クイズ

 

クイズに関する読み物

全23件、1-10件を表示中
芸能と文化
漢字クイズ!「鱸」何て読む?平家物語にも登場する縁起のいいお魚

お魚の名前って、漢字で書くと難しいですよね。鮪(まぐろ)・鰯(いわし)・鰤(ぶり)……などなど。 そこで問題!「鱸」は何と読むでしょうか?ヒントは、成長するに従って名前の変わる「出世魚」であること。さらに「吉兆の魚」とも言われている大変縁起のいい種類です! 鱸の読みは? 正解は … … … 「スズキ」でした! スズキの名前の由来には諸説あります。その一説として、貝原益軒が書いた語源辞書『日本釈明』(元禄13(1700)年刊行)に「その身白くてすすきたるように清げなる魚なり」とあることが挙げられます。この「ススキ」が「スズキ」に転訛したのだとか。 スズキは成長するごとに名前が変わる! 成長するご […]

芸能と文化
漢字クイズ!昭和の夏の必需品「蚊帳」って何と読む?今最注目のアイテムに迫る!

昭和の中頃までは、夏の時期に蚊帳を吊る風景がよく見かけられました。私も幼い頃、萌黄色の蚊帳の中で眠った記憶があります。蚊から身を守ってくれる空間は、どこか非日常の特別感があって、浮き浮きした気持になったものです。アニメ『となりのトトロ』の中でも、蚊帳が印象的なシーンとして登場しているので、覚えている人も多いことでしょう。 庶民には手が届かなかった蚊帳の歴史 蚊帳は古くは古代まで遡り、クレオパトラが愛用していたとも言われています。日本には「日本書紀」の記述から中国から伝来したと伝えられ、絹製品の蚊帳は、奈良時代の貴族だけが使用できる特別な物でした。 室町時代になると貴族や武士の間での贈答品として […]

芸能と文化
クイズ!「傾国の美女」なんて読む?政権を握ろうと企んだ悪女、藤原薬子とは何者か?

傾国(けいこく)の美女、傾城(けいせい)の美女などともいうように、美しい女性が原因となって国に争いが起きてしまうことがあります。 日本史におけるその1つが「薬子の変」。政変の名前となってしまった女性・藤原薬子(ふじわらのくすこ)とは、どんな人だったのでしょう? 娘の夫に気に入られちゃった…… 平安時代初期の桓武天皇の御代、左大臣・藤原種継の娘・薬子は、長女を東宮(皇太子)・安殿(あて)親王と結婚させる際、一緒に付いていくこととなりました。 薬子は中納言・藤原縄主(ふじわらのただぬし)の妻で3男2女をもうけていましたが、親王は娘ではなく、母である薬子に惹かれてしまいます。薬子はただならぬ寵愛を受 […]

旅と食
クイズ!日本三大大仏は「奈良」「鎌倉」あと1つは?ヒントは「麒麟」!

大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影も再スタートし、いよいよ美濃編もクライマックスに突入。岐阜の人々の誇りである稲葉山城(現在の岐阜城)が再登場します。 大河ドラマの舞台になると、新たな史実が見つかったり、埋もれていた史跡が脚光を浴びたりと、不思議発見のようなことが次々起こると言われていますが、ここ岐阜でも、大河が始まってからというもの岐阜城を中心に新たな史実が次々と見つかっています。 2020年早々、「織田信長の時代に築かれた石垣」が新たに見つかったり、美濃国の守護・土岐氏が最後の居城とした大桑城(おおがじょう)を斎藤道三が攻めた時の詳細な記述が発見されるなど、「麒麟がくる」のストーリーが現代にリ […]

芸能と文化
クイズ!稲荷神社の鳥居が多い理由ってな~んだ?キツネは神様じゃないって?

京都でお馴染みの伏見稲荷大社には幾重もの鳥居が連なり、どこか不思議な雰囲気を漂わせています。その厳かな境内は日本人観光客だけではなく、インバウンドにも人気の観光地として有名です。 しかし、なぜあんなにも鳥居が多いのか疑問に思ったことはありませんか?本記事では、稲荷神社に鳥居が多い理由を、神社に祀られるお稲荷様とそのご利益から解説いたします。 稲荷神社は日本で最も多い神社 まず稲荷神社は京都だけでなく、実は日本各地に存在しており、分霊された神社が全国に約3万社存在します。これは、次点である八幡神社の1万5000社を大きく上回る数字です。 これほど広まった理由としては、江戸時代にもっとも人気が高か […]

芸能と文化
クイズ!力士が懸賞金をもらうときにしている手振りって何?あなたもしているかも!?

日本の国技となっている相撲。相撲は神事から発展してきたものであるため、取り組みの中で不思議な動きがいくつか見られます。 今回は、勝った力士が懸賞金をもらうときの手振りについてご紹介します! 左・右・真ん中、と右手をちょんちょん? 勝った力士は、審判である行司(ぎょうじ)に名前を呼び上げられた後、行司が手にした軍配(ぐんぱい)に載せられた懸賞金をもらいます。 の、前に何かしていますね? プレイバック! 左・右・真ん中、と、ちょんちょん右手を振り、その後に懸賞金の包みを持ち上げています。 これは「手刀(てがたな)を切る」といわれる動き。左が神産巣日神(かみむすびのかみ)、右が高御産巣日神(たかみむ […]

芸能と文化
クイズ!ブリ・マグロ・スズキ、出世魚じゃないのはどれ?どれも美味しそうだけど…

魚の中には、成長するに従って名前が変わる「出世魚(しゅっせうお)」という縁起のいい種類があります。そこで問題!ブリ・マグロ・スズキ、この3つの中で出世魚でない魚はどれでしょうか? … … … … 正解は、マグロでした! 実際には、マグロの小さい頃を「メジ」「チュウボウ」と呼ぶこともあります。ただし、冷凍技術のなかった時代は痛みが早かったことや、マグロの別名「シビ」が「死日」と通じることから、縁起が悪く武士からは敬遠されていました。そのため、マグロは出世魚と呼ばないのが一般的です。 今は高級食材のトロも、脂ばかりで猫も食べないとされ「猫マタギ」と呼ばれていた時代もありました。 出世魚は、ただ名前 […]

芸能と文化
クイズ!ねぶた祭りの「やってまーれ♪」の意味は?本当は怖い掛け声の秘密

青森県の夏の風物詩といえば、「ねぶた祭り」ですよね!残念ながら今年は新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいましたが、例年全国から観光客が押し寄せるほど人気のお祭りです。 ねぶた祭りといえば欠かせないのが、道のど真ん中をゆっくりと練り歩く「ねぶた」とその前後を盛り上げる「踊り子」です。踊り子さんは町中を闊歩しながら「やってまーれ♪」「ラッセラー」「ヤーヤドー」などと掛け声をあちこちに振りまいていきます。見ているこちらが笑顔になる、いかにも愛嬌のある掛け声のように思えますが、実はその背後にはなかなか恐ろしい歴史があることをご存じでしたでしょうか?ねぶた祭りの歴史と、そこで生まれた掛け声の真実 […]

芸能と文化
クイズ!平安時代、惚れた美女のお願いを聞いて滅ぼされちゃった歴史上の有名人物は誰だ?

男が美女に弱いのは、いつの時代も同じ。でも、美女のお願いを聞いてしまったばっかりに、滅ぼされてしまった武将がいたのです。なぁ~にぃ~? やっちまったなあっ! 美女の名は。 そんなとんでもない事件が起きたのは、平安時代末期。 美女の名前は常盤御前(ときわごぜん)、武将の名前は平清盛(たいらのきよもり)です。 平治の乱に勝利した清盛は、敵方の武将・源義朝(みなもとのよしとも)の側室だった常盤御前に惹かれます。美貌のみならず、捕らわれた母と幼い3人の子どもらの助命を請う健気な姿に心打たれたのだといいます。 清盛は常盤御前の願いを聞き届け、将来の禍根になりうる常盤御前の子ら、今若・乙若・牛若も助けたの […]

芸能と文化
漢字クイズ!「魑魅魍魎」これ何て読む?ヒントは夏に現れる怖~いもの

魑魅魍魎。字面からして、なんだかおどろおどろしい雰囲気ですね。これは夏に現れる怖いものを表した漢字です。一体何と読むのでしょうか? 魑魅魍魎の読みと意味は? 読み方の答えは、「ちみもうりょう」でした!聞いたことありましたか? 言葉の意味は「あらゆる化け物」。魑魅(ちみ)は山の怪物で、顔は人間・体は獣の姿をしています。魍魎(もうりょう)は川の怪物で、子どものような姿をしているそうです。 右が魑魅で、左が魍魎。wikimedia commonsより 夏に妖怪を目撃したら「魑魅魍魎が現れた!」と叫びましょう。いろんな意味で「アイツ何言ってんの?」と思われることでしょう。 妖怪が転じて、別の用途でも使 […]

全23件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介