京都

 

京都に関する読み物

全168件、1-10件を表示中
旅と食
鯖を箱買いってどういうこと? 京都・いづ重の鯖寿司「極上」の極上たる理由を聞いてみた

京都の老舗が打ち出す画期的な新商品誕生秘話の裏側に迫る 京都で老舗と呼ばれる100年以上続く専門店。取材をするたびに感心するのは、こんな斬新な発想が! と驚くものが100年以上前につくられたものだったりすることにあります。 時代を超えてすごいね、と認められているもの。それは店にとってはベストセラーであり、ロングセラー。だからこそ私はその店から生まれる新商品に興味がわきます。できたばかりのものが100年前から店にあるものと並んでいても、違和感がないような新商品を考えることって、難しいの? それともお手本が先にあるだけに、案外するっとできてしまうもの? そんな話を老舗の当代に聞きたいと思ったきっか […]

旅と食
夏の京都で、仁和寺の観音様と出合う旅!「観音電車」運行情報付き

人気の衰えない京都観光ですが、暑い時期は苦手と敬遠する人もいるようです。そんなオフシーズンならではのキャンペーンがあるのをご存知でしょうか。京都市と、公益社団法人京都市観光協会、西日本鉄道株式会社がタッグを組んで、7月から多彩なイベントが予定されています。京福電気鉄道株式会社や京阪バス株式会社などとも連携を行い、地域に根ざした奥深い京都が味わえる事業です。 仁和寺金堂前でオープニングセレモニー 門川市長をはじめとする関係者によるオープニングセレモニーが、世界文化遺産・真言宗御室派総本山仁和寺にて開催されました。観光キャンペーンでは、文化財の特別公開が目玉となっています。その内の1つである金堂の […]

日本美術
京都・嵐山に「福田美術館」が誕生。美術館の全貌を学芸課長に聞いてみた!

京都屈指の観光地として国内外から注目を集める京都・嵐山。古来、数多の文化人に愛され、美しい自然に囲まれたこの地に2019年10月、「日本文化の新たな発信拠点を目指す」、福田美術館が開館されます。 2019年秋の一大ニュースとあって「いったいどんな美術館になるのだろう?」と興味津々な私、とま子は、編集長の高木に無理を言って、急激取材を敢行! しかも、編集長まで連れて行ってしまいました。 館内を案内してくださったのは、福田美術館学芸課長の岡田秀之さん。今回の取材では、岡田さんの超私的イチオシ作品までも教えていただきました。これがおもしろいのなんのって! 福田美術館とは? 江戸時代から近代にかけて、 […]

旅と食
お香の名店・山田松香木店がまじめに蚊取り線香をつくったら?「夕涼み」に見る京都老舗のわざ

京都の老舗が打ち出す画期的な新商品誕生秘話の裏側に迫る 「うちに新商品はありません」。 京都で老舗と呼ばれる100年以上続く専門店に私が興味をもったきっかけは、そんな老舗店との出合いでした。「目先のことだけ考えてものづくりをしていたら、古くからうちにあるものが売れなくなる」という言葉の重みを理解できるようになったのは、このごろのこと。 とはいえ、そんな商いが成り立つ老舗はごく一部。伝統的な商品を守りながらも、どこかの代で新作を生み出し、ヒットをつないできたからこそ今日まで店は続いているんですよね。 100年前のものが古臭く見えず、できたばかりのものが目新しすぎず、「その家らしい」と買い手を納得 […]

芸能と文化
大仏 観音 阿修羅とさまざまあれど、そもそも仏像とは? 国宝の美仏とともにご紹介!

奈良や鎌倉の大仏、千手観音、十一面観音、不動明王、阿修羅…。 仏像と一口に言っても、その姿形や大きさ、名称はそれぞれ大きく異なっています。 もしかしたら、それが仏像を難しいものと感じさせてしまっている一因かもしれません。 そこで、仏像とはそもそもどうしてできたのか、どんな種類があるのか、どこを見ればいいのか――。 国宝仏像とともに、根本的な部分からから鑑賞ポイントまで、わかりやすくご説明したいと思います。 仏像はどのようにして生まれたの? 仏教の祖である釈迦(しゃか)がこの世を去って500年もたったころ、人々にとって釈迦の記憶は遠いものとなっていたといいます。 そこで、仏教を多くの人に広めよう […]

旅と食
京都の老舗・亀屋良長はなぜヴィーガン対応の低GI和菓子をつくったのか? その3年間を徹底取材

京都の老舗が打ち出す画期的な新商品誕生秘話の裏側に迫る 私が京都に足繁く通うことになった理由はただひとつ。それは老舗と呼ばれる100年以上続く専門店の存在でした。 ひとつの店にいくら通っても「わかった」と思うことがないぐらいに、その家に流れるものづくりの哲学が面白い。しかもこの街には老舗が1,000以上もあるのだから飽きることがありません。 店とのつきあいを深めるこのごろ、私の興味は当代が手がけた新商品に注がれています。想像してみてください、数百年前に誕生した商品(超ロングセラー)の横に、当代(初代からみたら超若造)が考案したものを並べる勇気。それってすごい! 伝統を守るだけではなく、時代が求 […]

旅と食
喫茶店・バー・和菓子店…。今も昔も人々を惹きつける京都「茶味」の名店9選

「茶味」とは、わび・さびに代表されるような茶の湯で確立された美意識。茶の湯のふるさとである京都を訪れたとき、ハッと感じるときめきはこの茶味にあるのではないかと思います。季節が感じられる店、目に見えないところにまでおもてなしを感じられる店、奥行きのあるつきあいができる店…。京都の名店には茶味(=茶のこころ)が潜んでいます。そんな名店を9軒ご紹介して、地元で愛される伝統の店、新しい店の秘密にも迫ります。 京都・茶味なる名店9選 1 亀屋良永 寺町通を上がり、御池通にぶつかる手前の左角。「亀屋良永」は道行く人たちに四季折々の景色を届ける京菓子店です。名物「御池煎餅」に並んでウィンドーを飾るのは、自身 […]

工芸
器好き 骨董好き 初心者にもおすすめ。センス溢れる京都の骨董店9選

うつわや骨董が好きな人にとって、京都ほどワクワクする場所があるでしょうか? 日本一の審美眼とうつわ愛にあふれたこの町へ、お茶時間のための、骨董の茶碗や見立ての茶道具を探しに出かけました。今回巡ったのは京都御所界隈と、八坂神社や平安神宮に近い岡崎・三条を。それぞれ骨董大好きコースと骨董初心者コースの2つに分けてご紹介します。物を買うだけでなく、しつらいや見立てのセンスも持ち帰ることができたら、日々の生活もぐっと豊かになりそうです! 1 すべての店が京都御苑から徒歩圏内! 「人気の御所南~東の骨董大好きコース」 李朝、民藝、カゴに色絵…ときめくうつわの名店「古美術いもと」 左/夷川通の民家を改装し […]

工芸
京都の茶の湯王道スポットで日本美を実感。喫茶処「茶寮宝泉」と老舗茶道具商「中西松豊軒」

京都では、あらゆる場所でお抹茶や和菓子が楽しめます。けれどせっかくならば、京都らしい庭と日本建築が味わえる究極の空間で、クオリティの高い一服を味わいたい! そんな大人のワガママがかなう喫茶処をご紹介します。美味しいお抹茶を一服いただいて至福の時間を過ごしたら、老舗茶道具商に立ち寄る……楽しい冒険のはじまりです。 美味しい和菓子とお抹茶でひと休みするなら… 明治の名建築を改装した「茶寮宝泉」へ 下鴨神社の北にある「茶寮宝泉(さりょうほうせん)」は、京都のよさをしみじみと実感しながらくつろげる喫茶処です。いちばんの見どころは、端整な庭。商工会議所の元会頭が住んでいた築100年の屋敷を店舗に譲り受け […]

旅と食
京都で暮らすように宿泊できる町家ステイで「AWOMB」の絶品仕出しを堪能

古きよき姿を今に伝える町家を一棟まるごと利用できる京町家ステイが、今、京都らしさを心行くまで楽しめる宿泊スタイルとして注目を集めています。 鴨川に面した、庵町家ステイ「和泉屋町 町家」 町家に泊まると、もっと京都が好きになる! 間口が狭く奥行きが深い町家は「うなぎの寝床」と呼ばれるほど。通りに面した虫籠窓(むしこまど)や格子戸、一文字瓦葺きなど、まさに京都ならではの雰囲気の町家が一棟貸し切りできるのが町家ステイ最大の魅力です。 さまざまな町家があるなかでも「庵(いおり)町家ステイ」が手がける施設は、チェックイン後は門限もなく自由に過ごせて、ホテル並みの設備やアメニティがそろっていて、過ごしやす […]

全168件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介