Culture

2024.03.25

業平、斉信、行成…、平安の殿上人と桜狩り。歌人 馬場あき子【和歌で読み解く日本のこころ】

歌人、馬場あき子氏による連載「和歌で読み解く日本のこころ」。第九回は、平安時代の桜の歌について。

シリーズ一覧はこちら

今も昔も、桜の便りが人の心をさわがせ、名歌が詠まれた

またや見ん交野(かたの)のみ野の桜狩り花の雪散る春のあけぼの 藤原俊成

桜狩り雨は降り来ぬ同じくは濡ぬるとも花の影に隠れむ よみ人しらず

3月、雛の節句が終わると人はたちまち桜の気配に敏感になりはじめる。桜前線がどこまで北上してきたかはニュースとして報道されたりする。桜はどうしてこうも人の心をさわがせるのであろう。

ここに掲げた俊成(しゅんぜい)の歌は建久(けんきゅう)6年(1195)2月に行なわれた摂政(せっしょう)太政大臣(だじょうだいじん)良経(よしつね)邸の歌会で詠まれたことが詞書(ことばがき)などで知られている。俊成82歳の作である。

「交野の春のあけぼのを、また見ることができようか。もうそれはなかろう。しかし忘れない。桜の花片(はなびら)が雪のように散る、夢かと思うあのあけぼのを」とうたっている。

「花の雪散る春のあけぼの」という極美なイメージと幻想的な情景が、初句と三句で詠嘆深く切った言葉のひびきのあと、一気に迫ってくる。そしてまた、交野の桜狩りの場はあの伊勢物語の中で、不遇な生涯をもった惟喬親王(これたかしんのう)の桜狩りの場であったことを思い出してもいい。

親王は文徳(もんとく)天皇の第一皇子であったが、藤原氏の権勢に押されて失意の日々を送っていた。在原業平(ありわらのなりひら)が親王の側近にあったのは、業平の妻の叔母が親王の母であり、文徳天皇の更衣(女御の次位)であったからである。

交野は桜の名所でもあったが鷹狩りの御料地でもある。桜狩りはこの鷹狩に伴う酒宴の場の風雅に似合わしかったのだ。交野では渚院(なぎさのいん)と称するあたりの桜が最もよく、人々はその木のもと腰をおろし、桜の小枝を冠などに挿して酒宴を開き歌を詠んだ。

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし(世の中に人の心をさわがせる桜というものが全くなかったら、咲くにも散るにも心をつかうことなく、どんなにかのどかなことであろうよ)。業平はこんな歌を即興に詠んで披露した。

『伊勢物語』第八十二段「渚の院」の一場面。別荘で桜を讃え和歌を詠む惟喬親王と在原業平の一行が描かれている。『観桜図屏風』かんおうずびょうぶ 住吉具慶 江戸時代・17世紀 東京国立博物館 出典:ColBase (https://colbase.nich.go.jp)

ところで掲出したもうひとつのよみ人しらずの歌は、風流な面白さがあるので広く知られていた歌である。一条天皇の時代、殿上人(てんじょうびと)たちが東山の花盛りを眺めようと出掛けたところ、折悪しく俄雨(にわかあめ)となり、一同は大騒ぎして屋根の下へと逃げ込んだが、当時歌人としてその名が高かった藤原実方(さねかた)は雨を避けず、桜の花の木下(このもと)に佇(たたず)み、涼しい声でこの歌を朗誦(ろうしょう)したのである。

「桜狩り雨は降り来ぬ同じくは濡るとも花の影に宿らむ」、結句が少し違うが、場面と歌とはぴったりの現場感があり、人々は感動し賞讃(しょうさん)した。

評判は広まり、一条天皇のお耳にも入れようと、時の大納言斉信(だいなごんただのぶ)が奏上(そうじょう)したのだが、折ふしその場にあった蔵人頭(くろうどのとう)の才人行成(ゆきなり)は批判し、「歌は面白し、実方はをこ(愚おろかもの)なり」と言い放った。「歌はいい歌だが、実行するとは愚かものだ」と言ったのである。

じつに面白い対決の言葉であった。実方は以降行成に遺恨(いこん)をもち、或時(あるとき)は口論となり行成の冠を取って庭上(ていしょう)に投げ捨てたりしたが、やがて左遷をうけ陸奥守(むつのかみ)として下向(げこう)し、彼(か)の地に果てた。

『花下遊楽図屏風』かかゆうらくずびょうぶ 国宝 狩野長信 江戸時代・17世紀 東京国立博物館 出典:ColBase (https://colbase.nich.go.jp)

馬場あき子
歌人。1928年東京生まれ。学生時代に歌誌『まひる野』同人となり、1978年、歌誌『かりん』を立ち上げる。歌集のほかに、造詣の深い中世文学や能の研究や評論に多くの著作がある。読売文学賞、毎日芸術賞、斎藤茂吉短歌文学賞、朝日賞、日本芸術院賞、紫綬褒章など受賞歴多数。『和樂』にて「和歌で読み解く日本のこころ」連載中。映画『幾春かけて老いゆかん 歌人 馬場あき子の日々』(公式サイト:ikuharu-movie.com)。

構成/氷川まりこ 
※本記事は雑誌『和樂(2022年4・5月号)』の転載です。

Share

和樂web編集部

おすすめの記事

「花見」よりも古くからある「桜狩り」とは?彬子女王殿下と知る日本文化入門

彬子女王殿下

元祖イケメン?『伊勢物語』の在原業平ってどんな人?3分で解説!

木村 悦子

「花咲か爺さん」が咲かせた桜は愛犬の生まれ変わりだった⁉︎死者復活を願った昔話がおもしろい!

馬場紀衣

大丈夫、昔の人も読めていなかった!難解な「書」を楽しむ4つのポイント

齋藤 久嗣

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア