歌舞伎

 

歌舞伎に関する読み物

全39件、1-10件を表示中
芸能と文化
海老蔵の名では最後の本興行!新橋演舞場公演から知る市川團十郎の「家の芸」とは?

演劇評論家の犬丸治さんに歌舞伎の見どころをレクチャーしていただいて、より面白く、興味深く、歌舞伎を鑑賞してみましょう。今月は、新橋演舞場で上演中の襲名間近の市川海老蔵丈の公演に注目しました。 文/犬丸治(演劇評論家) 新・團十郎として、肚芸という演技術に向き合うときは必ずくる。 新たな年は、市川海老蔵にとって「十三代目市川團十郎白猿」襲名の年でもあります。五月から三か月に亘って歌舞伎座で催される襲名興行は、歌舞伎界挙げての空前の盛儀で、五輪との相乗効果もあって歌舞伎ブームがいやますことでしょう。今月の新橋演舞場は、海老蔵の名での最後の本興行になります。 その夜の部の最後の演目が『雪月花三景・仲 […]

芸能と文化
ネズミだって、舞台の上ではカブキます! 子年に見たい歌舞伎演目3選

2020年の干支はネズミ。実は、歌舞伎にネズミが出演する演目があるのをご存じですか? そして、舞台では、ネズミもカブいているのです! 歌舞伎には、様々な動物が登場します。登場する動物の大きさも様々です。 ネズミや小さな鳥、蝶のように小さい動物は、「差し金」という黒塗りのよくしなる棒状の素材の先端に小動物のぬいぐるみをつけた小道具を、後見や黒衣(くろご)が操ります。大きい動物は、着ぐるみの中に役者が入るもの、手に持って動かす人形もの、派手な仕掛けのものなどがあります。 動物を演じる役者の名前は、歌舞伎のプログラムである筋書やチラシ・ポスターなどに記載されないことが多いのですが、動物の所作のカブキ […]

芸能と文化
プロレスは歌舞伎の夢を見るか?実は多い5つの共通点

「プロレス」と聞いて何を思い浮かべますか?アントニオ猪木さんやジャイアント馬場さん、それとも後楽園ホール。最近だとブシロードや棚橋選手でしょうか。 最近は「プ女子(=プロレス好きの女子)」なる言葉も生まれ、新たなファン層へと広がっています。ライターは「ドラゴンゲート」ファンで、歌舞伎ファン。今年一年、和樂webでは歌舞伎の記事をせっせと書いてきました。ある日、「実は好きな理由が似ているのかも!?」とひらめきが。企画を練っていたら和樂webにてフランスの哲学者ロラン・バルトによる「レスリングのよさは、度を超えた見せ物であることだ」(ここでいうレスリングとはプロレスの)、という言葉を発見。プロレス […]

芸能と文化
人間国宝の歌舞伎俳優 片岡仁左衛門、坂東玉三郎、この最強の黄金コンビが演じる、男と女の恋模様『廓文章 吉田屋』

片岡仁左衛門さんと坂東玉三郎さんは、現在の歌舞伎界きっての黄金コンビ! 絵に描いたようないい男といい女…目にも美しく、長年共演してきた阿吽の呼吸で交わすセリフは絶妙な間で心地よく。共に人間国宝(重要無形文化財保持者)が演じる芝居は、歌舞伎ファンはもちろん、歌舞伎初心者にも是非おすすめしたい舞台です。 シネマ歌舞伎でみる、恋しや、伊左衛門! さて、この黄金コンビの名舞台が、1月23日(木)まで、全国の映画館でシネマ歌舞伎として上映されています。収録されているのは、平成21年4月歌舞伎座さよなら公演で上演された名舞台『廓文章 吉田屋』(くるわぶんしょう よしだや)。とはいえ、じつは筆者は歌舞伎の舞 […]

芸能と文化
2020年は歌舞伎にハマってみない?初めての鑑賞におすすめの演目5選

いよいよオリンピックイヤー。前年のラグビーワールドカップ開会式で大役を果たした歌舞伎がどう関わってくるのでしょう。そんな特別な年こそ、400年の歴史を持つ歌舞伎に足を踏み入れてみませんか? CMでもおなじみ「高麗屋」松本幸四郎さん、「カマキリ先生」こと市川中車さん、バラエティで大活躍する市川猿之助さんなど、テレビや映画でおなじみの面々のお芝居(本職)を実際に見ることができるのは歌舞伎の世界だけ!しかも運がよければまとめてみることもできるのが歌舞伎のお得なところです。 ライターは最近はまった新参者ですが、2019年は毎月歌舞伎座に通いました!そんな「初心者歌舞伎オタク」が、2019年に上演された […]

旅と食
玉三郎さま御用達!「SUSHI RESUTAURANT福鮨」の気になるメニューをご覧あれ!

東京・六本木交差点の近く、Hard Rock Cafeの裏手を一歩入った辺りに、創業大正6年、老舗名店の鮨店があります。粋な黒塀には「SUSHI RESUTAURANT福鮨」と欧文の看板を掲げ、まるで海外にでもいるかのようなエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。国際都市・六本木という場所柄、外交官はじめ海外のお客様も多いそうです。また福鮨の近隣には東洋英和女学院小学部があることから、ランチタイムには子供の送り迎えで立ち寄るご婦人たちで賑わいます。そして、なんといっても注目すべきは…実はこの店は、実は女形歌舞伎俳優・坂東玉三郎さん御用達のお寿司屋さんなのです!  坂東玉三郎さん御推薦、「SUS […]

芸能と文化
あの大ヒットコスメの技術が、歌舞伎の化粧に生きていた!? ウテナの「化粧下地油」の秘密

2019年も残りわずか。令和の年を迎え、ラグビーワールドカップでの連獅子披露、そして新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」上演など、歌舞伎も話題になりました。 歌舞伎の舞台を支える大事な道具のひとつが「お化粧」。隈取や白塗り、歌舞伎を観たことがなくても、皆さんきっとご存じのはず。 メイクでキレイな肌を作るには土台が大切ですよね。これは歌舞伎でも同じ!真っ白な肌を作るのに必要なのが「下地油」と呼ばれる油です。 実は今、老舗化粧品会社「ウテナ」がこの下地油を作っているのだそうです!なんと五代目中村雀右衛門さんとの共同開発という本格派。 「ウテナ」と言えば、まとめ髪やおくれ毛を簡単にまとめられる「マトメージ […]

芸能と文化
ラグビーW杯にも登場!紅白のふわふわしたライオンの正体は?連獅子を解説!

ラグビーワールドカップが史上初のベスト8を成し遂げた10月。マスコットの「レンジー」も大活躍でした。また、開会式には「ノーサイド・ゲーム」に出演していた歌舞伎役者である市川右團次さん・右近さん親子が登場。レンジーのモチーフである歌舞伎舞踊「連獅子」が東京スタジアムで演じられました。こちらも世界中で話題に!ラグビーの熱狂とともに、長いフワフワの毛を持つ赤と白の獅子が日本列島を駆け巡りました。 11月は本家本元、歌舞伎座で「連獅子」が上演中!「吉例顔見世歌舞伎」夜の部では、松本幸四郎さん・市川染五郎さんによる、高麗屋二代での連獅子。また、2020年1月「壽 初春大歌舞伎」夜の部で市川猿之助さん、市 […]

芸能と文化
「皇室がまもり伝えた美 正倉院の世界」展に感化され、蘭奢待の香りを追いかけて銀座香箱へ!

若手歌舞伎俳優・尾上右近(ケンケン)が行く! 東京国立博物館で開催中の「皇室がまもり伝えた美 正倉院の世界」展で見た正倉院宝物『黄塾香(蘭奢待)おうじゅくこう(らんじゃたい)』。普段からお香が大好きなケンケンは、蘭奢待の香りを追い求めて、日本香堂にやってきました! 足利義政や織田信長など時の権力者たちが熱望した香木、蘭奢待。基原植物はジンチョウゲ科ジンコウ属の樹木。長さ156㎝の香木の沈香で、樹脂や精油が沈着しています。黄塾香の外面は黒褐色、内面は黄褐色、内部はほとんど空洞にもかかわらず、11.6kgもあります。 もともとは仏教儀礼で仏前を清める目的で東大寺に伝わりますが、その後、正倉院の宝庫 […]

芸能と文化
孤独なテロリストの翳、悪七兵衛景清とは? 演劇評論家・犬丸治さん解説

今月も、演劇評論家の犬丸治さんに歌舞伎の見どころをレクチャーしていただきましょう。2019年11月、国立劇場で上演中の『孤高勇士嬢景清(ここうのゆうしむすめかげきよ)』、中村吉右衛門丈が演じる景清像はいかに? 文/犬丸治(演劇評論家) 江戸の芝居町の賑わいを偲ばせる遺物を発掘! 平成二十年の二月から五月にかけてのことです。東京都中央区の教育委員会は、日本橋人形町三丁目で発掘調査を行いました。ここはかつて「葺屋町」と呼ばれ、中村座・森田(のち守田)座とともに「江戸三座」と称された市村座の西隣にあたります。その結果、江戸の芝居町の賑わいを偲ばせる数々の遺物が発掘されました。その展示会で、「萬吉」と […]

全39件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介