禅に関する読み物

全20件、1-10件を表示中
日本美術
雪舟とは? が、3分でわかる! その人生と代表作を徹底解説

日本美術史上、水墨画で最も有名な絵師といえば、雪舟等楊(せっしゅうとうよう)ではないでしょうか。教科書にも載っているので、日本人ならその名前を一度は聞いたことがありますよね。そんな雪舟ですが、その人生は意外と知られていません。いかにして水墨画を極めていったのか。出生から晩年まで、謎多き放浪人生をひもといていきます。 水墨画の巨匠・雪舟の人生とは? 幼いころから画才を発揮 雪舟は、応永27(1420)年に備中国(現岡山県総社市)に生まれました。10歳のころには、現在の岡山県にある「宝福寺」に預けられ、禅僧としての道を歩み始めたと伝わります。この宝福寺には、小僧時代にお仕置きで柱に縛り付けられた雪 […]

芸能と文化
禅とは?禅の歴史も解説!禅を問い続けた名僧7人まとめ

禅の歴史〜どのように日本に来た?〜 そもそも禅とは、どんな歴史をたどってきたのでしょうか? そして、禅を支え、今に伝えた人物とは? ここでは、禅の大きな流れをひもといてみることにいたしましょう。 現在日本に伝わる仏教には、いくつかの宗派がありますが、そのほとんどは、経典の文字や言葉を頼りに教えを学びます。一方禅は、坐禅などの修行を通じ、釈迦の悟りを自らの身を以て追体験することを旨とします。修行の過程で、言葉では表現できない何かを会得し、釈迦の教えを学び取るのです。ちなみに「禅」という言葉そのものは、仏教における三つの実践行のひとつ「禅定(ぜんじょう)」の略で、ひとつのことに心を注ぐことを意味し […]

旅と食
南禅寺に瑞泉寺。禅の心を感じることができる名庭ベスト4

禅の名庭は京都を中心として、枚挙にいとまがないほどです。そんな中から禅の庭の発展を知る上で欠かすことのできない4つの庭を選びました。眺めていると、それぞれの庭に込められた禅の心が伝わってくるようです。 解説・宮元健次(和樂2007年3月号より) 茶道とのかかわりから生まれた織部好みの庭「龍興山 南宗寺 臨済宗」(大阪・堺市) 南宗寺の創建は1526年、京都・大徳寺の住職であったこ古嶽宗旦(こがくそうたん)がこの地にあった小院を南宗庵と改称したことが始まりです。その後、三好長慶によって大規模な寺院が造営されますが、戦災による焼失と再建をくり返し、現在にいたるまで大阪府で唯一の臨済宗専門道場として […]

日本美術
良寛の人生の書5選!酒や竹が好きだったのね

江戸の僧侶・良寛和尚は、詩歌や書に優れ、多くの和歌や漢詩を残しました。純真で高貴な精神に溢れた書は、人間的で、見る者の心をなごませてくれます。今回は、良寛さんが書いた作品10をご紹介。そこに潜む純粋でナイーブな人柄をひもときます。 1 人を想い、心を込めて書いた詩 良寛さんのこの漢詩の楷書は悠々としたリズムで、ゆっくりと一本一本の線に心を込めて書かれています。 「漢詩 聴於香積山有無縁法事随喜作」縦27.7×横35.7㎝ 文政11(1829)年、新潟県の三条周辺で大地震が起こりました。古文書には「即死者76人」と記録があるほどの大災害。三条は良寛さんがよく托鉢に赴いた場所で、八幡宮の境内で一緒 […]

日本美術
良寛とは?を書で検証!実は忘れん坊だった?

江戸の僧侶・良寛和尚は、詩歌や書に優れ、多くの和歌や漢詩を残しました。純真で高貴な精神に溢れた書は、人間的で、見る者の心をなごませてくれます。今回は、良寛さんが書いた作品10をご紹介。そこに潜む純粋でナイーブな人柄をひもときます。 前編はこちらから! 6 寂しがり屋の一面も… 良寛さんは、詩歌を詠んだり、書道に打ち込んだり、好んで「一人遊び」にいそしんでいたことは知られています。が、寂しがり屋の一面もあったようです。 「和歌 わがやどは」縦26.8×横28.8㎝ ときに人恋しくなることもあったようで、そんなときは、友人に来訪をうながす和歌を送っています。 「わが宿は国上山もと恋しくば 尋ねて来 […]

日本美術
良寛さんの生い立ちとは? 無一物で自由に生きた74年の生涯

良寛和尚というと村の子供たちとかくれんぼをしたり手鞠をついて遊ぶ、素朴で優しい姿を連想します。ですが実際は、曹洞宗の托鉢僧で、師の大忍国仙や高祖道元の教えを守り、生涯寺を構えず、妻子をもたず、物質的にも無一物に徹して、清貧の思想を貫いた人でした。今回は、そんな良寛さんがどんな人生を歩んでいたのか、その生い立ちをみていきます。 純粋無垢な幼少期の良寛さん 良寛さんは宝暦8(1758)年に越後国(新潟県)出雲崎の名主橘屋、山本家の長男として生まれました。幼少期は手習いをすることも書物を読むことも激しく拒み、人の注意も気にすることなく、また、朝寝坊して、気ままに過ごす子供だったようです。ところがある […]

日本美術
当時の様子を今に伝える、NEWタイプな国宝『瓢鮎図』の謎を解く!

この男は瓢箪をもって何をしようとしているの? 霞がかった山々を望む、小川が流れ込む沼の中島に何やら異様な姿の男が立っています。男は手に持った瓢簞を、沼の中を泳いでいる鯰の上に今にも差しだそうとしています……。如拙『瓢鮎図』紙本墨画淡彩 111.5×75.8㎝ 室町時代(15世紀) 退蔵院 なんとも不思議な情景が描かれた水墨画はいったい何を表しているのでしょうか?その謎を解くヒントが絵の上部に書かれたたくさんの画賛に隠されています。 それによると、室町幕府4代将軍・足利義持の「瓢簞で鯰を押さえとることができるか」という問いかけに応じ、画僧・如拙が絵で問いを描き、京都五山の高名な禅僧31人がその答 […]

日本美術
「仙厓ワールド」で禅画に魅了されてみませんか?@永青文庫

東京の文京区にある永青文庫で、禅画の名手、仙厓の作品を10月から1月までという3ヶ月半もの間展示するという『仙厓ワールド』が開催中なのはご存知でしょうか!?禅画についての勉強を始め、まだたったの2ヶ月の私、yuですが仙厓の作品は「禅=難解」というイメージをとりはらってくれた、ひと目みて思わずくすりとしてしまうハッピーなもの!そんな仙厓さんに魅かれ、すっかりファンになってしまった私。今回の展覧会は楽しみで楽しみで足早に永青文庫へと向かいました。 永青文庫は東京メトロ早稲田駅から徒歩15分ほど。早稲田大学の学生に紛れながらどんどんと歩き(ダイエットにもいいですよ!)、階段を上ると雰囲気のある建物が […]

日本美術
日本美術初心者がゆく展覧会「禅 —心をかたちにー」後期展

今、史上最大規模の禅に関する展覧会「禅―心をかたちに―」が東京国立博物館で開催していることをご存知でしょうか?ですが、禅ってどこが面白いんだろう?なんだか難しそう!なんてぶつくさ言っていると、和樂編集長の暴君洗馬さんに「グズグズ言わんと見てこんかい!」と怒鳴りつけられてしまいました。こわーい!というわけで、今回は編集長が面白いという禅に疑問を持つ日本美術ビギナーの私、yuが11月8日から始まっている後期展示をレポートします。 今回の展覧会は「禅宗の成立」「臨済禅の導入と展開」「戦国武将と近世の高僧」「禅の仏たち」「禅文化の広がり」の5章に分かれており、様々な角度から禅を学ぶことができます。です […]

日本美術
白隠(はくいん)とは?白隠の人生とかわいい禅画を解説

臨済宗中興の祖にして500年にひとりと称えられた高僧・白隠慧鶴(はくいんえかく)。駿河に生まれ、全国を行脚した後に再び駿河で教えを説いた白隠は後に「駿河には、すぎたるものがふたつあり、冨士のお山に原の白隠」と、その功績を富士山にも匹敵するとたたえらています。そんな偉い禅僧でありながら、白隠が描いた“禅画”には、多くの人が禅に対して抱いていたメージをくつがえしてしまうほどの破天荒なパワーが。今回は、なぜ人々が白隠の禅画に魅了されるのか、その謎を紐解きます。 白隠の人生 白隠の生い立ち 白隠は、貞享2(1685)年、称津駿州原宿(沼津)に生まれました。仏教の道に足を踏み入れたのは8〜9歳のころ。母 […]

全20件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介