戦国武将

 

戦国武将に関する読み物

全70件、1-10件を表示中
旅と食
「麒麟がくる」主人公!明智光秀の足跡を辿れるゆかりの地はここだ!

織田信長に仕えたことで有名な戦国武将・明智光秀が、現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公として再び注目を浴びています。そこで今回、数々の偉業を成し遂げ歴史に名を刻んだ光秀の足跡を辿ることができるゆかりの地をご紹介します。 明智光秀の軌跡を辿る、ゆかりの地7選 1.福知山城 1579年頃、明智光秀が織田信長の命を受けて丹波を平定した際、西国攻略に向けた拠点として「福知山城」が築城されました。光秀が築城した中で唯一天守閣があるお城であり、石垣は市の指定文化財となっています。 天守閣は三層四階となっており、展望階からは城下町や丹波の山々を一望できます。 1873年の廃城令により、石垣と一 […]

芸能と文化
現実は、石の投げ合いに取っ組み合い。戦国時代のリアルな戦い方

NHK大河ドラマは、筆者も子供の頃から視聴している。 しかし、この記事では敢えて「大河ドラマの生み出した誤解」について書いていきたい。 「誤解」と書くとだいぶ印象が悪く、もしかしたら抗議されてしまうかもしれない。しかし現実問題として、ドラマの中の描写と実際の光景は別物である。 その最たるものは、合戦のシーンだ。 手にしている者の背丈よりも長い槍を振り回し、押し寄せる敵を突いて殺す。戦国ものの大河ドラマではこのようなシーンがよく出てくるが、「槍で敵を突く」というのは現実的な戦い方ではない。 そもそも、実際の戦闘場面は我々現代人が想像しているよりも地味だった可能性もある。 格闘技は「取っ組み合い」 […]

芸能と文化
豊臣秀吉と明智光秀は似ていた⁈「中国大返し」を紐解いてみるとわかること

歴史上の人物に武勇伝はつきもの。なかでも、ハリーポッター顔負けの一大アドベンチャースペクタルを残したのが、やはり戦国時代を制した「豊臣秀吉」だろう。 まず、生い立ちからして、軽くシンデレラストーリーだ。庶民からプリンセスとなったシンデレラも、最初から貴族出身ではあそこまでウケなかったはず。同じ庶民だからこそ、人々は立身出生の物語に憧れる。そういう意味では、豊臣秀吉は格好の題材といえる。 そんな豊臣秀吉が最も輝いた瞬間。それは、やはり「中国大返し」だろう。織田信長が本能寺で討たれ、その弔い合戦として明智光秀と戦った天正10年(1582年)6月13日の「山崎の合戦」。そこに至るまでの秀吉の行軍が、 […]

芸能と文化
あなたの推し戦国武将は?武田信玄の24人の家臣から、魅力的な5人をご紹介!

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」と戦国大名・武田信玄は言ったとされます。彼が人の力をどのくらい大切にしていたかがわかるエピソードだといえるでしょう。その武田信玄には「武田二十四将」といわれる、24人の優秀な家臣がおり、錚々たる顔ぶれでした。2016年には山梨県立博物館での特別展に際し、「TDK24総選挙」が行われたくらい、武田ファンには有名な存在です。なお、この総選挙での1位は山本勘助でした。 今回はこの24人の武将の中から、独断と偏見で5人を選んでご紹介します。題して「和樂・武田5(ファイブ)」。あなたの推しはいるでしょうか? 家臣団の筆頭格!敵城十数をひとりで落とした! […]

芸能と文化
信長も家康も!みんな大好き「鷹狩り」の秘密。じつは出世のチャンスって本当?

現世:「いやあ、また部長お付きの接待ゴルフ。参った…」 戦国:「いやあ、また御屋形様お付きの鷹狩り。参った!」 こんな愚痴など、今に始まったことではない。現在のサラリーマンだろうが、戦国時代の家臣だろうが。とどのつまりは、時代が変わっても同じ。上層部の彼らと共に行動しなければならない人間は、いつだって彼らに振り回される。 しかしそんな苦難を受けてまで同行をしたがる理由。それは、出世との関係が少なからずあるからだ。なんといっても徳川家康の重臣、本多正信(ほんだまさのぶ)は、もとは鷹を飼って育てる「鷹匠(たかじょう)」出身だったとか。家臣からすれば、戦の訓練にもなる「鷹狩り」。用意周到に準備を整え […]

芸能と文化
家康も震えた!関ヶ原の戦いで正面突破を選んだ、島津義弘という男の魅力

関ヶ原の戦いには、「もし…だったら」という話がついて回る。そのうちの一つが、西軍として参戦した九州の島津義弘についてだ。 「もし、島津義弘率いる軍勢が5000であれば…」 「もし、関ケ原の戦いの前日に、義弘が提案した夜討ちが採用されていれば…」 ひょっとすると、関ヶ原の戦いの結末は変わっていたかもしれない。実際に、石田三成に夜討ちを却下された義弘は、自分の陣営で明日の戦死を覚悟したという。しかし、奇跡に近い確率で、島津義弘は関ケ原の戦いから生還する。それが、伝説のように語り継がれてきた「島津の退き口(のきぐち)」だ。「捨て奸(すてがまり)」という戦法で、多くの家臣が命を張って、主君である島津義 […]

芸能と文化
織田信長も上杉謙信も現代なら健康診断でアウト。戦国時代の塩分事情

戦国時代の軍隊にとって、最も必要なものは何か? それは携帯食料である。 当然だが、人間は腹が減っては何もできない。しかし生肉や生野菜を長距離行軍に持っていくわけにもいかない。冷蔵庫などない時代、生の食品はすぐに腐ってしまう。 だからこそ、食品は塩漬けされているのが普通だった。 戦国の兵を支えたもの、それは塩である。 織田信長の塩分摂取量 和食は栄養バランスに優れているが、唯一の欠点が塩分過多だという。 そういえば筆者は、林家木久扇の落語でこんな逸話を聞いた。木久扇の師匠は林家彦六という人だが、その彦六が食べるものはどれも塩辛かった。焼き魚にしろ漬物にしろ、昔の食べ物は大抵塩味が強かったそうだ。 […]

芸能と文化
わしの鼻毛が…!戦国武将たちが思わず漏らした『本音』を大公開

戦国武将が残した言葉は数多い。死に際には辞世の句を、家臣との問答には国を治める上での知恵を。訓戒集のようなものから、法律としての分国法まで。後世まで伝えられてきた言葉には多くの力が宿る。 ただ、立場上、そこに「建前」的なものが透けて見えなくもない。戦国武将も人の子。「自分をよく見せたい」「弱さを見せてはいけない」という意識が、自然と介在するのかもしれない。しかし、そんな理性の隙間から戦国武将の心の声がダダ洩れした一言も。 今回取り上げるのは、何気ないつぶやきや抑えきれない激情など、思わず漏れた戦国武将の「本音」の数々である。建前をしのぐほどの圧倒的な人間性を是非ともお見せしたい。 武田信玄―執 […]

芸能と文化
オモシロ、なるほど、凄いぞ家紋! 戦国武将のこだわりが半端ないって知ってた?

戦国時代の楽しみの一つが、武将のプロフィールを探ることである。ほほう、そういう関係があったのか。道理で…。ははーん、なんとまあ、えらいことをしたもんだ、とほくそ笑む。そうして、合戦の様子を思い描く。多くの武将が参戦する大きな合戦であれば、さぞや様々な旗がはためいたことだろう。 さて、そんな軍旗には一体何が描かれているのか。遠くからでもわかるようなデザイン、それも武将自らが施しているものもあれば、家紋がそのまま描かれているところも。 そこで今回は「家紋」のお話。有名どころからレアなデザインのものまで、戦国武将の家紋を、その由来とともにご紹介しよう。 家紋の由来は平安時代の公家の牛車? まず、最初 […]

芸能と文化
奇襲に、おとりに、悪口に…ええっ?馬まで使っちゃう!? 戦国時代の驚き戦法

スポーツの世界では「フェアプレイ」が重んじられる。柔道や相撲などの接近戦では、ケガがつきもの。勝つためには、ケガをした足を狙うべきか否か。当事者であれば迷うところであろう。確かに、スポーツマンシップに則れば、相手の弱点を狙うことは炎上覚悟、卑怯な戦法だといえる。しかし、過程が立派でも結果がなければ表彰台には昇れない。どんな手を使ったとしても、勝てば「勝者」。それが勝負の厳しい世界なのだ。 戦国時代であれば言うに及ばず。なおさら「勝者」にこだわるべきだろう。なんといっても、武将の決断で多くの命運が分かれるからだ。自身の命はもちろん、一族の、家臣の、民の…と守るべきものが延々と続く。名誉や誇りにこ […]

全70件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介