グルメ

 

グルメに関する読み物

全44件、1-10件を表示中
旅と食
冴えない男たちのメシがブランドになるまで。なぜB級グルメは定番になったのか?

まだ東京が今よりもずっと汚かった1970年代の中頃。夕暮れの新橋に気取ったやつなど、一人もいない。つい数年前まで、闇市のままだった駅前広場のあたりには、ようやく話がついたのか下の方を白い格子の壁が覆うビルになった。それでも、ガード下のほうに回れば風景は相変わらず。 広場には早足で改札を目指す者もいれば、たむろする者も。ドブねずみ色のスーツで煙草を吸いながら家路につく者。今日はどこの居酒屋に入ろうかと相談する者。麻雀の約束を家族に電話でどうやって誤魔化そうかと考えあぐねている者……。 「なあ『シクラメンのかほり』聞いた?」 「最近のじゃ『襟裳岬』のほうが好きだな」 「映画でも見ようか」 「今週の […]

旅と食
石田三成も愛した料理、お粥。歴史や効能・小豆粥やニラ雑炊などおすすめレシピも紹介

コトコトと食材を煮ていると、キッチンに広がってくるいい香りと温かさ。ゆっくりと火が入った料理は身体に染み込む味わいがありますが、その代表的なものと言えばやっぱり「お粥」ではないでしょうか。 5月の連休が終わると、「五月病」という言葉をよく聞くようになります。食欲がわかない、集中できない、ぐっすり眠れないなどの初期症状が出やすいのだとか。特に今年は、新型コロナウィルスによる外出自粛が続いており、普段とは違った心身の疲れを感じている方も多いかもしれません。 お粥はそんな時にもぴったりの料理。消化しやすいだけでなく、身体を内側から温めて心身をやさしく癒してくれます。実際に、お粥にはとても古い歴史があ […]

旅と食
時短料理におすすめ「干し野菜」とは?作り方レシピや食べ方・メリット・適した野菜も紹介

寒い冬が終わり、ようやく心躍る春がやって来たと喜んでいたら、おこもり生活がスタート。太陽がさんさんと降り注ぐ外の景色を眺めながら「あー、今日もいい天気だなー」とひとりつぶやいてみる。そんな日々を繰り返すうちに、ある課題が自分のなかにふつふつと湧いてきたんです。 外出自粛という大切な時期を過ごしながら、この素晴らしい太陽の恵みを身体いっぱいに味わうことはできないだろうか。 そう考えていて、真っ先に思い出したのが「干し野菜」。 簡単に作れて、栄養たっぷりで、じんわりとした美味しさ。保存性も高まるし、時短料理にも向いている。 これって、私たちが最近欲しているものばかりではないでしょうか!? 干し野菜 […]

旅と食
こりゃ目から鱗!熟れ鮨から生まれた新感覚ピザに注目せよっ

この季節、おいしい魚といえば、ふぐ、寒ブリ、あんこう、甲殻類であれば、ダントツでカニ!となります。そんな中で、「鮎」を食べに行こうよ!と言われたら、一瞬「うーん」と唸ってしまいます。やはり鮎といえば、シーズンは5月~10月、初夏から秋にかけて川沿いで塩焼きを食べるというイメージですよね。 ところが、鮎を使ってびっくりするような新感覚発酵料理を編み出したお店があるんです。まさに「目から鱗」の鮎の発酵料理をご紹介します。 1300年以上の歴史を持つ岐阜・長良川の鵜飼い その前に鵜飼についてちょっとご紹介します。岐阜・長良川は、1300年以上前から鵜飼の歴史と共に歩んできた町です。2015(平成27 […]

旅と食
巧みなメディア戦略で年商25億!オリエンタルカレーの味とアイデアに唸る!

それなりの時間生きているが、少なくとも日本人でカレーが嫌いという人に出会ったことがない。 辛さの強弱や具材への好き嫌いはあるものの、ラーメンと並ぶ日本の国民食の一つと言いきっても誰も異論は唱えないだろう。 そこまでカレーが普及した立役者と言えば、カレールゥだ。 にわかに信じられないかもしれないが、戦前の日本では庶民が家庭で手軽に作れるような料理ではなかった。 カレー粉は存在していたが、とろみのあるカレーにするためには小麦粉でルーを作ることから始めなければならなかったからである。和食がまだ主流だった時代、つまりは非常に手間のかかる料理であったのだ。 カレー粉やスパイスの複雑な調合なく、誰でも簡単 […]

旅と食
魚のうまみがじゅわっ!老舗「鈴廣」のできたて小田原かまぼこを味わってきた

みなさんは、かまぼこって好きですか? わたしは好きでも嫌いでもない…というのが正直なところ。お正月のかまぼこだって「1本1,000円とかびっくり、お安いので十分でしょ」と思うのですが、練り物好きの家族は「いいかまぼこはおいしい(たまには高いのが食べたい)」と言うのです。 それって本当? かまぼこで有名な小田原の老舗「鈴廣かまぼこ」へ取材に行ってきました。 訪ねたのはこちら、鈴廣蒲鉾本店のすぐ隣にある「かまぼこ博物館」です。伝統的なかまぼこの作り方や職人の技術、栄養について学ぶことができるほか、かまぼこ&ちくわ作りの体験もできるんですって。 かまぼことちくわは同じものだった!? ところで、かまぼ […]

旅と食
和菓子じゃないよ珍味だよ!八丁味噌を使った愛知県の郷土料理「いなまんじゅう」ってなに?

「珍しい味」と書いて「珍味」ですが、珍味はただ「珍しい」だけでなく、その土地の食文化や風土がギュッと詰まったものがたくさんあります。 今回ご紹介する「いなまんじゅう」もそのひとつ。知る人ぞ知る、愛知県海部郡蟹江町を代表する郷土食のひとつで、和菓子ではなく料理!本などでもたびたび紹介され、珍味やお酒が好きな方の間でよく好まれています。 以前から気になっていた料理ですが、今回作り手を訪ねてみて衝撃を受けたのは、イナを採る人が少なくなり「いなまんじゅうが作れない!」という厳しい状況にさらされているということ。 昔から祝いの席には欠かせない料理として親しまれてきた、いなまんじゅう。この伝統ある料理を後 […]

旅と食
具材は30種類!?グルメな有名人も太鼓判!西麻布の名店「呼きつね」絶品いなり寿司の秘密

ここ数年、空前のいなり寿司ブームだってご存じですか?宴会の食べ物だったかつてとは打って変わり、革新的ないなり寿司が次々に登場。メディアでも数多く取り上げられています。 そんないなり寿司ブームの火付け役でもある隠れた名店「西麻布 いなりや 呼きつね」が2020年1月7日に店舗を移転!六本木の隠れ家から、東京ミッドタウンの目の前という、大通りすぐそばになり、より買いやすくなりました♪ 日によっては数千個も売れるといういなり寿司。芸能人からの人気が高い「呼きつね」の秘密とは?オープンしたての新店にお伺いしてきました! 日本人のソウルフード!いなり寿司は江戸時代生まれ いなり寿司の発祥には諸説あり、江 […]

旅と食
塩分糖質ひかえめでグルテンフリー!料理のレベルUPに使える「たまり醤油」

濃厚な風味と色合いが特徴の「たまり醤油」。たまり醤油と言えば「お刺身用に使うもの」「ドロドロしていて塩気が強い」と思っている方も多いかもしれません。 でも実は、昔ながらの製法で丁寧に作られるたまり醤油は、いろいろな料理を美味しくしてくれることをご存知でしょうか。たまり醤油そのものの旨味や甘味を生かせば、減塩・減糖にもつながります。 さらに、小麦を使わず大豆と塩だけで作られるため「グルテンフリー」。たまり醤油は、欧米を中心に海外でも大人気の調味料なんです。 今回は仕込み蔵を訪ねて学んだ、たまり醤油の魅力とその使い方についてご紹介します。 まず、たまり醤油とは たまり醤油は、愛知県特有の「豆味噌」 […]

旅と食
「ゆべし」は源平時代生まれの保存食だった!珍味としてのゆべしを手作り体験

冬に旬を迎える果物「柚子」。独特のいい香りがあり、料理を引き立ててくれます。 この柚子を使った保存食のひとつ「柚餅子(ゆべし)」。全国各地で味も形も全く異なることをご存知でしょうか。 柚餅子と聞くと、和菓子をイメージする方が多いようですが、実は珍味の柚餅子もあるんです。今回は、珍味の柚餅子を手作りしてみて分かった、奥深い世界についてご紹介したいと思います。 保存食として生まれた「柚餅子」 柚餅子が生まれたのは、11世紀末から12世紀にかけての源平の時代。その頃の柚餅子は、柚子の中に味噌や木の実などを詰めて蒸し、乾燥させた保存食・携帯食でした。 時代が進むにつれて、甘味を強くした和菓子なども登場 […]

全44件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介