Culture

全127件、37-54件を表示中

『和樂web』5,000以上の記事をキュレーションした「特集ページ」をリリース!

〝日本文化の入り口マガジン〟として2016年にスタートした『和樂web』。これまでに公開した記事は5,000以上を数えます。オリジナルコンテンツに加え、2001年創刊の『和樂』本誌とも連動した記事の数々を、読者のみなさまにもっと楽しんでいただけるよう「特集ページ」をリリースしました。

和樂web編集部

モデルであることがコンプレックスだった。置かれた場所で咲く努力【SHIHOの楽禅ライフ9】

禅について学びを深めている、モデルのSHIHOさん。ここでは連載企画「SHIHOの楽禅ライフ」として、自身が坐禅に取り組む中で気になった「禅にまつわる言葉」を挙げながら、感じるままにつづってもらいます。

連載 SHIHO

〝春すこしある〟頃の藤原公任と清少納言。歌人 馬場あき子【和歌で読み解く日本のこころ】

歌人、馬場あき子氏による連載「和歌で読み解く日本のこころ」。第八回は、平安時代の藤原公任と清少納言、鎌倉時代の藤原良経の春の歌について。

和樂web編集部

To Ibaraki, in search of the roots of Monkfish Hot Pot, which Rosanjin loved! Introducing our hand-picked famous restaurants!

和樂web編集部

紫式部が源氏物語を書けたのは、藤原行成のおかげ?「光る君へ」書道指導・書家に聞いてみた

大河ドラマ「光る君へ」で渡辺大知さんが演じる「藤原行成(ふじわらのゆきなり/こうぜい)」。藤原道長の出世を支えるキーパーソンだ。ドラマの中では、道長と濃い人間関係も描かれるそう。 書家の間で、行成は「平安かなの神」ともいわれる。行成の書は、どんなところがすごいのか? 渡辺大知さんをはじめ、紫式部(吉高由里子さん)、藤原道長(柄本佑さん)などに書道指導を行う書家、根本知(ねもと・さとし)さんに聞いてみた。

給湯流茶道

子どもたちも喜ぶ、本物のおいしさ。美しい和菓子のある日常【彬子女王殿下が次世代に伝えたい日本文化】

連載 彬子女王殿下

How Hasekura Tsunenaga left Europeans speechless – so much that the paper he blew into is still exhibited!?

安藤整

神社に夜這いで大ピンチ!紫式部の弟・藤原惟規も面白い男だった

山見美穂子

仏教伝来が変えた日本人の黄金への眼差し。澤田瞳子「美装のNippon」第8回

きらびやかな宝飾品で身を装い、飾りつけること。そこには「美しくありたい」「暮らしを彩りたい」という人間の願いがあります。 新連載「美装のNippon 〜装いの歴史をめぐる〜」では、作家・澤田瞳子氏にさまざまな装身具や宝飾品の歴史をたどっていただき、「着飾ること」に秘められたふしぎをめぐります。

連載 澤田瞳子

あの女と文通? ご冗談でしょ? 藤原道長の母・時姫が耐えた結婚生活のリアル

山見美穂子

春画コレクターが美術館を設立! 巨匠も描いた春画の魅力を超解説

黒田直美

What is Zen? Ten Questions to explore why the Japanese love Zen.

和樂web編集部

What is Karesansui? Read on and your view will change completely! Basic Knowledge of Japanese Gardens

和樂web編集部

林真理子さんの明かす創作の舞台裏! 最新刊『平家物語』5大名場面のみどころ解説

林真理子版『平家物語』は、林さんでなければ書くことのできない美しい情景描写が多く登場します。 思い出深い5つのシーンを林さん自身に挙げていただきました。読むときっと忘れられない、珠玉の名場面です!

和樂web編集部

Coffee shops and Japanese sweets shops to visit on your trip to Kyoto! A compilation of nine of the best shops in Kyoto that the locals are raving about

和樂web編集部

Started as a way to ward off epidemics? The history and trivia surrounding the Kyoto Gion matsuri. explained in 3 minutes.

和樂web編集部

正月・松の内を楽しむ「子の日の遊び」。歌人 馬場あき子【和歌で読み解く日本のこころ】

歌人、馬場あき子氏による連載「和歌で読み解く日本のこころ」。第七回は平安時代の新春に楽しまれたおめでたい行事「子(ね)の日の遊び」について。

和樂web編集部

今年の書初めは、自分が気持ちよく書くことを目標に【彬子女王殿下が次世代に伝えたい日本文化】

連載 彬子女王殿下

人気記事ランキング

最新号紹介

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア