〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿

全13件、1-13件を表示中

川端康成も太宰治も夏目漱石も。文豪はみんな温泉好きな理由を探る「コラム3」【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、最終第13回は「至高の湯宿コラム・3」をお送りします。

和樂web編集部

日本固有の「温泉・混浴」文化は世界にどう許容されたのか?「コラム2」【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第12回は「至高の湯宿コラム・2」をお送りします。

和樂web編集部

縄文人も平安貴族も戦国武将も、みんな温泉が好きだった!「コラム1」【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第11回は「至高の湯宿コラム・1」をお送りします。

和樂web編集部

藩主も湯治に訪れた、雪見の秘湯へ。「鶴の湯温泉」【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第10回は「鶴の湯温泉」をお送りします。

和樂web編集部

忘れられない味と至福の居心地。「由布院 玉の湯」その3【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第9回は「由布院 玉の湯」その3をお送りします。

和樂web編集部

ところどころでほっこり、にっこり。「由布院 玉の湯」その2【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第8回は「由布院 玉の湯」その2をお送りします。

和樂web編集部

〝いつもの自分〟でいられる極上の心地よさ。「由布院 玉の湯」その1【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第7回は「由布院 玉の湯」その1をお送りします。

和樂web編集部

日本旅館で松葉ガニや但馬牛に舌つづみ!「西村屋本館」その3【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第6回は「西村屋本館」その3をお送りします。

和樂web編集部

震災からの復興を導いた「町全体でひとつの宿」のコンセプト。「西村屋本館」その2【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第5回は「西村屋本館」その2をお送りします。

和樂web編集部

浴衣に着替えて、外湯へ行こう!「西村屋本館」その1【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第4回は「西村屋本館」その1をお送りします。

和樂web編集部

会津藩から引き継いだ名湯と郷土食を堪能。「向瀧」その3【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第3回は「向瀧」その3をお送りします。

和樂web編集部

変わらないことが進化、生きた建物を日々慈みながら。「向瀧」その2【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

至高の温泉地と湯宿をご紹介する全13回シリーズ、第2回は「向瀧」その2をお送りします。

和樂web編集部

あちこち見学せずにいられない温泉宿!「向瀧」その1【〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿】

におい立つ桃に桜吹雪、まばゆい新緑に錦秋の山、清廉な雪に覆われた大地。土地の味や見どころが並ぶ観光地を歩いても、人気(ひとけ)のない景色だけを満喫するのでも、やっぱり旅は楽しい! 和樂本誌では久しぶりとなる、2023年2・3月号の温泉宿の大特集から、取材でもプライベートでもまた行きたくなる、編集部が吟味に吟味を重ねた至高の温泉地と湯宿をご紹介します。 温かなお湯に心地いい空間、土地の食材と季節の料理、さりげないもてなし――。日本の多様な文化や習慣を、温泉で体を温めながら体感してください。

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア