歌舞伎

 

歌舞伎に関する読み物

全31件、1-10件を表示中
芸能と文化
「皇室がまもり伝えた美 正倉院の世界」展に感化され、蘭奢待の香りを追いかけて銀座香箱へ!

若手歌舞伎俳優・尾上右近(ケンケン)が行く! 東京国立博物館で開催中の「皇室がまもり伝えた美 正倉院の世界」展で見た正倉院宝物『黄塾香(蘭奢待)おうじゅくこう(らんじゃたい)』。普段からお香が大好きなケンケンは、蘭奢待の香りを追い求めて、日本香堂にやってきました! 足利義政や織田信長など時の権力者たちが熱望した香木、蘭奢待。基原植物はジンチョウゲ科ジンコウ属の樹木。長さ156㎝の香木の沈香で、樹脂や精油が沈着しています。黄塾香の外面は黒褐色、内面は黄褐色、内部はほとんど空洞にもかかわらず、11.6kgもあります。 もともとは仏教儀礼で仏前を清める目的で東大寺に伝わりますが、その後、正倉院の宝庫 […]

芸能と文化
孤独なテロリストの翳、悪七兵衛景清とは? 演劇評論家・犬丸治さん解説

今月も、演劇評論家の犬丸治さんに歌舞伎の見どころをレクチャーしていただきましょう。2019年11月、国立劇場で上演中の『孤高勇士嬢景清(ここうのゆうしむすめかげきよ)』、中村吉右衛門丈が演じる景清像はいかに? 文/犬丸治(演劇評論家) 江戸の芝居町の賑わいを偲ばせる遺物を発掘! 平成二十年の二月から五月にかけてのことです。東京都中央区の教育委員会は、日本橋人形町三丁目で発掘調査を行いました。ここはかつて「葺屋町」と呼ばれ、中村座・森田(のち守田)座とともに「江戸三座」と称された市村座の西隣にあたります。その結果、江戸の芝居町の賑わいを偲ばせる数々の遺物が発掘されました。その展示会で、「萬吉」と […]

日本美術
歌舞伎俳優・尾上右近さん、東博の「正倉院の世界−皇室がまもり伝えた美−」を行く!

今、若手歌舞伎俳優で注目されている尾上右近さん(こと、ケンケン)が話題の美術展を巡るweb連載。今回は、東京国立博物館で開催中の御即位記念展「正倉院の世界−皇室がまもり伝えた美−」を、東博・研究員の三田覚之さんに案内していただきました。 ご存知、奈良の正倉院では毎秋、琵琶や鏡やガラス食器など、選りすぐりのご宝物が出展される正倉院展が開催されており、全国から1日1万人以上の来場者が訪れ、奈良はホテルが不足するほどの人気です。 今年は、天皇陛下御即位というご慶事を記念して、なんと、東京国立博物館に正倉院のご宝物がやってきました。その数43件。しかも、毎年の正倉院展の目玉に匹敵するほどのオールスター […]

芸能と文化
知ってた?KISSが!デヴィッド・ボウイが!愛した歌舞伎の化粧をお見せしましょう

歌舞伎 Vale Tudo! 「Vale Tudo(バーリ トゥード)」とは、ポルトガル語で「何でもあり」という意味。いつの時代も観客を楽しませるために、歌舞伎はなんでもありの変化を遂げてきました。400年もの間、人々に愛されてきた理由こそ、まさに Vale Tudo! また、観客だけでなく、世界中のアーティストにも大きな影響を与えたことは、あのメイクで合点が行くはず! ロックが惹かれた歌舞伎の化粧 デヴィッド・ボウイ。1973年のロンドン公演のバックステージにてメーク中。(TopFoto/アフロ) 1973年、デヴィッド・ボウイが「さくら色の頬と、キューピッドのような唇」で巡った世界ツアー。 […]

芸能と文化
え!プロレスと歌舞伎がそっくり?ジャイアント馬場の16文キックには型の凄みがある!

日本の伝統芸能である歌舞伎を、世界のエンタメと比べ共通点をみつけてみることで、その意外な面白さや楽しみを発見! 今回は、身長210cm、体重136kg、日本プロレス界史上最大の巨体をもつジャイアント馬場と、『暫』に登場する歌舞伎のスーパーヒーロー・鎌倉権五郎景政を比べてみました。 プロレスは歌舞伎の荒事だった! 歌舞伎の演目で、歌舞伎十八番の一つである『暫』。悪人が善人を斬ろうとしたそのときに「しばらく〜、しばらく〜」と言いながら、巨大な柿色の素襖をまとう江戸の英雄がゆったりと現れ、悪人をやっつける物語です。 車鬢の鬘に、三升の紋の入った素襖を纏い、ピンチの場面で必ず登場する歌舞伎のスーパーヒ […]

芸能と文化
『音菊天竺徳兵衛』の「屋台崩し」はドリフターズ「全員集合」の大仕掛けへと繋がる! 演劇評論家・犬丸治さんが解説

毎月、演劇評論家の犬丸治さんに歌舞伎の味わいどころをレクチャーしていただく連載です。今月は、10月から国立劇場で上演されている『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)』、さらに歌舞伎座昼の部で上演中の『江戸育お祭佐七』について教えていただきます。幽霊妖怪は重扇(音羽屋・菊五郎)ではないと様にならないそう。 「音菊(おとにきく)」、評判のお家芸 文/犬丸治(演劇評論家) まずは、この写真を御覧ください。大屋根にはみ出さんばかりの大蝦蟇(おおがま)が出現し、その上に乗っているのは六代目尾上菊五郎の天竺徳兵衛です。昭和十年(1935)九月の歌舞伎座「音菊天竺徳兵衛」の舞台写真ですが、八十年以 […]

芸能と文化
ピューロランドから始める歌舞伎入門! サンリオキャラクターが演じる「KAWAII KABUKI」がアツい【東京】

サンリオピューロランド(以下、ピューロランド)とは、本格的なショーやパレードを作り、多数のアーティストとのコラボ企画や、「インスタ映え」するスポットの多さでも最近人気の、サンリオが誇る室内型テーマパークです。近年は海外からも大人気!東南アジアを中心に数多くの観光客が訪れています。 2018年から、人気のミュージカルショーに「KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~」(以下、KAWAII KABUKI)が仲間入り!松竹株式会社(以下、松竹)が監修した観客参加型本格派エンターテインメントショーです。 歌舞伎未経験でも楽しめる! 「KAWAII KABUKI」を観に行こう 脚本・演出は […]

芸能と文化
ランチ価格で観劇? 歌舞伎座「一幕見席」を知っていますか?

歌舞伎って、長時間お行儀よく座って観劇するもの&高価で敷居が高いイメージがありませんか? 実は、歌舞伎座には、自分の好きな幕(お芝居)をランチ価格(500円~1,700円程度)で、お得に気軽に観劇できる「一幕見席(ひとまくみせき) 」チケットがあるんです! 一幕見席、知っていますか? 一幕見席の料金 武者小路あずき(以下、あずき):画像だと見にくいかもしれないから。 「秀山祭九月大歌舞伎」の幕見席の料金は、こんな感じ。 ★=== (参考)一幕見席の料金 ===★ 【昼の部】 一幕目『極付幡随長兵衛』    1,700円 二幕目『お祭り』         500円 三幕目『伊賀越道中双六 沼津』 […]

芸能と文化
なんか、タイトルすごい…シネマ歌舞伎「女殺油地獄」の魅力を徹底解説!

「女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)」。インパクト抜群なタイトルをもつこの作品は、近松門左衛門によって300年以上前に作られました。そんな歴史ある演目「女殺油地獄」が、2019年11月8日(金)に、シネマ歌舞伎として全国公開します! 「女殺油地獄」とは? 1721年、人形浄瑠璃として初演されましたが、センセーショナルな作品ゆえに、しばらく上演の機会に恵まれませんでした。しかし明治時代に評価が見直され 、歌舞伎としても上演されたことで人気が爆発。関西の歌舞伎を代表する作品のひとつとして今日まで幾度も演じられています。 油まみれになり逃げ回るお吉と、必死に追う与兵衛。血みどろで繰り広げられる […]

芸能と文化
「らしさ」を表現して個性を描く。歌舞伎の化粧・隈取とは?

歌舞伎の象徴的な演出のひとつである隈取。白塗りに紅と墨で施した大胆な見た目は、強烈なインパクトを残し、見る者を惹きつけます。 では、その隈取には一体どのような意味があるのでしょうか?今回は、日本橋にある『歌舞伎太郎』の講師・立花志十郎さんに取材し、隈取について詳しく伺ってきました! 役柄の「らしさ」を引き出す歌舞伎の化粧 そもそも歌舞伎には、隈取をはじめとしたさまざまな化粧方法がありますが、立花さん曰く、それらはすべて「らしさ」を追求するためのものなのだそうです。 「歌舞伎はよく“らしさ”の芸能といわれます。例えば女形だからって、別に女性をまねているわけではないんです。男が演じるので、女にはど […]

全31件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介