京都

 

京都に関する読み物

全171件、11-20件を表示中
旅と食
夏の京都の和食といえば鱧と鮎。観光で訪れたい名店まとめ

小さいけれど強烈な個性をもつ鮎、その外見に似つかず色白美人な鱧。どちらも夏を代表する味ですが、とくに京都では朝廷への献上品としても珍重された特別な食材です。別名「鱧祭り」ともいわれる祇園祭も終盤。夏の京都旅行の一食に加えたい、鱧や鮎の名店をご案内します。 「阪川」 鱧のうまみを知り尽くした極上の技! 祇園でも鱧の料理に定評のある阪川。「かつぎ」といって、料理店専門の魚屋さんから仕入れます。「鱧の炭火焼、自分ではこれが好きですね。塩をうった鱧を炭火で焼きます。時間はほんの10秒から15秒。身は半生です。生きた鱧なので、花が咲くように開きます。素材がよくないと成り立たない料理です」と、ご主人の坂川 […]

旅と食
お香の名店・山田松香木店がまじめに蚊取り線香をつくったら?「夕涼み」に見る京都老舗のわざ

京都の老舗が打ち出す画期的な新商品誕生秘話の裏側に迫る 「うちに新商品はありません」。 京都で老舗と呼ばれる100年以上続く専門店に私が興味をもったきっかけは、そんな老舗店との出合いでした。「目先のことだけ考えてものづくりをしていたら、古くからうちにあるものが売れなくなる」という言葉の重みを理解できるようになったのは、このごろのこと。 とはいえ、そんな商いが成り立つ老舗はごく一部。伝統的な商品を守りながらも、どこかの代で新作を生み出し、ヒットをつないできたからこそ今日まで店は続いているんですよね。 100年前のものが古臭く見えず、できたばかりのものが目新しすぎず、「その家らしい」と買い手を納得 […]

旅と食
京都の老舗・亀屋良長はなぜヴィーガン対応の低GI和菓子をつくったのか? その3年間を徹底取材

京都の老舗が打ち出す画期的な新商品誕生秘話の裏側に迫る 私が京都に足繁く通うことになった理由はただひとつ。それは老舗と呼ばれる100年以上続く専門店の存在でした。 ひとつの店にいくら通っても「わかった」と思うことがないぐらいに、その家に流れるものづくりの哲学が面白い。しかもこの街には老舗が1,000以上もあるのだから飽きることがありません。 店とのつきあいを深めるこのごろ、私の興味は当代が手がけた新商品に注がれています。想像してみてください、数百年前に誕生した商品(超ロングセラー)の横に、当代(初代からみたら超若造)が考案したものを並べる勇気。それってすごい! 伝統を守るだけではなく、時代が求 […]

旅と食
鯖を箱買いってどういうこと?京都・いづ重の鯖寿司「極上」の極上たる理由を聞いてみた

京都の老舗が打ち出す画期的な新商品誕生秘話の裏側に迫る 京都で老舗と呼ばれる100年以上続く専門店。取材をするたびに感心するのは、こんな斬新な発想が! と驚くものが100年以上前につくられたものだったりすることにあります。 時代を超えてすごいね、と認められているもの。それは店にとってはベストセラーであり、ロングセラー。だからこそ私はその店から生まれる新商品に興味がわきます。できたばかりのものが100年前から店にあるものと並んでいても、違和感がないような新商品を考えることって、難しいの? それともお手本が先にあるだけに、案外するっとできてしまうもの? そんな話を老舗の当代に聞きたいと思ったきっか […]

旅と食
京都の近代建築で巡る!2泊3日のレトロな街歩きスポット

京都は近代建築の宝庫です。文明開化の香りを伝える洋館、大正時代の和洋折衷、スペインやロシアの影響を受けたヨーロッパ建築…。変わらぬ姿のまま愛され続けている建物もあれば、外観を生かしつつカフェやお店に改装された建物も。「ここは海外!?」「タイムスリップ!?」と思わされる眺めも、実は京都ならではなのです。 そんな古都の懐深さを知る、2泊3日のレトロな街歩き。京都の近代建築をいくつも見て歩くうち、新しく楽しい発見に出会えます。 初日は七条から祇園で、明治建築を堪能 町家が並ぶ路地に、突如現れる赤い壁と緑青色のドーム屋根!近代建築の旅は、明治建築の隠れた宝庫、七条通からスタートです。 モダンと浪漫が交 […]

日本美術
世界遺産・京都「清水寺」で開幕!小説家・原田マハ監修のまったく新しいアート展(9/1~8)

京都・清水寺(きよみずでら)は今、周辺エリアを含めて、古都・京都で最も多くの人が訪れる観光地として有名です。 それはすなわち、「清水の舞台」で知られる世界遺産・清水寺が、信仰や鑑賞の対象として見逃すことのできない存在であることにほかなりません。 そんな清水寺の1200年の歴史の中で初めて、西洋近代絵画や現代美術、文学、マンガ、映画など、ジャンルを越えた作品が一堂に会する展覧会が、2019年9月1日(日)~8日(日)の8日間開催されます。 CONTACT つなぐ・むすぶ・日本と世界のアート展 清水寺で開催される「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展」は、ICOM(アイコム/国際博 […]

旅と食
夏の京都で、仁和寺の観音様と出合う旅!「観音電車」運行情報付き

人気の衰えない京都観光ですが、暑い時期は苦手と敬遠する人もいるようです。そんなオフシーズンならではのキャンペーンがあるのをご存知でしょうか。京都市と、公益社団法人京都市観光協会、西日本鉄道株式会社がタッグを組んで、7月から多彩なイベントが予定されています。京福電気鉄道株式会社や京阪バス株式会社などとも連携を行い、地域に根ざした奥深い京都が味わえる事業です。 仁和寺金堂前でオープニングセレモニー 門川市長をはじめとする関係者によるオープニングセレモニーが、世界文化遺産・真言宗御室派総本山仁和寺にて開催されました。観光キャンペーンでは、文化財の特別公開が目玉となっています。その内の1つである金堂の […]

旅と食
これを買えば間違いない! 京都最強のお土産ランキングベスト9

何度行ってもまた行きたくなるのが京都。行く度に発見がある。もっと知りたくなる。「また京都かぁ」と思っても、たとえそれが仕事だとしても、結局くたくたになって帰りの新幹線に乗り込むことになるほど、満喫してしまうのです(笑) 京都で買うべき! を和樂が厳選。最強のお土産ランキング 毎回のこの現象はいったい何? おおざっぱに言えば、京都は歴史や伝統文化などニッポンの縮図で、京都にしかないものがてんこ盛り。そこが外国人のみならず、日本人をも惹きつけてやまない魅力なのではないでしょうか。 そこで! お土産に購入すべき、京都でしか手に入らない逸品を和樂が厳選しました。これぞ京都最強のお土産ランキングです。 […]

日本美術
京都・嵐山にできる福田美術館は幻の名作が勢揃い!その見所を徹底的に取材した!

京都屈指の観光地として国内外から注目を集める京都・嵐山。古来、数多の文化人に愛され、美しい自然に囲まれたこの地に2019年10月、「日本文化の新たな発信拠点を目指す」、福田美術館が開館されます。 2019年秋の一大ニュースとあって「いったいどんな美術館になるのだろう?」と興味津々な私、とま子は、編集長の高木に無理を言って、急激取材を敢行! しかも、編集長まで連れて行ってしまいました。 館内を案内してくださったのは、福田美術館学芸課長の岡田秀之さん。今回の取材では、岡田さんの超私的イチオシ作品までも教えていただきました。これがおもしろいのなんのって! 福田美術館とは? 江戸時代から近代にかけて、 […]

旅と食
京都で出会う「一生もの」の手仕事巡り

手仕事大国ニッポンの中でも、京都の手わざが生み出す美しさは特別です。誠実なものづくりを続けてきた工房や、意匠を守り伝えてきた老舗が、この街にはたくさん存在するのです。 そんな京都の美意識を、自分の暮らしに取り入れることができるのが「手仕事を買う旅」。これぞ京都ならではの楽しみを、2泊3日でめぐってみませんか?この街でしか出合えない、世界一のものづくりが待っています。 初日は京都駅から歩いて、七条・五条界隈を散策 日本一の歴史を誇る銅の茶筒、穴窯で焼いた急須、料理のプロも絶賛する打ち出し鍋。京都駅から徒歩圏内の七条・五条界隈には、毎日使える食卓の宝物がいっぱい。初日から心躍ること必至です。まずは […]

全171件、11-20件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介