グルメ

 

グルメに関する読み物

全16件、1-10件を表示中
旅と食
狩猟文化が生きている! 奥三河の秘境で ジビエを味わい尽くす!【愛知】

秋が深まる頃になると、高級フレンチレストランのメニューに登場するジビエ料理。狩猟解禁となる11月15日以降、エゾジカや野ウサギ、山鶉(やまうずら)など新鮮なジビエが手に入るため、それらを楽しみに待っている食通も多く、ボジョレー・ヌーボーの解禁も相まって、一気にジビエムードが広がります。 そもそも『ジビエ』とは、フランス語で野生鳥獣類の食肉のことを指し、中世以降、フランスでは貴族たちが狩猟を楽しみ、それらの食肉を美食として楽しんだことに由来しています。 ルイ14世が好んだフランス料理の最高峰と言われる「王家の野ウサギ」といった煮込み料理をはじめ、高級食材として重宝されていました。 日本人も昔から […]

旅と食
ガトーショコラでカカオ農家を救う⁈「Kuroneco Jack」の持つ“美味しくて優しい世界観”とは?【金沢】

誰にでも、理想はある。 他人を思いやる世界になればいい。環境に優しい暮らしをしたい。世界から貧困がなくなればいい。ただそれを想い続けるか、それとも一歩前に踏み出して行動するか。 2019年5月、石川県金沢市にオープンした店がある。その名も「Kuroneco Jack(クロネコジャック)」。洋菓子屋の中でも珍しいガトーショコラ専門店だ。 理想のために一歩前に踏み出すことを選択した「Kuroneco Jack(クロネコジャック)」。2019年11月11日より通信販売も開始され、いよいよ波に乗る。今回は、ガトーショコラ1本で勝負し、美味しさと優しさを追求する彼らの世界観に迫る。 ガトーショコラ一択の […]

旅と食
今、犬山城下町がアツい! 古地図片手に ぶらり町歩き&スイーツ三昧を楽しみませんか【愛知】

国宝犬山城は、日本最古の木造天守を持ち、行きたいお城ランキングでも常にトップ10に入る名城ですが、その魅力は天守だけにとどまりません。犬山城は城下町と一体となったいわゆる総構えの町づくりで、400年以上前の江戸時代から変わらない町割り(町の区画)がそのまま残っている貴重な城下町なのです。 今、その犬山城下町がオリジナルスイーツであふれ、若い女性を中心に大人気となっているのをご存じですか? 週末ともなれば、原宿竹下通りの様相で、スマホ片手にインスタ映え写真を撮る姿があちこちで見られます。さらに人気のお店には大行列が!まさに天下無敵のスイーツパラダイスとなっているのです。 串グルメからパフェまで、 […]

旅と食
六花亭のスウィーツからラム肉まで! 札幌・小樽のグルメはとにかくアツい【北海道】

「実りの秋」到来!北海道では海鮮やコメ、果物など、旬の食材が百花繚乱です。今回は札幌&小樽の選りすぐりグルメをご紹介。ドライブ&食い倒れの旅が楽しめますよ! 北海道のまちのお菓子屋さん「六花亭」本店 「マルセイバターサンド」をはじめとした、北海道を代表するお菓子メーカーの1つ・六花亭(ろっかてい)。本店は札幌の街中にあります。お土産・催事のイメージが強い六花亭ですが、北海道では「まちのお菓子屋さん」として住民の皆さんにおなじみ。ショップは観光客だけでなく、地元住民でも大賑わいでした。 札幌本店や小樽運河店では箱菓子をバラ売りで販売。ちょっとしたお茶菓子やお子さんのおやつに、まるで駄菓子屋さんの […]

旅と食
11/1は寿司の日!日本全国の変わり寿司を大公開!あなたはいくつ知っている?

その昔、炊いた米の発酵を利用して魚を長期保存したことからはじまった日本の寿司。新鮮な海の幸を享受できるのも寿司なら、ご当地素材や風土、習慣を感じることができるのもまた、寿司の魅力なのです。そんな日本人の智恵や工夫、豊かな食文化が育んだ各地の変わり寿司、郷土寿司、伝統寿司は、知れば知るほど楽しさいっぱい!今や日本各地からお取り寄せも可能なので、お気に入りの寿司を見つけてみませんか? 日本の国民食「寿司(すし)」の発祥は東南アジア!? 東南アジアの山岳地帯から、中国や朝鮮半島を経て、稲作とともに奈良時代に伝わったものが日本の“すし”のはじまりです。もともとは、川魚などを炊いた米とともに長期間漬け込 […]

旅と食
島根の美食を食べつくして健康&美肌に!これも名産なんて知らなかった!

島根県といえばしじみが有名ですが、漁業だけでなく、実は農業も盛ん!街を歩くと、海はもちろん、川が多いことに驚きます。豊富できれいな水のおかげで、お米から果物まで作られています。そのおいしさはグルメをもうならせるほど♪ 身体は食べるものから作られます!島根の美食を味わえば、健康も美肌も手に入るかも? 料理はまずは食材から!島根の美食・素材編 お殿様の号令から今まで!「雲州人参」 島根県の「中海」という湖に浮かぶ島・大根島。ここでは古くから漢方として親しまれてきた「雲州人参」(高麗人参)が栽培されています。歴史は古く、約200年前に藩主の号令によって栽培が始まりました。雲州人参とは、漢方に使われる […]

旅と食
「鯖サミット2019in八戸」11月2・3日開催!サバの大トロ「八戸前沖さば」を東京で堪能!

秋も深まり、バツグンに美味しいシーズンを迎えている魚といえば、サバ! サバファンの団体「全日本さば連合会」で広報担当サバジェンヌとしても活動するわたしも激しい「サバ活」にシーズンイン! サバ好きのみなさん。11月には「サバの一大イベント」も開催されますよ! 全国の多彩なサバ料理が楽しめる「鯖サミット」。全さば連が事務局となって、2014年から毎年、秋に産地およびサバに力を入れている地域を巡回して開催、毎年数万人の来場者で大にぎわい!! 6回目を迎える今年の開催地はブランドさば「八戸前沖さば」で知られる、青森県八戸市。「鯖サミット2019in八戸(主催:鯖サミット2019 in 八戸 実行委員会 […]

旅と食
リール銀座のモンブランがたまらない! 五感で味わうケーキで季節を楽しむ

2015年に東銀座、歌舞伎座近くにオープンした「リール銀座」。MIKIMOTOラウンジ(以下、ミキモト)で長年シェフを務めた横田秀夫シェフが監修する名店です。 オープンから4周年!驚異のリピーター率「リール銀座」 「五感で味わう」をモットーに作られたケーキは、旬のフルーツや素材がたっぷりと使われています。シェフの「スペシャリテ」マンゴープリンなど、定番のデザートに加え、シーズンごとに新作が登場。開店から4年で、なんと160もの新作ケーキが作られているのだとか! 「今しか食べられない」ケーキを追いかけ、週に1度は来店する方、またミキモトラウンジからの十数年にわたる常連さんもいるそうで、その名の通 […]

旅と食
愛猫に導かれて熊本で「太平燕」デビュー!女性にもおすすめヘルシー系中華

太平燕。太平燕。太平燕。太平燕。太平燕…。 読めない漢字の羅列って、睡魔を誘う魔法の呪文みたいですね。 でもね、私は、この文字を味で覚えているから、見ると一気に目が覚めるんです! この言葉の正体は、私が熊本に行ったら真っ先に食べたいもの。 タイピーエン! え゛! タイピーエン? 太平燕との出会い 太平燕(タイピーエン)? 何それ?と思われた方も少なくないことでしょう。私もそうでした。熊本で太平燕を初めて知り、人生初の太平燕を味わった私。それも、私の相棒のうちゅうねこも連れた長距離車旅の道中で、立ち寄る目的地が見えても入り口が分からず、迷子状態で猫テレパシーに頼って着いた先で。 「え […]

旅と食
どら焼きの誕生秘話発見! 船との意外なカンケイにびっくり【東京グルメ】

国民的菓子と呼んでも過言ではない「どら焼き」。明治時代、その原型を生んだ店として知られる和菓子店「梅花亭(ばいかてい)」を訪れると、巷でよく見かける「どら焼き」とは、似て非なる「銅鑼焼」が……。一体なぜこの形!? お店の方に、その誕生秘話を根掘り葉掘りをお伺いしてきました。 ビジネス街の一角に佇む「梅花亭」 日本橋茅場町。証券会社が立ち並ぶこの界隈に、控えめに佇む「梅花亭 本店」。こちら、日本人が愛してやまない和菓子「どら焼き」を考案したお店として知られています。 「梅花亭」本店。創業は嘉永3年(1850)。創業の地は、茅場町からは東京メトロで2駅の場所にある大伝馬町(小伝馬町駅付近) たとえ […]

全16件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介