絞り込み検索

タグによる絞り込み

タグ一覧

展覧会レビュー

戦国武将

戦国時代

江戸時代

京都

浮世絵

美術館・博物館

東京

鎌倉時代

国宝

アート・工芸

神社・お寺

HOKUSAIPORTAL

平安時代

徳川家康

明治時代

歌舞伎

グルメ

幕末

美容・ファッション

3分で解説

文学・言語

仏像

アニメ・漫画

建築・庭園

日本の暮らし

地方自治体

昭和時代

神話・昔話

恋愛

植物

環境・テクノロジー

温泉・銭湯

妖怪・怪談

職人

和歌・俳句

源氏物語

まとめ

岐阜

彬子女王殿下と知る日本文化入門

縄文時代

乗り物

沖縄

誰でもミュージアム

伝統芸能

奈良

English

何が起きなかったか

フランス

超絶技巧

育児・出産

大正時代

ひねくれ日本神話考

古典

北海道

尾上右近の日本文化入門

音楽・エンターテインメント

平家物語

スポーツ

『どうする家康』予習シリーズ

オリジナル商品

縄文と雑木林のまち、北本

〝おもてなし〟を体感できる至高の湯宿

ホテル・宿

経済・ビジネス

北本奥の細道

茶味こそが京都!

日本文化はロックだぜ!ベイベ

彬子女王殿下が次世代に伝えたい日本文化

美味しい!美しい!あんこ銘菓名店GP!

一生愛せる「うつわ」と出合う

石戸蒲ザクラ国指定100周年 きたもと桜国ものがたり

相撲

茶道

生き物

SHIHOの楽禅ライフ

あらん限りの歴史愛

日本美術超入門

魯山人

ひげの殿下日記

奈良時代

室町時代

幕末維新クロニクル

僕のソロキャン物語

万葉集

弥生時代

皇室

妄想インタビュー

世界遺産

映画HOKUSAI

和歌で読み解く日本のこころ

魯山人の魅力

ひんやり!つるん!水ようかんの名店

世界に挑んだ明治人

あの時あの舞台の“こしらえ”

美装のNippon

馬場あき子さんに聞く和歌入門

異国情緒あふれる長崎の国宝を訪ねる!

秋めく京都の干菓子図鑑

枕草子

伊藤若冲を知る25のキーワード

紫式部入門

人形

きものを巡る美しき手仕事

飛鳥時代

髙森寬子

京都和菓子

身にまとう「超絶技巧」

ランキング2023

『光る君へ』人物探求シリーズ

大奥

歌舞伎の歴史

千利休エピソード集

坂東玉三郎

きたもっちゃん(仮)プロジェクト

原 由美の愛する「和」のひととき

おとなの古美研

鎌倉殿の13人

編集長の今日のNAVY

古墳時代

『和樂』

Biso no Nippon: The history of dressing up

日本史感動モーメント

坂東玉三郎 私の日課 my routine

知る旅―奄美大島

蘭乃はなの着物旅

現代人にも響く『源氏物語』の恋模様

茶炉音・ド・和樂 イベントレポート

狂言プリンス「笑い」の教室

着物

CEOインタビュー

和を装い、日々を纏う。

全5334件、1〜18件を表示中

Oura Cathedral. Where the infamous 'Discovery of the hidden Christians' unfolded! [Visit Nagasaki's exotic national treasures! ]

山本 毅

豊かな自然が息づく「旧大佛次郎茶亭」が復活!鎌倉を愛した作家の思いを次世代へ

かつて幕府があった古都鎌倉は、神社仏閣など歴史的遺産や、山と海に囲まれた景観が魅力的です。多くの著名人や文化人もこの土地を愛し、住居を構えました。昭和の文豪として知られる大佛次郎(おさらぎじろう)は、自宅とは別に茅葺き屋根の別邸を所有していました。 一時解体の危機にさらされた名建築は、大佛文学を愛する人物が手を挙げ、その声に集まった有志が継承することに。1年間の大規模修繕を経て美しくよみがえった「旧大佛次郎茶亭」について、関係者に話を聞きました。

瓦谷登貴子

大奥の女性もこっそり愛用? 江戸の「四ツ目屋道具」で売っていたものとは

和樂web編集部

『光る君へ』から広がる能の楽しみ方。若手実力派能楽師・大槻裕一さんに聞いてみた

大河ドラマ史上初めて、平安中期の京都を舞台に展開する『光る君へ』。平安絵巻の世界観が表現された建物や衣裳にうっとりしている視聴者も多いようです。主人公のまひろ(紫式部)は『源氏物語』の執筆者となる訳ですが、実は能に源氏物語をモチーフにした作品があるのをご存知でしょうか? 『光る君へ』を入り口に、優美な能の世界に触れることができたら、楽しそうです! そこで令和5年度咲くやこの花賞※1を受賞された能楽師シテ方観世流の大槻裕一さんに、お話を聞きました。

【※1:大阪市が、将来の大阪文化の担い手として期待される人物・団体を顕彰するために1983年に創設。能楽界ではシテ方(主役を演じる役者)は初受賞。】

瓦谷登貴子

平安朝に本当の恋はあったのか? 馬場あき子×小島ゆかり対談・2【現代人にも響く『源氏物語』の恋模様】

『和樂』2007年10月号に掲載された、『源氏物語』についての歌人の馬場あき子さんと小島ゆかりさんの対談を4つにわけて再録します。その内容は今読み返してみても新鮮で、千年も前の物語がとても身近に感じられます。これを読むと、恋愛に喜び、悩み、苦しむ気持ちは、平安時代も今も全然変わっていないことがよくわかります。そして、『源氏物語』に興味が増すことは請け合いです!

山本 毅

『源氏物語』は恋愛のお手本! 馬場あき子×小島ゆかり対談・1【現代人にも響く『源氏物語』の恋模様】

紫式部が書いた『源氏物語』は、千年前に成立した長編小説。平安時代の宮廷を舞台に、光源氏が織り成した恋愛模様は、現代まで脈々と読み継がれています。 その『源氏物語』についての、歌人の馬場あき子さんと小島ゆかりさんの対談が、『和樂』2007年10月号に掲載されました。

山本 毅

南冲尋定(なんちゅうえろさだ)は実在したのか? 一人で混乱してみた

あきみず

超絶技巧に仕込まれた「謎解き」。日本人の漆愛の奥深さを探る!

浮世離れマスターズ つあお&まいこ

Number one in Japan in both height and volume! Explore Kumano and Wakayama to see the 'Nachi waterfall' and to feel holiness of Gods.

和樂web編集部

The tragedy around Emperor Nintoku's lover's jewellery Sawada Toko 'Biso no Nippon: The history of dressing up'

Dressing and adorning oneself with glittering jewellery. There lies the human desire to be beautiful and to add colour to one's life. In our new series 'Biso (美装) no Nippon: Japanese History of Dressing Up', writer Sawada Toko traces the history of various ornaments and jewellery, and explores the mysteries behind the act of dressing up.

連載 和樂web編集部

美しい所作、鋭い眼光、響く声。木村容堂さんに聞く、大相撲「行司」の世界・前編

コロナ禍による社会制限がなくなり、日本全国いたるところで賑わいが戻ってきています。大相撲興行も言うにおよず、最近は満員御礼の幕が下りぬことはありません。長年の好角家をはじめ、Netfilixの話題ドラマ『サンクチュアリ』で相撲ファンになったZ世代、諸外国からのゲストなど、年齢や国籍を超えてさまざまなひとたちが、本場所へと詰めかけています。相撲は力士が主役であるものの、力士だけでは成り立ちません。勝負を裁く行司という存在があってこそ観客を沸かせる取組が生まれます。三役格行司の木村容堂(きむら・ようどう)さんのお話しとともに、日本の伝統文化である大相撲を支える行司の世界を前後編にてご案内します。

森 有貴子

歌麿のライバルはサムライ出身の絵師だった! もう一人の美人画の大家、鳥文斎栄之とは?

浮世絵師と聞けば、パッと思い浮かぶのは、葛飾北斎や東洲斎写楽、歌川広重などでしょう。蔦屋重三郎に見いだされ、大首絵の美人画を描いて一大ヒットを飛ばした歌麿も、江戸時代を代表する浮世絵師の一人として語られています。しかし同時代に美人画を描き、人気を誇った鳥文斎栄之(ちょうぶんさいえいし)を知る人は少ないのではないでしょうか。武士から浮世絵師となった異色の経歴の持ち主で、浮世絵版画(錦絵)だけでなく、肉筆画にも素晴らしい作品を残している栄之。そんな彼がどのような経緯で浮世絵師になったのか。現在、千葉市美術館で開催中の『サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展』を担当した学芸員の田辺昌子さんにお話を伺いながら、知られざる浮世絵師の生涯に迫ってみました。

黒田直美

世界で「BUNRAKU」が流行中! 文楽を取り入れた人形劇団「Blind Summit」が日本初上陸

江戸時代に大坂でうまれた人形芝居「文楽」。1体の人形を3人で操る「3人遣い」を世界で初めて発表したのは、文楽だという。3人で動かすことで生まれる人形の複雑な表情は、伝統芸能として世界で評価されてきた。 しかし21世紀になると、伝統芸能としてだけではなく、海外の現代人形劇アーティストの間で「BUNRAKU」という言葉が流行。日本人の想像を超えた文楽の“とある要素”が支持されているそうだ。日本人だけが知らない、BUNRAKUの世界的流行とはどのようなものなのか。世界中の人形劇に精通する研究者・山口遥子さんに聞いてみた。

給湯流茶道

「ダニエル・ブラッシュ展― モネをめぐる金工芸」が東京・六本木で開催中

東京 六本木の21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3では現在、美術展「ダニエル・ブラッシュ展 ― モネをめぐる金工芸」を開催中(2024年4月15日まで)。 詩心あふれる金工職人、ジュエラー、哲学者、エンジニア、画家、そして彫刻家と、様々な顔をあわせ持つ現代アメリカのアーティスト、ダニエル・ブラッシュ(1947年~2022年)の卓越した作品を、日本で初めて紹介する展覧会です。

土屋 利沙

洋服を捨て、着物だけで生きていくと決めたあの日。着物家・伊藤仁美の【和を装い、日々を纏う。】1

伊藤仁美

「不完全なもの」に心惹かれて。【一生愛せる「うつわ」と出合う・その11】村田森(7)

「古いものの写しの腕は抜群。料理を生かすうつわをつくる」と話題の陶芸家・村田さんは近年、二十四節気(にじゅうしせっき)きをテーマにした作品づくりに取り組んでいます。 立春、雨水(うすい)、啓蟄(けいちつ)、春分…と1年を24等分した二十四節気に注目した理由は…。 今回は、山深い京都・雲ケ畑(くもがはた)で、自分と向き合いながら作陶を続ける村田さんの元を訪れ、そのうつわの魅力に迫りました。

和樂web編集部

天才が描くグロテスクとエロティシズム。デンマーク人キュレーターが「武田秀雄」に注目する理由

浮世絵や創作版画・新版画などの魅力について、コペンハーゲンを拠点に発信しているキュレーターでアートディレクターのマリーヌ・ワグナーさん。イギリスの美術出版社やオークション業界での勤務経験を持つ彼女に、日本の浮世絵・版画の文化を北欧の視点から読み解いてもらいました。

マリーヌ・ワグナー

雪降る季節は、ぽってりと。二十四節気「冬」 【一生愛せる「うつわ」と出合う・その10】村田森(6)

季節とともにある日本人の暮らし。村田さん夫婦は、美しい雲ケ畑の変化の日々をついスマホで撮影してしまうと言います。 そんな村田夫妻の写真と、暦をめくるような楽しさにあふれた村田さんのうつわを季節ごとに紹介します。今回は「冬」。

和樂web編集部

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア