茶道

全8件、1-8件を表示中

進化した『SENSAI』が開化堂とコラボ。スペシャルエディションが限定発売

日本古来の希少な“小石丸シルク”の美しさにインスパイアされたグローバルラグジュアリーブランド『SENSAI』。 花王が手掛けるグローバルブランド群のフラッグシップとして、現在ヨーロッパを中心に40カ国以上で展開されています。

土屋 利沙

“美味しそうなかまぼこ”に幻滅した理由は? 茶の湯の心を今に伝える、千利休エピソード集4

かずかずの逸話が示唆する、利休のわび茶 その十から十二をご紹介します。

和樂web編集部

スイカにかけた砂糖はよけて食べる! 茶の湯の心を今に伝える、千利休エピソード集3

かずかずの逸話が示唆する、利休のわび茶 その七から九をご紹介します。

和樂web編集部

わざと落とし穴に落っこちた! 茶の湯の心を今に伝える、千利休エピソード集2

かずかずの逸話が示唆する、利休のわび茶 その四から六をご紹介します。

和樂web編集部

朝顔を最も美しく見せるには? 茶の湯の心を今に伝える、千利休エピソード集1

利休の逸話はたくさん残されていますが、確かな史料は多くはありません。しかし利休に憧れ、敬慕の念を寄せた後世の茶人たちが、こうした逸話を信じてきました。利休のエピソードは、かくも豊かな示唆を与えてくれます。

和樂web編集部

信長の弟、織田有楽斎とは?秀吉・家康にも仕えた武将・茶人の生涯

あきみず

泉屋博古館の住友春翠コレクション。中国青銅器と煎茶会の関係とは

菊池 麻衣子

織田有楽斎のユニークなリメイク茶道具とは?戦国時代の茶道も解説

給湯流茶道

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア