CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

絞り込み検索

タグによる絞り込み

タグ一覧

展覧会レビュー

戦国武将

戦国時代

江戸時代

京都

浮世絵

美術館・博物館

東京

鎌倉時代

国宝

アート・工芸

グルメ

神社・お寺

平安時代

HOKUSAIPORTAL

徳川家康

歌舞伎

明治時代

美容・ファッション

幕末

3分で解説

文学・言語

仏像

日本の暮らし

アニメ・漫画

建築・庭園

地方自治体

和歌・俳句

神話・昔話

恋愛

昭和時代

植物

English

妖怪・怪談

環境・テクノロジー

源氏物語

温泉・銭湯

職人

彬子女王殿下と知る日本文化入門

岐阜

まとめ

縄文時代

乗り物

沖縄

伝統芸能

誰でもミュージアム

奈良

何が起きなかったか

フランス

育児・出産

超絶技巧

古典

大正時代

ひねくれ日本神話考

北海道

尾上右近の日本文化入門

音楽・エンターテインメント

茶味こそが京都!

平家物語

スポーツ

『どうする家康』予習シリーズ

縄文と雑木林のまち、北本

オリジナル商品

彬子女王殿下が次世代に伝えたい日本文化

ホテル・宿

相撲

〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿

生き物

あらん限りの歴史愛

経済・ビジネス

一生愛せる「うつわ」と出合う

美味しい!美しい!あんこ銘菓名店GP!

SHIHOの楽禅ライフ

日本文化はロックだぜ!ベイベ

和歌で読み解く日本のこころ

北本奥の細道

室町時代

日本美術超入門

美装のNippon

魯山人

奈良時代

茶道

職人の手仕事バッグ

石戸蒲ザクラ国指定100周年 きたもと桜国ものがたり

僕のソロキャン物語

幕末維新クロニクル

時を超える女性の恋歌たち

万葉集

ひげの殿下日記

妄想インタビュー

弥生時代

あっぱれ! 大阪寿司!!

皇室

映画HOKUSAI

魯山人の魅力

世界遺産

あの時あの舞台の“こしらえ”

世界に挑んだ明治人

京都人の愛する「街のパン屋さん」

ひんやり!つるん!水ようかんの名店

異国情緒あふれる長崎の国宝を訪ねる!

知る旅―奄美大島

秋めく京都の干菓子図鑑

馬場あき子さんに聞く和歌入門

着物でお出かけ

現代人にも響く『源氏物語』の恋模様

枕草子

人形

食卓を楽しくしてくれる「この作家のうつわ」

坂東玉三郎 私の日課 my routine

飛鳥時代

紫式部入門

Biso no Nippon: The history of dressing up

『和樂』

伊藤若冲を知る25のキーワード

きものを巡る美しき手仕事

ランキング2023

和菓子

京都の「門前」にうまいものあり!

桜名所

ピックアップ2024年3~4月

穴場名所

英語で考える日本文化

ピックアップ2024年1~2月

仰天戦国武将

エロスは不変

鎌倉殿の13人

レトロ建築

平安貴族に学ぶ

禅の奥深さ

身にまとう「超絶技巧」

京都和菓子

原 由美の愛する「和」のひととき

おとなの古美研

千利休エピソード集

歌舞伎の歴史

坂東玉三郎

大奥

編集長の今日のNAVY

髙森寬子

『光る君へ』人物探求シリーズ

和を装い、日々を纏う。

きたもっちゃん(仮)プロジェクト

古墳時代

狂言プリンス「笑い」の教室

蘭乃はなの着物旅

着物

日本史感動モーメント

文楽のすゝめ 四季オリオリ

Ranno Hana

茶炉音・ド・和樂 イベントレポート

編集部スタッフが繋ぐ、日本文化の思い出

石井美保の「和魂美才」

「TASAKI」70周年特別企画

CEOインタビュー

和歌の歴史を彩る女性の恋歌

全5484件、37〜54件を表示中

歌舞伎「娘道成寺」の釣鐘が実在した! ひび割れた鐘は何を語るのか

Dyson 尚子

豊作への願いを込め「早苗取る」五月。歌人 馬場あき子【和歌で読み解く日本のこころ】

歌人、馬場あき子氏による連載「和歌で読み解く日本のこころ」。第十一回は、初夏の田植えを詠んだ祈りの歌から、平安貴族と農作との文化の隔たりが感じられる清少納言の歌まで。

和樂web編集部

面倒くさがりな私でも。おいしい「お出汁」を楽しむ方法【彬子女王殿下が次世代に伝えたい日本文化】

連載 彬子女王殿下

「TASAKI」70周年特別企画 パールジュエリーの常識を覆した「バランス」が導く! 至宝の真珠、伝統と革新の物語

今年、「TASAKI」は創業70周年を迎えます。 パールとダイヤモンドの美しさを追求してきた「TASAKI」は、今や世界に名を知られるグローバルジュエラーへと発展。その一助となったのが、2010年に発表された革新的パールジュエリー「バランス」の存在でした。 この記念すべき年、真珠をこよなく愛する女優の小雪さんが、アコヤ真珠の養殖場がある長崎県・九十九島へ。ここは、映画『ラスト サムライ』のオープニングを飾った彼女にとって思い出の地。至宝の真珠をはぐくむ世界一美しいといわれる湾で、「バランス」の最新作を纏った小雪さんが、「TASAKI」のアニバーサリーを祝します。

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

毎朝6粒「珈琲時間」にいただく極上落花生。坂東玉三郎連載「私の日課 my routine 」第五回

人間国宝の女形歌舞伎俳優・坂東玉三郎さんの日常は、美しき舞台のために、日常のルーティーンを大切に過ごされています。和樂6月号(5月1日発売号)では、朝食の後にいただくお抹茶の後の楽しみとして「珈琲時間」のお話をいただきました。まずはハワイで見つけたコーヒー豆との出会い。そして、そのコーヒーと一緒にいただくのがゴディバのチョコレート。さらに注目すべきは、コーヒーと相性のいいものとして、“広島で土から改良し自然農法で作った「脇農園」の殻付きピーナッツを食べています“と、玉三郎さんは大粒のピーナッツを紹介してくれました。そこで、和樂webでは「脇農園」について調べてみました。

連載 新居 典子

ヴァシュロン・コンスタンタンの職人技が冴え渡る!「グランド・レディ・キャラ」に込められたアールデコの美意識

この春、スイスで開催されたばかりの世界最大級の高級時計見本市 〈ウォッチズ&ワンダーズ・ジュネーブ〉 。屈指の名門ウォッチメゾン、ヴァシュロン・コンスタンタンがそこで発表したのは、まばゆいばかりの新作ハイジュエリーウォッチ「グランド・レディ・キャラ」です。ため息を誘うその美しさの全容に迫ります。

PR 和樂web編集部

『和樂』2024年6,7月号の特別付録は「武相荘のたからもの」ポストカード3枚セット!

『和樂』2024年6,7月号、5/1発売(一部地域は4/30)! 本誌の連載、特集ラインナップをお届けします。

和樂web編集部

伝統の「カミ」技で大相撲を支える、床山の世界 ~特等床山・床鶴氏インタビュー・前編~

町で力士を見かけた際、「あ、お相撲さんだ!」とわかるのは、おそらく“ちょんまげ”を結っているからではないでしょうか。明治以降も、日常的に髷(まげ)を結い続けている男性は、力士だけといっても過言ではありません。力士の象徴である髷を手掛ける存在が床山(とこやま)です。床山界のトップである特等床山・床鶴(とこつる)さんのお話しとともに、床山の世界について前後編でご案内します。

森 有貴子

会場全体がギャグ漫画! 大人立ち入り禁止『子どもだけ寄席』潜入リポート

瓦谷登貴子

蔦重が発行して大ヒット! 『吉原細見』には何が書かれていた?

黒田直美

Eat the best Kano-gani at the famous Kanazawa ryotei restaurant 'Nihonryori Zeniya (日本料理 銭屋)'!

和樂web編集部

A hot spring resort town that is fun just to walk around! To Beppu and Kannawa Onsen, a town with 365 days of hot spring water [Oita]

和樂web編集部

俵屋宗達は、日本美術のマイケル・ジャクソン? 阿部顕嵐が語る「あらん限りの歴史愛」vol.12

俳優・阿部顕嵐さんが、興味がある日本文化について自由に語る連載。前回は「ニッポン画」山本太郎さんに日本画の顔料について話を聞いた。今回は山本さんが描く絵の内容や、山本さんがリスペクトする日本美術の流派「琳派(りんぱ)」について語る。 今回も絵画材料専門の複合クリエイティブ施設「PIGMENT TOKYO(ピグモン トーキョー)」で対談してもらった。 尚、聞き手はオフィスの給湯室で抹茶をたてる茶道ユニット「給湯流茶道(きゅうとうりゅうさどう)」。「給湯流」と表記させていただく。 ※取材日は2024年2月。

連載 阿部顕嵐

ロレックスがアートイベントを東京都庭園美術館で開催。「PERPETUAL MOMENT - 自然の中の時間」レポート

スイスの時計ブランド、ロレックス。PERPETUAL(永続性)を企業哲学とする同社では、優れた卓越性を後世に残す試みとして、半世紀以上に渡り芸術支援を行ってきました。
春らしい好天に恵まれた4月19日、“時を超える価値”に思いを馳せるアートイベント「PERPETUAL MOMENT - 自然の中の時間」が東京都庭園美術館で開催。館長で建築家の妹島和世氏がイベントホストを務め、世界で活躍する現代アーティストがこの日のためだけに制作したアートインスタレーションを展示するなど、一日限りの贅沢な時間をレポートします。

石川ともみ

【小島ゆかり選】万葉の人々の悲しみとユーモアが垣間見える。万葉時代の女性が詠んだ恋の名歌3首【時を超える女性の恋歌たち・5】

2024年NHK大河ドラマ『光る君へ』で注目されるようになっている和歌。 『和樂』本誌2005年9月号では、現代歌壇を代表する女性歌人である馬場あき子さんと小島ゆかりさんに登場いただき、万葉時代から現代までの女性がつくった恋の歌についてについて対談をし、さまざまな恋の名歌を紹介してもらいました。 ここでは、小島ゆかりさんに選んでいただいた、万葉時代を代表する女性歌人が詠んだ恋の歌を三首をご紹介します。

和樂web編集部

「ジミーチュウ」がパリの名門工房と共に生み出したジュエリーのようなバッグ「ボンボン ニューヨーク」【職人の手仕事バッグ】

伝統の技を用いた繊細な刺しゅう、丹念に編まれたレザーなど名門ブランドのバッグから、極上の「サヴォワフェール(匠の技)」に注目して逸品を厳選。その奥深い魅力に迫ります。

和樂web編集部

昨夜の美女も、一途な男も…草木に宿る不思議で不気味な日本の精霊たち

馬場紀衣

大阪庶民のソウルフード〝バッテラ〟の秘密【あっぱれ! 大阪寿司!! part9】

大阪寿司はもはや希少価値であることをお伝えしましたが、しめ鯖の押し寿司「バッテラ」は別。地元では日常食に、もはや全国区にまで認知度は広がっています。その理由を考察しました。

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア