グルメ

 

グルメに関する読み物

全35件、1-10件を表示中
旅と食
塩分糖質ひかえめでグルテンフリー!料理のレベルUPに使える「たまり醤油」

濃厚な風味と色合いが特徴の「たまり醤油」。たまり醤油と言えば「お刺身用に使うもの」「ドロドロしていて塩気が強い」と思っている方も多いかもしれません。 でも実は、昔ながらの製法で丁寧に作られるたまり醤油は、いろいろな料理を美味しくしてくれることをご存知でしょうか。たまり醤油そのものの旨味や甘味を生かせば、減塩・減糖にもつながります。 さらに、小麦を使わず大豆と塩だけで作られるため「グルテンフリー」。たまり醤油は、欧米を中心に海外でも大人気の調味料なんです。 今回は仕込み蔵を訪ねて学んだ、たまり醤油の魅力とその使い方についてご紹介します。 まず、たまり醤油とは たまり醤油は、愛知県特有の「豆味噌」 […]

旅と食
和菓子?珍味?地域によって全く違うゆべしは源平時代生まれの保存食だった!

冬に旬を迎える果物「柚子」。独特のいい香りがあり、料理を引き立ててくれます。 この柚子を使った保存食のひとつ「柚餅子(ゆべし)」。全国各地で味も形も全く異なることをご存知でしょうか。 柚餅子と聞くと、和菓子をイメージする方が多いようですが、実は珍味の柚餅子もあるんです。今回は、珍味の柚餅子を手作りしてみて分かった、奥深い世界についてご紹介したいと思います。 保存食として生まれた「柚餅子」 柚餅子が生まれたのは、11世紀末から12世紀にかけての源平の時代。その頃の柚餅子は、柚子の中に味噌や木の実などを詰めて蒸し、乾燥させた保存食・携帯食でした。 時代が進むにつれて、甘味を強くした和菓子なども登場 […]

旅と食
フワフワっぷりがたまらんゾ。江戸っ子も愛した味を求めて、卵焼き専門店へ【東京・王子】

東京都北区、JRや地下鉄・都電も乗り入れる、にぎやかな王子駅。駅の北口からほど近い静かな路地に、ぽつんとたたずむ屋台風の店があります。 ここは玉子焼きの専門店「扇屋」。 「扇屋」の「厚焼き玉子」は甘ーい味わいの関東風。カツオ出汁の旨みがしっかり利いて、お酒が欲しくなるおいしさ。手焼きにこだわり、焼きたてはふわっふわ、少し時間がたつとしっとりとした食感が楽しめます。国産鶏のひき肉と三つ葉が入った玉子焼き「親子焼き」は食べ応えのあるひと品で、連日早い時間に売り切れてしまうそう。この日もすでに売り切れでした(泣)。 時間帯によってはお客が列を作り、玉子焼きを2つ3つとまとめ買いしていく姿が。化粧箱に […]

旅と食
こんなに可愛い甘酒があるんだ〜! SNS映え間違いナシな「糀ドリンク」で心も体も健康に

カクテルやアフタヌーンティー、タピオカドリンクなど世の中には「映える」ドリンクがいっぱい。どれもこれも海外発祥のドリンクですが、日本だって負けていません。 今回は映える甘酒、古町糀製造所さんの「糀ドリンク(甘酒)」をご紹介します。 糀ドリンク(甘酒)の華やかなパッケージと、身体に嬉しい健康効果について古町糀製造所のブランドマネージャーである小畑宏樹さんにお話を伺いました。 新潟県の糀甘酒専門店「古町糀製造所」 今回お話を伺ったのは、新潟県新潟市にある糀甘酒専門店「古町糀製造所」さん。銀座のおむすび屋さんが素材選定しているなかで出会った糀の魅力を伝えるために生まれました。 新潟の総鎮守である白山 […]

旅と食
これこそ本当の贅沢!静岡県民馴染みの駅弁「東海軒幕の内弁当」を1950年代の感覚で味わう

静岡から東京まで、新幹線で移動した。 腹が空いていたので、売店で駅弁を買う。この日はたまたま朝食を抜いてしまった。気負いも影響していたのかもしれない。一ツ橋にある小学館本社で打ち合わせをするために上京するのだが、数年前まではこのような大企業のオフィスに近づくことすらもできなかった。今の立場には感謝している。 それはともかく、駅弁である。 東海軒の幕の内弁当。静岡県民、とくに静岡市内在住の者にとっては定番の弁当だ。今回の記事では、この幕の内弁当について書いていきたいと思う。 東海道線最古参の駅弁 東海軒は、駅弁業界では最古参の老舗である。 1889年に東海道線静岡駅が開業した際、それに歩調を合わ […]

旅と食
和食もパンケーキも間違いなし! ハワイ茶人太鼓判の地元飯ベスト3【一期一会のハワイ便り9】

年末年始は海外旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。そのなかでも最も人気のある場所といえばハワイ! 寒風吹きすさぶ日本を脱出して、空港に降り立つと、サッと頬をなでる心地よい風と光。うーん、ハワイの休暇はサイコーですよね。(実は編集者の私は、ハワイに一度も行ったことがありませんので妄想マックスです) ハワイでのお楽しみのひとつといえば、食事かもしれません。そこで今回は、ハワイ在住のミセス茶人、オノさんがおすすめするご飯どころをご紹介します。茶人でもあるオノさんのお気に入りベスト3は、日本文化を味わえたり、歴史のあったり、地元民がこのなく愛するところばかり。ハワイにはいろんな和食処があります […]

旅と食
「愛」と「変化」で歴史を作り出す!50年以上チロルチョコが愛される秘密とは?

日本人なら誰しもが一度は食べたことがあるであろう定番お菓子のひとつ、チロルチョコ。 実は50年以上も前から販売されている超ロングセラー商品だってご存知でしたか? 現在も毎月のように新商品が登場し、子供から大人まで幅広いユーザーの心をつかみ続けているチョコレート。 このように長い間愛される秘密はどこにあるのでしょうか? 今回はその理由を探るべく、チロラー(チロルチョコファン)歴10年以上の私が、チロルチョコ株式会社の松尾利彦会長にお話を伺ってきました! チロルチョコの誕生からロングセラーアイテムになるまでの軌跡 チロルチョコはどのようにして生まれ、そしてどのような軌跡を歩んで現在のような盤石な人 […]

旅と食
野生のリスもやってくる!野菜たっぷり体にやさしい隠れ家レストラン「日進月歩」【和歌山】

寒さがしんしんと身に沁みる季節となってきました。底冷えする町を歩いていると、無性に体にやさしい温かなものが食べたくなります。そんな時、和歌山在住の私が足を運ぶのが和歌山市雑賀崎にある「和創作料理 日進月歩~cuisine~」です。 雑賀崎は海にほど近い漁師町として知られたところです。が、「日進月歩」は山の方へどんどん坂を上った住宅地の中にあり、最初に訪ねた時には、「えっ、本当にこんな場所にレストランがあるの?」と不安に思ってしまったほど。緑豊かな木々に囲まれた、隠れ家のようなレストランです。 店主の道脇勇気さんは、もともと和食の料理人だったそうです。 「和食は極めると、器の知識も重要になってく […]

旅と食
刀剣ファン垂涎のチョコレート菓子が新登場!「鍔ちょこ」のクオリティがすごいゾ

人気ゲームの波及効果で、刀剣ブームが起きてから数年余り。ファンの多くにとって刀剣への関心の対象は、ひとえに優美な反りが入った刀身であり、「山鳥毛(さんちょうもう)」や「鬼切丸」といった名刀・妖刀にまつわるエピソードだと思います。 ですが、日本刀にはもう1つ別の面白さがあります。それが、刀身以外の部分、つまり刀身を収め、装う「刀装具」です。 刀装具には、手で握る部分の「柄(つか)」、柄につけられた飾り金具である「目貫(めぬき)」、刃を収める「鞘(さや)」などありますが、特に注目したいのが「鍔(つば)」。鍔とは、刀身と柄の間にあって、柄を握る手が刃へと滑るのを防ぐとともに、敵から防護する役割をなす […]

芸能と文化
建築好き垂涎!東京神田の「学士会館」で食せよクラークカレー

新陳代謝の早い東京の街にあって、そこだけ時間の流れがゆっくりと感じる建物があります。神保町駅からほど近い、神田錦町の「学士会館」。黄土色のスクラッチタイルを全面にまとった建物は、重厚かつ端正な洋館建築。「学士会館」の名称と、中折れ帽に背広の紳士が出入りする光景に尻込みするかもしれないけれど、大丈夫。宴会場やホテル、そしてレストランは一般客も使うことができるのです。 アーチ型の入り口の横に、平成15年(2003年)に復元された大灯籠がある 学士会館とは? そもそも「学士会館」とはなんなのか。旧帝国大学(現在の国立7大学-北海道大・東北大・東京大・名古屋大・京都大・大阪大・九州大)出身者の親睦と知 […]

全35件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介