スポーツ

 

スポーツに関する読み物

全4件、1-10件を表示中
芸能と文化
「おめでとう!賞品の図書カードです!」意外すぎる初期甲子園の爆笑エピソード集

現代の日本において、全国高等学校野球選手権大会(通称「甲子園」)は、完全に国民的行事として社会に定着しています。先日の「センバツ中止」というニュースがあれほど大々的に報道されることからも、その注目度は明らかです。 しかしながら、元をたどっていけば甲子園も単なる学生スポーツのいち大会。我々がよく知る甲子園の姿が形作られるまでには、知られざる大会創設者らの苦労がありました。第一回大会(当時は全国中等学校優勝野球大会という名前)が開催された大正4(1915)年に、これほど大規模なスポーツの大会はありません。ノウハウが皆無な中、彼らは試行錯誤を重ねて大会をゼロから盛り上げようとしました。 が、手探りで […]

芸能と文化
「くらえッ、鉛玉ストレート!」明治初期の野球で使われていた、トンデモ野球道具たち

「ボールがない状態で、野球をするにはどうしたらいいか」 こう聞かれたとき、あなたならどう答えますか? 一見すると単純なようで複雑な問いにも思えますが、難しく考える必要はありません。 実際、小学生の頃の私は「それなら公園に落ちている石ころをボール代わりにすればいいんだ!」という答えを出しました。仲間たちにもそう提案し、公園で始まったのは「石ころ野球」。今考えれば危険極まりない競技ですが、当時の私たちはそれなりに楽しんでいたことを覚えています。 …なぜこんな話をしたかというと、今回の記事で取り上げる「日本に野球が伝来した当初」においても、小学生の私と同じような発想で野球道具が用意されていたから。ま […]

芸能と文化
大正時代の美人テニスプレイヤー!彼女のお父さんのヒゲがヤバかった……

女子プロテニスの大坂なおみ選手が、東京オリンピックの出場条件をクリアしたことが話題になりました。写真の美しい女性は朝吹磯子(あさぶきいそこ:1889-1985)。「ん、突然誰や?」と思うかたも多いはず。実は彼女、実業家・朝吹常吉の妻で、大正時代に活躍したテニスプレイヤーなのです! 夫は日本テニス協会の初代会長 磯子が生涯を共にした夫・朝吹常吉は、三越社長、帝国生命保険社長を務めた実業家です。ロンドン留学中にテニスに出合い、日本人で初めて国際大会にも出場。その後、日本庭球会(現・日本テニス協会)を創立し、初代会長に就きました。 磯子がはじめてテニスラケットを握ったのは大正12(1923)年。関東 […]

芸能と文化
W杯観戦がもっと楽しくなる! 日本ラグビーの歴史とトリビア。ジャージがピタピタの理由、知ってる?

2019年9月20日、「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」が始まりました。 日本代表の大健闘で、ラグビーに興味を持った方も多いのではないではないでしょうか? ラグビーの競技人口は、世界で約500万人、日本では約12万人いると言われ、子どもからお年寄りまで、幅広い年代の方が楽しむことのできるスポーツです。そして、世界中のラグビープレイヤーにとって、ラグビーワールドカップは、選ばれた人だけが出場することができる憧れの舞台なのです。 この記事では、日本ラグビーの歴史について解説します。 ラグビーの歴史を知れば、もっとラグビーワールドカップが楽しめること間違いなし!? ラグビーの歴史 「rug […]

全4件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介