ)」という鎌倉を代表する寺がある。その寺は当時とても珍しい2階建てだから「二階堂」と呼ばれていた。そんで二階堂殿の屋敷は永福寺の近くにあったから「二階堂氏」を名乗ったんだ。

永福寺が完成するのは建久3(1192)年の事だから、ドラマの時系列ではまだ二階堂殿は二階堂を名乗っていない。だから「藤原行政」。

ちなみに正しくは「工藤行政」なんだけど、伊豆の工藤氏とは違う流れなので、混乱を避けるために藤原表記なんだろうな。

藤原で二階堂、せやかて工藤……(混乱)

二階堂行政役、野仲イサオ殿について

いぶし銀系バイプレーヤー!! うむ。きっと縁の下の力持ち系の二階堂のように、しっかりと脇を固めてくれるに違いないぞ! 「二階堂」と名乗り始める回にも注目だ!

関連人物

主君:源頼朝源頼家、源実朝
父:工藤行遠 母:藤原季範の妹
子:行村、行光、伊賀朝光の妻

人物相関図:
『鎌倉殿の13人』予習にぴったり!源平合戦~鎌倉初期を相関図で解説!

「鎌倉殿の13人」13人って誰のこと? 人物一覧

「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のこと。「鎌倉殿の十三人」は、鎌倉幕府の二代将軍・源頼家を支えた十三人の御家人の物語です。和樂webによる各人物の解説記事はこちら!

1. 伊豆の若武者「北条義時」(小栗旬)
2. 義時の父「北条時政」(坂東彌十郎)
3. 御家人筆頭「梶原景時」(中村獅童)
4. 頼朝の側近「比企能員」(佐藤二朗)
5. 頼朝の従者「安達盛長」(野添義弘)
6. 鎌倉幕府 軍事長官「和田義盛」(横田栄司)
7. 鎌倉幕府 行政長官「大江広元」(栗原英雄)
8. 鎌倉幕府 司法長官「三善康信」(小林隆)
9. 三浦党の惣領「三浦義澄」(佐藤B作)
10. 朝廷・坂東の事情通「中原親能」(川島潤哉)
11. 頼朝の親戚「二階堂行政」(野仲イサオ)
12. 文武両道「足立遠元」(大野泰広)
13. 下野国の名門武士「八田知家」(市原隼人)

大河ドラマの予習復習におすすめの書籍はこちら↓↓


眠れないほどおもしろい吾妻鏡―――北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫)

書いた人

承久の乱の時宮方で戦った鎌倉御家人・西面武士。妻は鎌倉一の美女。 いわゆる「歴史上人物なりきりbot」。 当事者目線の鎌倉初期をTwitterで語ったり、話題のゲームをしたり、マンガを読んだり、ご当地グルメに舌鼓を打ったり。 草葉の陰から現代文化を満喫中。

この記事に合いの手する人

人生の総ては必然と信じる不動明王ファン。経歴に節操がなさすぎて不思議がられることがよくあるが、一期は夢よ、ただ狂へ。熱しやすく冷めにくく、息切れするよ、と周囲が呆れるような劫火の情熱を平気で10年単位で保てる高性能魔法瓶。日本刀剣は永遠の恋人。愛ハムスターに日々齧られるのが本業。