幕末

 

幕末に関する読み物

全8件、1-10件を表示中
芸能と文化
重要メモと思いきや書かれていたのは「イギリスの女性はベッドが上手」。忍者のペリー艦隊潜入作戦

忍者と聞くと、どんな様子を思い浮かべますか? 優れた体術、巧みな戦術、華麗な変装……色々とありますが、そのひとつに諜報活動があげられます。 時は幕末。開国に揺れる日本で、最後の隠密活動をした忍者として知られるのが伊賀国(現在の三重県西部)の沢村保祐(やすすけ。通称、甚三郎)です。彼の活動とはどのような内容だったのでしょうか。 時代で変わる忍者の役割 戦国時代、夜襲や放火などを行なっていた伊賀の忍びも、平和な江戸時代になるとその役割が変化。「伊賀者」と呼ばれ、国内の情報収集や、護衛なども担うようになります。 他にも、無足人として各村の自治を任される者もいました。無足人は禄はあまりありませんが名字 […]

芸能と文化
パンデミックと戦う!「誰もが通院できる国」の基礎を作った蘭方医・緒方洪庵

新型コロナウイルスの話題が、連日報道されている。 なぜ世界は、このコロナウイルスを恐れているのか。それは新型故にワクチンも治療薬も存在しないからだ。逆に言えば、それらがあれば患者を隔離する必要など一切ない。 江戸時代の先人たちも、感染症と戦っていた。麻疹、コレラ、天然痘。いずれも現代であれば恐れるに値しない病気だが、当時は一度かかれば命を落とす危険性が高かった。 幕末期、日本で猛威を振るっていた「恐怖の感染症」に立ち向かった医師が存在した。 恐るべき天然痘に立ち向かう 緒方洪庵は備中足守藩の武士の生まれだが、同時に三男坊である。 つまり、家を継ぐ立場ではないということだ。緒方の長兄は早くに落命 […]

芸能と文化
幕末動乱期にスフィンクス、ナポレオンと対面!イケメン領主・池田長発って何者!?

目鼻立ちくっきり、クールに目下ろす視線がかっこいい……!この人物は、幕末の旗本で備中・井原(現在の岡山県井原市)池田家の10代目当主、池田長発(いけだながおき)。当時としては珍しい短髪で、やんちゃな雰囲気を漂わせているにもかかわらず、由緒正しきお殿様であるというギャップがたまりません。そんな長発は外見だけではなく中身も男前! 眉目秀麗な彼の生涯をご紹介します。 出世しまくりの長発 長発ははじめから大きな領地を持っていたわけではありませんでした。元々の領地は1,200石と小さく、最初は「小普請」(こぶしん:江戸幕府の役職のひとつ。3,000石以下の旗本、御家人の無役の者で編成された)から身を起こ […]

芸能と文化
『るろうに剣心』主人公のモデル!幕末の四大人斬り、河上彦斎の生涯

幕末の京都。坂本龍馬や西郷隆盛と同じ動乱の時代に暗躍した河上彦斎(かわかみげんさい)という人斬りをご存知でしょうか。実はこの人物、漫画『るろうに剣心』の主人公・緋村剣心のモデルにもなった攘夷派の志士。どんな人生を歩んだのか? 剣や流派は? 知られざる素顔を紐解いてみましょう。 京都を震撼させた四大人斬り 幕末期の京都は尊王攘夷運動の中心地で、各地よりなだれ込んだ各地の志士たちによる殺人事件が頻発していました。幕府側の有力者を斬りつける志士はいつしか人斬りと呼ばれるようになり、そのなかでもひときわ腕の立つ田中新兵衛、河上彦斎、岡田以蔵、中村半次郎の4人は『幕末の四大人斬り』として世間から恐れられ […]

工芸
意外!坂本龍馬が高杉晋作から貰った拳銃のモデル名を知っているか?

幕末の英雄坂本龍馬は、拳銃を所持していた。 それは諸説あるが、当初はスミス・アンド・ウェッソン(以下S&W)のModel 2、寺田屋事件でそれを紛失してからは同社のModel 1を手に入れたとされている。 坂本龍馬が拳銃を持っていたことは有名だが、その拳銃の具体的なモデル名を知っている人は多くないかもしれない。 だが、幕末期は銃の劇的進化の時期とぴったり重なっている。銃を知ることは幕末を知ることと言っても過言ではない。その第一歩として、今回は坂本龍馬の拳銃を取り上げよう。 全米ライフル協会の公式サイトで調査 龍馬の最初の拳銃は、高杉晋作からもらったものである。 この銃は先述の通り、S& […]

芸能と文化
え、応募資格があったんだ! 新選組の意外と知らないあれこれを超解説

コンコンチキチン、コンチキチン。京都の夏を彩る祇園祭(ぎおんまつり)のお囃子(はやし)が流れる中、額に鉢金(はちがね)、袖(そで)を山形に白く染め抜いた揃いの羽織を着る武士たちが、旅籠(はたご)に踏み込むシーンを映画やドラマで観たことがある人も多いでしょう。幕末に起きた、新選組(しんせんぐみ)の池田屋(いけだや)事件です。 新選組といえば、彼らを主人公にした小説やコミック、ゲームが多数あり、脇役としても数々の作品にキャラクターが登場しますので、ご存じの方も多いとは思いますが、一方で新選組って何? 池田屋事件?? という方もきっといらっしゃるはず。今回はそんな方でも楽しめるよう、新選組と池田屋事 […]

芸能と文化
なぜ死なねばならなかったのか?幕末最大の謎、龍馬暗殺事件に迫る!

歴史上の人物の中で、とりわけ日本人に人気の高いのが幕末の志士・坂本龍馬(さかもとりょうま)でしょう。「尊敬する偉人」のランキングなどでも、たいてい1位に輝きます。司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』を読んで、好きになったという人も多いようです。 しかし、龍馬は明治維新を目前にして、何者かによって暗殺されました。龍馬を襲ったのが誰なのかについては、いまだ諸説あり、謎に包まれているのです。そこで和樂Web「日本史3大ミステリーシリーズ」最終回となる第3回では、龍馬暗殺の概略と諸説を紹介しながら、事件の真相に迫ってみたいと思います。ぜひ皆さんも推理してみてください。 日本史3大ミステリーシリーズ・第3回 […]

芸能と文化
集合場所は?メンバーは?これはサスペンス!新選組「池田屋事件」を徹底追跡

「俺たちだけでやろう」 副長土方歳三(ひじかたとしぞう)がうながすと、局長近藤勇(こんどういさみ)はうなずいた。 元治元年(1864)6月5日、祇園祭宵々山の夜。祇園囃子(ばやし)が響く中、会津藩(あいづはん)との申し合わせ時間を待たずに動くことを近藤は決断。近藤と土方は二手に分かれ、巡検を始める。やがて三条小橋西の旅籠池田屋に、近藤は尋常ならぬ気配を感じた・・・。 今年(2019年)の京都の祇園祭宵々山は7月15日。155年前の宵々山の夜、幕末を震撼(しんかん)させる事件が起こりました。新選組(しんせんぐみ)の池田屋事件です。本稿では池田屋事件の真相と新選組の戦いの実際を、これまで小説やドラ […]

全8件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介