CATEGORY

最新号紹介

8,9月号2024.07.01発売

ART & TRIP! この夏は「名画」と「絶景」の旅へ!

閉じる

美容・ファッション

全115件、19-36件を表示中

ドラえもん『鳥獣戯画』BIGトートバッグができました! 『和樂』4,5月号付録

世代を問わず愛されているドラえもんと、擬人化された動物たちがかわいい国宝絵巻『鳥獣戯画』。ふたつの大人気作品が描かれた、『和樂』でしか手に入らない、特別感たっぷりのBIGトートバッグをつくりました!

和樂web編集部

繡えども、繡えども、終わらない挑戦。世界を魅了する長艸敏明さんの「京繡」超絶技巧

絹織物や麻織物に絹糸、および金糸、銀糸を用いて意匠を刺繡し、制作される京都・西陣の伝統工芸「京繡(きょうぬい)」。京繡の第一人者として活躍する長艸敏明(ながくさ としあき)さんの工房を訪ね、美の超絶技巧に迫りました。

和樂web編集部

身体に優しい発酵料理も。京都 東山の隠れ家で出合う「FAS」発酵エイジングコスメ

町の喧騒から離れた住宅地に「FAS」京都東山本店はあります。近くに銀閣寺や哲学の道といった名所もあり、落ち着いた佇まいが人気のエリアです。築100年以上の一軒家をリノベーションしたショップは、2023年10月にオープンしたばかり。こだわりの空間で、発酵エイジングケア化粧品の誕生ストーリーを聞きました。

瓦谷登貴子

世界初取材! 中谷美紀さんとフランス伝統のサヴォワールフェールを伝える「ディオール」工房へ

昨年、2年以上にわたる大改修を終えてグランドオープンした「ディオール」パリ本店。同じ建物のなかには、ジュエリーのアトリエも新設されました。女優の中谷美紀さんが、そのアトリエを世界初取材! ハイジュエリー誕生の舞台裏をご紹介します。

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

古都・京都で体験した特別なひととき『和樂』読者限定イベントレポート【京都 建仁寺/カーサ ヴァレクストラ】

日本美術や日本文化をもっと身近に感じて欲しい。日本の美しさを見つけて届けたい。『和樂』は創刊より22年の今年も、変わらずにその思いを紙面に込めています。この春には、『和樂』と『和樂web』の読者およびユーザー限定の会員組織「茶炉音(サロン)・ド・和樂」を開始。 秋が深まる京都にて、創刊22周年を記念した「茶炉音・ド・和樂」のスペシャルなイベントが開催されました。「京都 建仁寺」と「カーサ ヴァレクストラ」での魅惑のひとときをご紹介します。

瓦谷登貴子

心華やぐ調和の美。イタリアン・ハイジュエリーの伝統とモダニティが息づく「ダミアーニ」

華やかなイタリアン・ハイジュエリーの伝統を踏襲しながらも、時代の潮流を読み、モダンなダイヤモンドジュエリーで今日の名声を確立した「ダミアーニ」。まばゆいダイヤモンドとのコンビネーションで魅せるカラーストーンジュエリーもまた、名品として知られています。 クオリティとデザインの両面からその魅力をひもとき、ご紹介します。

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

稀代のクチュリエの愛した美が華麗に咲き誇る! ディオール「レ ジャルダン ドゥ ラ クチュール」

パリのオートクチュールメゾン「クリスチャン ディオール」の創設者クリスチャン・ディオールは、愛する庭園の花々に着想を得て、モード史に残るクチュールの名作を数多く生み出しました。ガーデンの花々とクチュール──彼が情熱を傾けた美の世界が融合し、華麗なハイジュエリーコレクションとなって現代に咲き誇ります。

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

古代インドの神と人間の物語を歌舞伎に。尾上菊之助が語る、あの時あの舞台の“こしらえ”

歌舞伎では、衣裳や鬘(かつら)、小道具を身に着けた役の扮装を「拵え(こしらえ)」と言います。役により印象がガラリと変わり、様々な表情をみせる歌舞伎俳優の皆さんに思い出の拵え、気分がアガる衣裳、そのエピソードを伺います。第5回は、『極付印度伝(きわめつきいんどでん )マハーバーラタ戦記』に出演される尾上菊之助(おのえきくのすけ)さんです。

塚田史香

時代に合わせて軽やかに刷新。「ブルガリ メディテラニアコレクション」vol.3

これまで以上に大胆で絢爛(けんらん)な「ブルガリ メディテラニア(地中海)コレクション」。第3回はこれまでにない斬新なハイジュエリーコレクション2点をご紹介いたします!

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

クイズ!どちらが「役者絵」でしょう!「美人画」との見分け方を解説!ヒントは額のアレ

和樂web編集部

650年続くお笑いコント、狂言の衣装がポップでかわいい【野村万之丞 今日の着こなし】

約650年前から続く伝統芸能、狂言。仕事をサボろうとする家来などが登場し、現代人が見ても笑ってしまう。まるでお笑いコントのような面白さが魅力だ。

このコーナーでは狂言師・野村万之丞(のむらまんのじょう)さんの楽屋にお邪魔し、衣装を見せてもらう。万之丞さんは300年の歴史を持つ加賀前田藩お抱えの狂言・野村万蔵家の次世代をになう若手だ。「若い人も気軽に狂言を見に来てほしい」とオープンマインドな万之丞さん。若い方も気軽に読めるファッション感覚で、万蔵家に代々伝わる衣装デザインを紹介させていただく。

野村万之丞

地球の神秘を思わせる美しいエメラルド。「ブルガリ メディテラニアコレクション」vol.2

これまで以上に大胆で絢爛(けんらん)な「ブルガリ メディテラニア(地中海)コレクション」。第2回はエメラルドが美しいハイジュエリーコレクション2点をご紹介いたします!

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

享保の改革から生まれた? シックでモダンな「名古屋友禅」の魅力

友禅と聞くと、華やかな文様に金箔や金糸の刺繍などをほどこした煌びやかな「京友禅」や、草花などの自然のモチーフを写実的に描き、絵画のような優雅さを誇る「加賀友禅」を思い浮かべるのではないでしょうか。

では「名古屋友禅」はどうでしょう。「え、名古屋に友禅があるの?」と思われた方も多いかもしれませんね。かくいう私も名前は聞いたことがあっても、実際に名古屋友禅を見たことがありませんでした。名古屋友禅は古典的な柄をモチーフとして、色数少なく、濃淡で染め上げる落ち着きのある友禅なんです。

そこで今回は、この名古屋友禅の中でも型紙を使って染め上げる型友禅の老舗、赤塚染工場に伺い、2021年には経済産業大臣賞も受賞した名古屋友禅伝統工芸士の赤塚順一さんに、その魅力を教えていただきました。

黒田直美

パリで華開く日本の超絶技巧! 「ミキモト」新作コレクション「Praise to the Sea」

ブランドの創始者である御木本幸吉が、世界で初めて真珠養殖に成功してから130周年を迎えた「ミキモト」。それを記念し、真珠を育む「海」へのオマージュともいえる壮麗なハイジュエリーコレクション「Praise to the Sea」が発表されました(2023年10月7日より日本発売予定)。海の世界を卓越したクラフツマンシップでドラマティックに表現した作品の数々を女優の杏さんが纏い、「ミキモト」 と養殖真珠にとって特別な地であるパリからご紹介します。

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

甚平(じんべえ)と作務衣(さむえ)、何が違う?デイリーに楽しめる和服の魅力

きっちりと美しく着付けないといけないし、夏は暑くて動きづらいし……。着物・和服というと、そんなイメージがあるのではないでしょうか? でも、和服には実は多彩な楽しみかたがあります。そして、いわゆる冠婚葬祭で見るような、上下一枚で帯を締める長着(ながぎ)スタイルや浴衣だけではなく、いろいろな種類があるのです。今回は、簡単で気軽に着られる和服、 甚平(じんべえ)と作務衣(さむえ)をご紹介します!

あきみず

「一生修業、毎日初日」歌舞伎俳優の中村歌六が語る、あの時あの舞台の“こしらえ”

歌舞伎では、衣裳や鬘(かつら)、小道具を身に着けた役の扮装を「拵え(こしらえ)」と言います。役により印象がガラリと変わり、様々な表情をみせる歌舞伎俳優の皆さんに思い出の拵え、気分がアガる衣裳、そのエピソードを伺います。第3回は、歌舞伎脇役として2023年7月に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された中村歌六(なかむら・かろく)さんです。

塚田史香

「ブシュロン」の真髄! ハイジュエリーはアート作品の世界へ! Vol.1

想像を超える作品で、宝飾界の常識を覆してきた「ブシュロン」。最新ハイジュエリーコレクションでは、視覚的な錯覚を与える大胆なクリエイションに挑みました。アート作品のようなデザインが、ハイジュエリーの未来、ラグジュアリーへの意識を変えていきます。

既成概念を打破する「ブシュロン」の最新ハイジュエリーコレクションを、全3回にわたってご紹介いたします。

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

「ブルガリ」が生み出した地中海の宝石箱! 新作ハイジュエリーコレクション「メディテラニア」発表

〝アドリア海の女王〟と呼ばれ、地中海貿易で栄えたヴェネチアは、世界から優れた芸術・工芸が集まる、異文化との出合いの場でした。「ブルガリ」の創造の旅は、そんなヴェネチアをはじめとする地中海へ。伝統のスタイルがより自由に! ビザンチン芸術の影響を受けて、これまで以上に大胆で、絢爛(けんらん)たるコレクションが誕生しました。

PR 福田 詞子(英国宝石学協会 FGA)

人気記事ランキング

最新号紹介

8,9月号2024.07.01発売

ART & TRIP! この夏は「名画」と「絶景」の旅へ!

※和樂本誌ならびに和樂webに関するお問い合わせはこちら
※小学館が雑誌『和樂』およびWEBサイト『和樂web』にて運営しているInstagramの公式アカウントは「@warakumagazine」のみになります。
和樂webのロゴや名称、公式アカウントの投稿を無断使用しプレゼント企画などを行っている類似アカウントがございますが、弊社とは一切関係ないのでご注意ください。
類似アカウントから不審なDM(プレゼント当選告知)などを受け取った際は、記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除していただくようお願いいたします。
また被害防止のため、同アカウントのブロックをお願いいたします。

関連メディア