猫に関する読み物

全7件、1-10件を表示中
日本美術
耳に化け猫!? ハロウィンにぴったり「ホラーな浮世絵ピアス」がぞくぞくっ

浮世絵ブームの勢いは、アクセサリー業界にまで進出!? クリエイター・ZOKUZOKUによる「ホラーな浮世絵のピアス」全7種類が販売開始となりました! ハロウィンの季節にもピッタリな幽霊や妖怪をモチーフにしたホラーテイストのピアス。葛飾北斎や歌川国芳、河鍋暁斎など浮世絵を代表する絵師たちの作品がアクリルにプリントされています。黒とゴールドを貴重にしたカラーリングに、片耳は絵柄、片耳はそれぞれの説明が描かれているユニークなデザインです。 7種類のピアスを一挙ご紹介! 1.はじっかき 江戸時代の絵巻物『百物語化絵絵巻』などに登場。見つけたら非常に恥ずかしい目に遭わされる!! 2.こはだ小平二 葛飾北 […]

日本美術
猫と般若で「はんにやあめん」 猫好き浮世絵師・歌川国芳の作品がかわいい♡

明かりを背にして障子の前に座り、手や腕を組み合わせてできた鳥や動物の形の影を障子に浮かび上がらせる影絵遊び。多くの人が親しんできたこの遊びは、江戸の庶民の間でも楽しまれていました。そのアイディアを浮世絵に持ち込んだのが、お江戸の人気絵師・歌川国芳です。 仕掛けがすごい! 国芳のユーモア溢れる作品 武者絵や化物絵など、ダイナミックで豪快な絵を描かせたら右に出るものがないと称される国芳は、自身も粋でいなせな江戸っ子でした。絵師としても優れた才能を発揮し、人を喜ばせたり驚かせたりすることを何よりも好むというサービス精神に富んでいた国芳は、思わず笑みがこぼれてしまうような遊び心たっぷりの絵も数多く創作 […]

旅と食
パンダにマヌルネコ、動物たちに会いに行こう!日本の動物園・水族館ランキング2019 TOP10!

パンダにオラウータンに、マヌルネコ、かわうそ、イルカ…今度の旅は、その地域の動物園・水族館でかわいい動物たちとふれあってみませんか? 「トリップアドバイザーの口コミで人気!日本の動物園・水族館ランキング2019(※)」が発表されました。今回は動物たちの写真とともに、TOP10をお届けします。※2018年8月~2019年7月の1年間に、旅のプラットフォーム「トリップアドバイザー」に投稿された日本語の口コミの評価(5段階)点、投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムで集計したものです。 日本の動物園ランキング2019 TOP10 10位 那須どうぶつ王国/栃木県那須町 9位 東山動植物園 […]

旅と食
長靴を履いた猫と猫耳を付けた人にも優しい厳島神社【広島】

海に浮かぶ朱色の鳥居が印象的な「厳島神社」。世界遺産に登録されているし、ペットとの参拝は難しいのでは…というイメージがありませんか? 実は、意外にもペットフレンドリーな側面が…! 嬉しい驚きですね。 今回は、私の相棒である愛猫「うちゅうねこ」を連れ、厳島神社を訪れた際の体験談をご紹介。さらに、出会った現地の人々や厳島神社スタッフの、動物や参拝者が連れているペットへの寛大さや優しさはどこから来ているのかについて徹底調査してみました。宮島の文化の1つにもなっている鹿との関係にも焦点を当てながら迫ってみます。 長靴を履いた猫と猫耳を付けた人 ネットが付いた乳母車や袋式のキャリ […]

旅と食
クラウドファンディングで建立された「猫猫寺」に行ってみたら想像を超える楽園だった!【京都】

猫が住職を勤める京都・八瀬の「猫猫寺(にゃんにゃんじ)」。寺とついていますが、こちらは猫を御本尊とした寺院型テーマパーク。雑貨、カフェ、ギャラリーが楽しめ、猫好きにとってはまさにニャンダフルワールドの「猫猫寺」は、実はある猫好き一家の夢がクラウドファンディングで実現したものだったのです。 猫好きの聖地「猫猫寺」 正式名称は「招喜猫宗(まねきねこしゅう) 総本山 猫猫寺」。京都市内から大原へと向かう途中の自然豊かな高野川沿いにあります。 寺をイメージして場所を探すと見落としてしまいますのでご注意を。建物は古民家で、敷地入り口には20台ほどが停められる駐車場があり、「猫猫寺」の看板が出ています。 […]

茶の間ラボ
ラグビーファンのお土産にぴったり!ラガー招き猫で勝利を呼べ!

和樂で掲載されるたびに大人気となる、江戸木目込の招き猫。2019年9月20日に開催されるラグビーワールドカップにあわせて、ラグビーのユニフォームを着た招き猫が登場! 小さいながらも堂々とした出で立ちは、さながらラグビー選手のよう! 「江戸木目込人形」とは? 製作は江戸木目込人形の名店「柿沼人形」。 そもそも「木目込人形」とは、人形の型に1〜2mmの筋を彫り、のりをいれて布を“きめこむ”人形の一種。約280年前に京都で発祥しました。のちに江戸に伝わり、発展したものが「江戸木目込人形」です。「柿沼人形」では土台の製作から木目込まで、すべて職人の手でおこなわれており、2015年に「木目込招き猫」が誕 […]

旅と食
宇宙旅行気分も味わえる異空間「橋杭岩」へ愛猫とともに!【和歌山】

見て! この光景! 突然、別の惑星に迷い込んでしまったかのような錯覚に陥るこの絶景は、和歌山県串本町にある「橋杭岩(はしぐいいわ)」。写真好きの方にもおすすめの知る人ぞ知る絶景「橋杭岩」へご案内します。 まずは、道の駅へ! 旅の交通手段は、もっぱら車。緊急なことが起こらない限り高速道路は使わないようにしているので、基本は一般道。途中で目についた道の駅も必ず訪れるようにしていたりすると、ステキな出会いに遭遇することも少なくありません。 この日は、熊野三山めぐりを終えて、国道42号線を和歌山県の串本へ向かって走っていると、道の駅「くしもと橋杭岩」に到着。駐車場に進行方向からそのまま車を停めると、で […]

全7件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介