日本文化の入り口マガジン和樂web
5月18日(水)
焦がちね、物病んじすん(読み:あしがちねぇ むぬやんじすん 意味:焦ると物事がうまく行かない 沖縄のことわざ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月17日(火)

焦がちね、物病んじすん(読み:あしがちねぇ むぬやんじすん 意味:焦ると物事がうまく行かない 沖縄のことわざ)

読み物
Culture
2021.12.13

伝説の怪力武将を追い込んだ!米本学仁演じる工藤茂光の武勇伝【鎌倉殿の13人】

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

久々の、令和4(2022)年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』予習シリーズ、人物編! 今回は伊東一族の工藤茂光(くどう もちみつ)殿!

工藤茂光殿! 鎌倉時代にまったく詳しくないわたくし、初耳です汗 教えて胤義殿!

さぁて、茂光殿を語るまえに、工藤祐経(くどう すけつね)殿の回の、あのややこしい関係をおさらいしてほしい。
めっちゃ複雑!「我が家」坪倉由幸演じる工藤祐経の半生をなるべく解りやすくしてみた!【鎌倉殿の13人】

工藤茂光殿の家族関係

茂光殿は、伊東祐親(いとう すけちか)祖父上の叔父だ。

ここまではよいだろうか?
うう……がんばって付いていきます!

祖父上の叔父とはいっても年はずいぶん若いようで、祖父上の娘を嫁にもらっている。そして男児が生まれた。

しかし、あのややこしいお家騒動の影響からだろうか……。茂光殿と伊東祐親の娘は離縁し、親権は母が持っていった。その後、伊東祐親の娘は、三浦義澄と再婚。そして生まれたのがオレと兄上(三浦義村)ってわけ。

胤義殿の母上の元夫が、茂光殿なのですね!

茂光殿の子も三浦に来て、三浦の子として元服し、「三浦与一近実(みうら よいち ちかざね)」と名乗った。でも、与一兄にも色々あってさ……。まぁ、与一兄の話は機会があったら話すとして……。

工藤茂光殿の武勇伝

茂光殿の武勇伝といえば、源平合戦から10年前の嘉応2(1170)年のこと。平安のガンダムと言われた強者、源為朝(みなもと ためとも)殿を自害に追い込んだ話だな。

平安のガンダム! なんというパワーワード。

伊豆大島に流罪となった為朝殿が大暴れして、大島の住民から訴えられた茂光殿は、朝廷にかけあって為朝殿討伐隊を率いて大島に渡った。茂光殿が率いる大軍を見て、為朝殿は負けを悟って自害したそうだ。

工藤茂光殿と頼朝様

茂光殿、やっぱりお家騒動のゴタゴタからか、伊東祐親祖父上とは折り合いが悪かったらしく、ずいぶん早くから頼朝様の側近として、流人時代の頼朝様のそばで仕えてたらしいよ。

ということは、大河ドラマでもけっこう重要な位置にいる人物?

父上も、何度も顔を合わせてたはずだし……ちょっと気まずい気持ちになっていたかもなぁ。

工藤茂光役、米本学仁殿について

そんな茂光殿を演じるのは、人柄の良さが滲み出る、恰幅の良い米本殿! 

伊豆という素晴らしい土地に暮らした 工藤茂光として生きられる事が幸せです!

米本学仁 Twitterより抜粋

オレは茂光殿にお会いした事はないが、母上曰く「お腹もほっぺももっちもち、もちもちもちみつ殿」だったらしい。そしてその後ろで父上が見た事もない顔をしていた。……多分、オレがTwitterで頼家様と再会した時もあんな顔をしていたんだろうなぁ……。

関連人物

主君:源頼朝
父:工藤祐隆
兄弟:伊東祐家、ほか
妻:伊東祐親の娘(のちに三浦義澄の妻)、ほか
子:狩野宗茂、三浦近実ほか

▼鎌倉殿の13人予習シリーズ、続々アップ中!
鎌倉殿の13人予習シリーズ

「鎌倉殿の13人」13人って誰のこと? 人物一覧

「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のこと。「鎌倉殿の十三人」は、鎌倉幕府の二代将軍・源頼家を支えた十三人の御家人の物語です。和樂webによる各人物の解説記事はこちら!

1. 伊豆の若武者「北条義時」(小栗旬)
2. 義時の父「北条時政」(坂東彌十郎)
3. 御家人筆頭「梶原景時」(中村獅童)
4. 頼朝の側近「比企能員」(佐藤二朗)
5. 頼朝の従者「安達盛長」(野添義弘)
6. 鎌倉幕府 軍事長官「和田義盛」(横田栄司)
7. 鎌倉幕府 行政長官「大江広元」(栗原英雄)
8. 鎌倉幕府 司法長官「三善康信」(小林隆)
9. 三浦党の惣領「三浦義澄」(佐藤B作)
10. 朝廷・坂東の事情通「中原親能」(川島潤哉)
11. 頼朝の親戚「二階堂行政」(野仲イサオ)
12. 文武両道「足立遠元」(大野泰広)
13. 下野国の名門武士「八田知家」(市原隼人)

▼おすすめ書籍
源頼朝の世界 (朝日文庫)

書いた人

承久の乱の時宮方で戦った鎌倉御家人・西面武士。妻は鎌倉一の美女。 いわゆる「歴史上人物なりきりbot」。 当事者目線の鎌倉初期をTwitterで語ったり、話題のゲームをしたり、マンガを読んだり、ご当地グルメに舌鼓を打ったり。 草葉の陰から現代文化を満喫中。

この記事に合いの手する人

人生の総ては必然と信じる不動明王ファン。経歴に節操がなさすぎて不思議がられることがよくあるが、一期は夢よ、ただ狂へ。熱しやすく冷めにくく、息切れするよ、と周囲が呆れるような劫火の情熱を平気で10年単位で保てる高性能魔法瓶。日本刀剣は永遠の恋人。愛ハムスターに日々齧られるのが本業。