CATEGORY

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

閉じる

恋愛

全59件、1-18件を表示中

“美人”と聞いて男性が思い浮かばないのは、なぜ?【日本画家・木村了子のイケメン考察 】vol.1

現代のイケメンを、日本画の手法で描く木村了子さん。日本のみならず、世界中のイケメン好きから注文がくる人気作家だ。じつは木村さん、イケメンを細かく観察して紡ぐ文章もとても面白い! というわけで待望の連載スタートです。

連載 木村 了子

死人を抱いて寝た男たち。生者と死者の叶わぬ恋物語集

馬場紀衣

他人の唾を飲み干す変人も。男たちの情熱的なエロス『男色大鑑』

馬場紀衣

「光る君へ」“F4”にBL展開はある? 平安貴族の男色を古代中国の“同性婚”から考察

給湯流茶道

「ああ、痛い」と叫んだ、小野小町の悲惨な末路と生涯

瓦谷登貴子

恋人たちはなぜ死を選んだのか? 江戸を熱狂させた悲劇・心中の裏側

馬場紀衣

「人は恋愛では死にません」日本の性を知る、滑稽でユニークな古典作品集

馬場紀衣

いちま~い、にま~い…怪談「皿屋敷」のお皿が実在!滋賀県長久寺にお菊さんを訪ねて

Dyson 尚子

一目惚れした美女を人形に…。彫物師の歪な恋と“人形”に託された想い

馬場紀衣

狂おしい愛と嫉妬が宿る「蛇帯」とは。あなたのそばにも…

馬場紀衣

杉の木と人間の大恋愛に、出雲版シンデレラまで!世にもユニークな日本のおとぎ話たち

馬場紀衣

上司の夫との三角関係も楽しんじゃう♡平安時代のワーママ「伊勢」に学ぶ、恋と仕事両立術

高橋 三保子

光源氏は本当に少女趣味だったのか?幼い「若紫」を通して18歳の青年が見ていたものを考える

平安暴走戦士~chiaki~

愛し合う男女の心中、ダメ男の悲劇…生涯で150作を生み出した脚本家・近松門左衛門。その凄さとは

瓦谷登貴子

モテすぎて狂った運命。24歳で処刑された悲劇のイケメン、大津皇子の恋

高橋 三保子

大卒の8倍稼げる&有名人に口説かれまくり?!昭和初期「カフェーの女給」お金事情・恋愛ゴシップ大調査【妄想インタビュー】

中村英里

「愛」は、燃え上がるような性愛を意味する言葉だった?直江兼続と愛染国俊の「愛」について考えてみた

あきみず

初恋の君が忘れられなくて。愛されすぎた后・定子と、愛されたかった后・彰子の生涯

高橋 三保子

人気記事ランキング

最新号紹介

6,7月号2024.05.01発売

永遠のふたり 白洲次郎と正子

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア